新車情報2019 トヨタから新型1LターボのFFスポーツ開発情報が!

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

トヨタスモールスポーツ戦略の次の一手、ヴィッツ4wdターボかオーリス4wdターボだけではない新たなプロジェクトがスタートをしていた。S-FRの開発中止が正式に決定し、その代わりにコンパクトサイズの1.6Lターボ4wdスポーツの開発が始まっているトヨタ。それだけでは終わらない、トヨタのGRブランドで新たな1Lターボスポーツの計画があるという!

スポンサーリンク

◆1Lターボ+MTの新たなるFFスポーツ

1

2015年の東京モーターショーに出展され、大きな話題となったトヨタの小さなFRスポーツ「S-FR」。その後、開発中止、開発再開という流れを繰り返し、町阿波ビルファンをヤキモキさせたが、とうとう開発中止が正式に決定したということはご存知の通り。

S-FRに代わる若年層向けのスポーツモデルとして、次期ヴィッツをベースをとした4wdスポーツが開発されているという情報もあるが、今回はさらにもう一台、驚くべき若年層向けのスポーツモデルの開発が進んでいることが判明したのだ。

それがGRから登場する新しいFFのスポーツモデル。これhコペンをベースに1Lターボを搭載した新たなFFスポーツなのである。トヨタ社内の今までS-FRを作っていたグループは、今後若い世代向けのクルマ好きを育てていくためには、4wdスポーツよりももっておベーシックなモデルのほうがいいと考えており、そこでダイハツの軽オープンスポーツ、コペンに白羽の矢が立ったというわけだ。

コペンをベースとする大きなメリットは骨格構造「Dフレーム」により、スポーツ走行に必要な剛性と衝突安全性がすでに確保できていることだ。それゆえ、コストを過大にかけることなくニューモデルを開発できるということになるのだが、同時にコペンならではの、ボディデザインの自由度の高さも長所となる。

コペンはフレームに異なるデザインの外板パネルを装着させて、きせかえがえきる構造を特徴としているが、その構造をトヨタもフルに活用する。

1Lエンジン搭載で軽規格に縛られる必要がなくなるために、全幅は大きく拡幅されることになるが、キャビンサイズは変わらず、増える全幅分はすべてフェンダーとなるわけで、見た目はそうとうアグレッシブなものとなる。

そのボディに搭載されるエンジンだが、これはトールの1KR-VETをべースに独自にチューンしたものを積む。トヨタはこの新たなFFスポーツをGRブランド専用車にしたいと考えており、そのチューニングにはGAZOORacingカンパニーが関わってくるはずだ。

出力は110ps/16.0kgm程度が予想され、パワーを使い切る楽しさを追及したものになるが、追加でモータースポーツ参戦ベース車が用意されるという話もあり、そちらは130psほどに出力があげられる。

CVTしか設定がないトールのエンジンがベースということでミッションがどうなるのか気になるところだが、スポーツモデルとして当然、MTも用意されることになる。コペンが積む5速MTをベースとするが、さすがにそのままでは1Lターボのトルクには耐えることが難しいため、強化がされる。現在、テストが繰り返し行われているという。

無論、全幅が拡大しトレッドも変わるということで、足回りを変更する必要があるが、

これはラリーの世界では当たり前のことで、WRCに参戦し、ノウハウを持っているトヨタならば、大きな障害とはならないだろう。

残るはこのモデルがいつ、そしていくらで登場するのか、ということだ。現在ミッションのテストなどを行っていることを考えると、やはり2019年になると予想される。ただベースとなる車両があるため、ほかの一般的な車両開発よりスピーディに進む可能性はあり、その場合は、2018年内に姿を見せる可能性もある。

価格は装備が簡略化されるモータースポーツベース車両は100万円台後半で登場するだろうが、公道仕様はやはり250万円クラスになると思われる。安いとは言いづらいが、GRブランドから出るとなれば走りの楽しさはお墨付きといえるだろう。それを考えれば充分納得できるものだといえるだろう。

スポンサーリンク

◆次期型オーリスのスタイル判明

3

S-FRの開発中止決定後にスタートした新たなスポーツモデルとして、次期ヴィッツをベースとした、3気筒1.6Lターボを搭載した4wdモデルが計画されている。このモデルもGAZOORacingカンパニー主導で開発されることになり、この次期ヴィッツ(次期型では世界統一車名としてヤリスに変わる予定)が、WRC参戦車両べースとなる。

注目はエンジンで、1.6Lという排気量の場合、通常は4気筒を選択し、さらに現在のグローバルレースエンジンも4気筒の1.6L直噴ターボと規定されている。そんななか、3気筒を選んだのは、将来の規定変更を睨んだものかもしれないが、世界的に見ても珍しいエンジンになることは間違いない。

気になるのはその性能で、出力などの数値的な情報はまだないため、推測でしかないのだが、近しいところではBMWの直Ⅲ、1.5Lエンジンがある。

BMW118iが搭載するものの出力は136ps/22.4kgm。充分な数値とはいえ、トヨタのものは+100㏄の余裕があるため、さらに出力があげられると考えられる。また、いずれ登場することになるGRMNには、さらなるパワーが与えられることになるだろう。

同じBMWでもプラグインハイブリッドスポーツ、i8が搭載する直3、1.5Lターボは、231ps/32.6kgmという驚異的なパワーを発揮している。トヨタもGRMNバージョンでは、この出力以上を達成してくると思われており、相当ホットな走りを見せてくれるに違いない。

そしてこのエンジンは次期オーリスにも搭載されることが予定されており、今回その次期オーリスのデザインが判明したのだ。

次期オーリスは、TNGAに基づくクルマ作りが行われ、1.8Lハイブリッド、1.5L&1.8Lハイブリッド、1.2Lターボというラインナップで2018年中盤にも登場することになるのだが、パワフルな直3ターボ+4wdグレードが追加されれば、強力なライバルがひしめく欧州でも存在感を発揮することは間違いないだろう。

むろん、日本でも、このC‐HRに通じるテイストが与えられてフロントフェイスに強化エンジンという組み合わせは、人気を博すことは間違いないだろう。

登場時期は標準モデル登場から約1年後、2019年が予定されており、豊田章男社長の肝いりといわれるモデルだけに、高い完成度を与えられての登場となるのは確実。新FFスポーツ、ヤリス4wdターボともども、期待したい一台だ。

2017年4月にGAZOOレーシングカンパニーを社内に発足させて以降、トヨタのスポーツモデル戦略は加速されている。現行ヴィッツベースのGRMNモデルにも驚かされるが、子会社であるダイハツのモデルをベースにするなど、従来のトヨタの考え方に囚われない自由な発想が、顕在化してきたように感じられる。

そろそろ発表される新型スープラ以降も、トヨタの動きからは目が離せない。車好きの心をもっとワクワクさせるような魅力的なモデルを続々と登場させることだろう。

スポンサーリンク

◆1Lターボと時期ヴィッツ、次期オーリスのポイント

2

・1Lターボのポイント

開発中止となったS-FRの代わりに計画が始まったGR専用スポーツカーのベースとなるダイハツの軽オープンスポーツカー「コペン」。スタイリッシュフォルムが特徴である。

現在3つのボディバリエーションでラインナップされているコペン。デビュー当初に設定されたのが「ローブ」、SUVテイストスタイルの「エクスプレイ」。そして2015年に登場したのが「セロ」である。

Dフレームと名付けられたコペンの基本骨格。このプラットフォームをベースに新型スポーツではさらなる補強が施されるだろう。

トヨタの新型スポーツへの搭載が検討されているパワーユニットはコペンの660㏄直3ターボもあるが、1L直3ターボが有力視されている。ベースはタンク/ルーミーなどに採用されている1KR-VET型だが、最高出力はノーマルの98psから110ps程度までパワーアップされる可能性が高い・ワンメイクレース仕様はさらにパワーアップされることだろう。

・新1Lターボ FFスポーツのスペック(予想)

全長:3595㎜
全幅:1625㎜
全高:1280㎜
ホイールベース:2230㎜
車重:950kg
エンジン:直3 DOHC996cc+ターボ
最高出力:110ps/6300rpm
最大トルク:16.0kgm/3000rpm
価格:250万円

・次期ヴィッツのポイント

S-FRの代わりに開発されているコンパクト4wdの一台がヤリス4wdターボだ。車名がヴィッツからヤリスに代わり、この車が次WRCマシンのベースモデルになる。

現在のヴィッツのスポーツモデルがGRシリーズ。GRMNは212ps/1.8Lスーパーチャージャーを搭載する。

・次期オーリスのポイント

現在ヤリスWRCに搭載されている1.6L、4気筒直噴ターボのグローバルレースエンジンは、現在の規定に合わせて採用している4気筒エンジンであるが、新型4wdスポーツのヤリスやオーリスには1.6Lの3気筒ターボが搭載される。

・次期オーリス スペック(予想)

全長:4350㎜
全幅:1780㎜
全高:1460㎜
ホイールベース:2650㎜
車重:1350kg
エンジン:直3 DOHC 1.6L+ターボ
最高出力:250ps/6800rpm
最大トルク:24.0kgm/4800rpm
価格:400万円

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク