新車情報2018 ミニバン オデッセイハイブリッド/セレナNISMO

gallery_styling_01

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

日本のメーカーによる日本と日本人のための車、それがミニバンだ。近年SUVが人気ジャンルとして取り上げられることが多いが、ミニバンはもはやそうした人気の浮き沈みなど関係ない、確固たる地位を築いたジャンルだ。

メーカーにとっても当然大切で、それだけに力作が揃う。マツダやスバルなどミニバンからの撤退を決めたメーカーもあるが、それだけ競争が激しいということもある。

ここでは、そんなミニバンの最新情報と今帰るモデルのバイヤーガイドを展開。あなたのニーズに合ったクルマはどれか?そして今後の動きはどうなるのか?ミニバンの気になるところをとことん案内しよう!

スポンサーリンク

◆オデッセイマイナーチェンジ

gallery_styling_01

ミニバン最新情報第一弾はオデッセイのマイナーチェンジだ。注目ポイントは、

・全車に先進安全装備「ホンダセンシング」を標準装備

・LEDヘッドライト&フォグランプを全車標準装備

・新デザインのアルミホイール採用

・2列目プレミアムクレードルシートに大型ヘッドレストを採用

といったところだ。

「ホンダセンシング」はミリ波レーダーと単眼カメラによって緊急自動ブレーキをはじめとするさまざまな機能を持つ装備で、ハイブリッドのみ渋滞追従機能付きのACCも付くなど商品性を向上させた。2Lの2モーター式ハイブリッドと直4、2.4Lガソリンエンジンの2種類のパワーユニットを用意するのは従来と同じで、ハイブリッドは新燃費表示のWLTCモードを出しており、総合20.8㎞/L、市街地モード20.3㎞/L、郊外モード22.2㎞/L、高速道路モード20.5㎞/Lとなっている。

・オデッセイハイブリッド スペック

全長:4840㎜
全幅:1820㎜
全高:1695㎜
ホイールベース:2900㎜
車重:1820kg
パワーユニット:直4、2L+2モーター
エンジン出力:145ps/17.8kgm
モーター出力:184ps/32.1kgm
WLTCモード:20.8㎞/L
ミッション:電気式無段変速
タイヤサイズ:215/60R16
価格:375万円

・新型オデッセイの注目ポイント

pic_styling_main

フロントバンパー&グリルのデザインを変更し、力強い印象になたフロントマスク。また、全車にLEDヘッドライト&フォグランプを採用し、全タイプのエクステリアデザインを統一する。

ホンダセンシングには衝突軽減ブレーキ、先行車発進お知らせ機能、誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリング、ACC、路外逸脱抑制機能、車線維持支援システム、標識認識機能がある。また、ハイブリッドのACCには完全停止まで制御する渋滞追従機能が付く。

スポンサーリンク

◆セレナがニスモに着替えたら!?

serena_1711_nismo_01.jpg.ximg.l_full_h.smart

2017年4月にニスモカーズ事業部を発足させ、市販モデルの開発にますます力を入れるニスモ。その最新モデルとセレナNISMOが登場した。ボディを補強し、足回りを強化、ローダウンしたうえでハイグリップタイヤを装着。そして専用エアロとインテリアでスポーツ性を高めるというニスモロードカーのいつもの手法であるが、ベースがセレナだけにその効果は絶大。走らせてみるとボディとサスペンションの剛性アップが顕著でベース車とは明らかに乗り味が違う。

エンジン自体には変更はないものの、専用コンピューターと専用マフラーを採用してアクセルレスポンスと音質を向上。マフラーは一定速では騒音を抑えつつ、加速時には軽快な音を響かせるチューニングで、これも特別感がある。

17インチのハイグリップタイヤ(BSポテンザアドレナリンRE003)を履いているからなのか、路面の細かな荒れを拾いやすいようで後席に乗っていると振動が気になるところもある。しかし、NISMOを買うならそこは我慢するべきポイントだろう。それ以上にベース車とは明らかに異なるビシっとした直進安定性やロールを抑えた安定感のあるコーナリングの恩恵が大きい。

オプションのレカロシートがまた凄い。前席2却25万5000円(税抜き)で設定されているもので、しっかりと体を支えてくれるから運転が楽なのだ。適度なクッション性もあり、また座面左右の盛り上がりを抑えて乗り降りをしやすくなるなどの専用チューニングが施されているのもいい。

一方、少し残念なのはCVTがラバーフィールを感じるベース車のままということだ。そこまで手を入れているとコストがかかりすぎるという事情はわかるが、マーチやノートの「NISMO S」には専用の5MTが用意されていたりすのも事実。セレナにMTは極端だとしても、もう少しダイレクト感のある走りが楽しめるとうれしい。

とはいえ、それ以外の出来は上等。スポーティな車からミニバンに乗り換えると、重心の高さや柔らかい足回りに不安を覚えるものだが、セレナNISMOならその心配は無用だ。何よりも高速走行での安定感が素晴らしく、そこはベース車と大きく異なるところだし、またレッドのアクセントをきかせた内外装のスポーティな演出も楽しい。

セレナ自慢のプロパイロットも装備され、これだけのチューニングと専用装備が施されて341万9280円という価格はリーズナブル。同等装備となるベース車のハイウェイスターVセレクションの約48万円高に抑えているのだ。

ミニバンだって走りは楽しめるのだ。セレナNISMOはそう思わせてくれる車だ。

・セレナNISMO スペック

serena_1711_nismo_02_.jpg.ximg.l_12_h.smart

全長:4805㎜
全幅:1740㎜
全高:1850㎜
ホイールベース:2860㎜
最低地上高:140㎜
車重:1720kg
最低回転半径:5.7m
エンジン:直4、2LDOHC+モーター
最高出力:150ps/6000rpm
最大トルク:20.4kgm/4400rpm
モーター最高出力/モーター最大トルク:2.6ps/4.9kgm
トランスミッション:エクストロニックCVT
サスペンション:ストラット/トーションビーム
タイヤサイズ:205/50R17
価格:341万9280円

・セレナNISMOの注目ポイント

serena_1711_nismo_05_ .jpg.ximg.l_12_h.smart

クロスバー、サブメンバー、アンダーブレースなど9種類、15個の部品を新規に追加してフロアを補強。それによりねじれ剛性はベース車から5%向上している。

2脚で25万5000円のレカロシート。座り心地がいいし、見た目がまったくミニバンぽくないのもいい。

専用装備満載のインテリアはNISMOらしくレッドのアクセントでスポーツ性を主張。7インチモニターではNISMO専用のオープニングも演出される。

MR20DD直4、2LDOHCマイルドハイブリッドエンジンに変更はなく、150ps/20.kgmのスペックはベース車と同じだが、専用コンピュータを採用している。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク