新車情報2018 日産リーフとフォルクスワーゲン eゴルフ電気自動車バトル

3

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

e-mobilityシリーズと銘打って電動化車両に注力しているフォルクスワーゲンだが、eゴルフの日本導入を開始した。そこで日産リーフとの電気自動車対決が敢行された。

スポンサーリンク

◆出力・航続可能距離ともに劣勢!?

1

ドイツは2040年といわれる電気自動車の年に備え、『EVシフト』を始めており、当然ながらフォルクスワーゲンも電気自動車の開発に注力している。今回、日本で発売された電気自動車「e-ゴルフ」は、日産のリーフと同じく、フォルクスワーゲンの国際戦略モデルだ。果たしてリーフをしのぐ魅力を持っているだろう。

寸法は説明するまでもなくリーフと同じく「Cセグメント」に属する。ボディサイズや車両重量、居住スペースなどはいい勝負といえる。搭載されるモーター出力は136psえ、リーフの150psを少し下回る。搭載される電池容量はリーフの40kwhに対して35.8kwhと、これまた少し下回っている。気になるJC08モード燃費の航続距離はリーフの400㎞に対して301㎞だ。まぁ実際の数値に近いアメリカEPAの航続距離だと、リーフが240㎞で、eゴルフが240㎞となる。

航続距離はEPAの数字をイメージしていれば間違いないと考える。すべてのスペックにおいてeゴルフは、リーフに少しずつ届いておらずといったところ。

そのあたりをイメージしながら乗ってみるとよいだろう。

スポンサーリンク

◆フォルクスワーゲン eゴルフ試乗

2

加速な車としての性能はスペック通りリーフに届いていない。アクセルを開けた時の加速感なども、リーフに軍配が上がる。一方、車としての味わいは日産とフォルクスワーゲンの違いを感じさせる。なかでも大きな差が表れるのは、ダンパーだと考える。

普通の車だとその違いは

1、エンジンフィール
2、ミッション
3、ボディ剛性
4、ダンパー起因の乗り心地

この4つだ。

電気自動車の場合、1と2についは日本車もドイツ車も違いなどないだろう。そもそもミッションなど存在しないのだから。さらにボディ剛性も重いバッテリーを床下に搭載していることから、日本車だって普通の車より圧倒的に優れたボディ剛性をもつ。初代リーフをラリー車に改造したものでも、ボディ補強しないでもあれた道でミシリともいわないほどだ。

ということで唯一の差はダンパーということになる。フォルクスワーゲンの方がしなやかで質感がある。逆に考えるとリーフのダンパーを交換してやれば、ブランド力とデザインしか差はない、ということになる。これは日本勢にとって有利なのか不利なのか難しいところだ。

ちなみに、アクセルを戻した時の開始の強さに関していえば、『好み』ということになる。日産のeペダルだとアクセルオフで停止までできる。eゴルフの2段低いギヤのエンブレ程度でマイルド。もし価格が同じであれば好勝負ができたかもしれない。

スポンサーリンク

◆フォルクスワーゲン eゴルフのポイント

3

・電気モーターは最高出力136ps/最大トルク290NMとなり、総電力量は38.5khwとリーフに若干劣るスペック。

・充電方式は200Vの普通充電と急速充電に対応。3kwと6kwの車載充電器を装備する。

・機能的で使いやすいインテリアはゴルフそのもの。レザーマルチファンクションステアリングやギアシフトノブには、e-mobility専用の意匠アクセントであるブルーステッチが施される。

・ラゲッジスペース容量は5名乗車時で341L。後席の背もたれを倒した2名乗車では1231Lにスペースが拡がる。

・専用ファブリックシートには、前席にシートヒーターや高さ調整、ランバーサポートを装備。後席は6:4分割可倒シートを採用する。

・アクティブ・インフォ・ディスプレイと9.2インチ大型全面タッチスクリーンの装備によりインフォテイメントは充実している。

◆eゴルフ、リーフ スペック

3

・eゴルフ

全長:4265㎜
全幅:1800㎜
全高:180㎜
ホイールベース:2635㎜
車重:1590kg
原動機:モーター
定格出力:100
最大出力:136ps/3300-11750rpm
最大トルク:29.5kgm/0‐3300rpm
サスペンション:マクファーソンストラット/4リンク
JC08モード一充電走行距離:301
総電力量:35.8kwh
タイヤサイズ:205/55R16
価格:499万円

・リーフ

全長:4480㎜
全幅:1790㎜
全高:1540㎜
ホイールベース:2700㎜
車重:1520kg
原動機:モーター
定格出力:85
最大出力:150ps/3283‐9795rpm
最大トルク:32.6kgm/0‐3283rpm
サスペンション:ストラット/トーションビーム
JC08モード一充電走行距離:400
総電力量:40kwh
タイヤサイズ:215/50R17
価格:399万0600円

◆リーフNISMO 動画

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク