n-van 新型 2017 正式発表は間近に!ベースは新型N-BOX!

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

人気のN-BOX以上に楽しく、そして買い得なN-VANは外せない。そしてシビックにハイブリッドも追加。2018年に新型N-BOXの派生モデルとしてデビューする商用バン、N-VANの詳細がついに明らかになった。さらに2018年はシビックにハイブリッドモデルが新設定される。2017年9月に2代目へとフルモデルチェンジしたN-BOXが、発売から1カ月で5万台以上の受注と好調売れ行きを見せているホンダは、来年には2種類のニューモデルを投入。さらなるラインナップ強化で販売攻勢をかける。

スポンサーリンク

◆2018年ホンダ一番の目玉はN-VAN

1

そのホンダが2018年発売するニューモデルの1台が軽自動車の新型商用バン「N-VAN」だ。N-VANの存在については、これまでも何度かネットでも情報が出ているが、ベースとなるのは新型N-BOX。

そのN-BOXは新開発のプラットフォームとエンジンを採用し、すべてを一新。先代型でもクラス最大級の室内空間を誇っていたN-BOXだが、新型ではさらにエンジンルームのコンパクト化、テールゲートの薄型化などにより、室内長で+60㎜とさらに拡大。このN-BOXのコンポーネンツをベースにN-VANでは、商用車向けに徹底的に仕様を見直しているという。

というわけで、N-VANの大きなポイントのひとつが、商用バンとしての実用性を追及した圧倒的な室内空間だ。その具体的な数値の一部が判明していて、2名乗車時の荷室長が1630㎜、荷室長が1365㎜。商用1BOXの現行型アクティバンは荷室長1725㎜、荷室高1200㎜なので、荷室長では1BOX、室内高は圧倒的な高さを実現することになる。

さらに室内で面白いのがシートアレンジで、運転席以外のシートがすべて格納することができ、フルフラットな荷室スペースに変えることもできるというから注目だ。

その一方でN-VANの魅力は商用車としての実用性だけじゃないという。広い室内ススペースを活かしてキャンパー仕様へのカスタイズも可能で、フラットなフロアの上を荷室空間にしがちな、その上にマットレスを敷けるベッドキットを用意。リアバンパーには電源コンセントを装備するという。

モデル体系は、『ノーマル』『クール』『ファン』の3タイプが用意され、タイプごとに異なるフロントマスクになる模様。N-BOXが新型で価格がアップしたため、N-VANでは130万円前後を中心にした割安感のある価格に設定し、若者もターゲットにするという情報も入っている。遊べる軽バンとしての可能性を大きく秘めたN-VAN。デビューは2018年7月ごろになりそう。

スポンサーリンク

◆シビックにハイブリッド、その名は”IX”

2

そして、もう一台のホンダ2018年のニューモデルがシビックハイブリッドだ。車名はシビックIXになる。

ハッチバックも設定されるシビックだが、IXのボディタイプはセダンのみ。ハイブリッドシステムはフィットなどに採用されている1.5Lのi-DDCを搭載する。ホンダにはアコードなどに採用される2Lハイブリッドもあるが、車重1300kg台のシビックであれば1.5Lハイブリッドで充分な動力性能を発揮し、燃費も優れるという。

外観はノーマルのセダンと基本は同じだが、フロントマスクなどが専用デザインになる。登場は2018年12月と予想。

・N-VANの注目ポイント

単なる商用バンではなく、キャリパー仕様の装備も設定されるなど、遊び心もあるN-VANは、1970年代の名車ライフステップバンの現代版となりそうだ。ベースは大人気のモデルであるが、商用バンとしての機能性がさらに高められ、フロントマスクも専用のデザイン。仕様が異なる3タイプが設定されるという。

リア周辺ではバンパー左下に電源コンセプトを装備し、N-BOXよりもリアコンビランプの形状が細いのが特徴。

シビックIXに搭載されるのはフィットなどに採用されている1モーターシステムの1.5Lハイブリッド。燃費性能はJC08モードで1.5Lターボモデル19.4㎞/Lを大きく上回り、27㎞/L程度と予想。

クラストップレベルの室内空間を誇るN-BOXがベースとなって、商用バンのN-VANは荷室の広さが大きなポイント。特に荷室高は1365㎜とミニバン級の高さ。

スポンサーリンク

◆日産のプレミアムスポーティはじまる

3

レースのテクノロジーを注入したスポーツモデルを生み出す『NISMO』に対して、欧州で多くみられるスポーティながらも、クラフトマンシップによるプレミアム感を備えたモデルを生み出すのが新ブランド『AUTECH(以下オーテック)』だ。

オーテックジャパンおよびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル社長兼最高経営責任者の片桐氏によれば、提供する付加価値は『デザイン』『ハンドリング』『加速』の3つ。NISMOとの共同開発を通じて、ハンドリングや加速感はNISMOモデルと同等としながら、デザインと乗り味に感じして差別化を図っていくことになりそうだ。

その第一弾となるのが、今回発表された『セレナ・オーテック』だ。フロント周りではグリルのドット柄が特徴的であり、良質で高度なデザインが与えられている。そしてリアでは、デュアルエキゾーストパイプフィニッシャーや『AUTECH』バッチが与えられている。

発売時期などは明らかにされていないが、片桐氏のコメントから、価格はセレナNISMOと同じ340万円程度になると予想される。

セレナNISMOとセレナオーテックの違いは、動力性能、ハンドリングは同等だが、乗り味はチューニングを変更。タイヤはNISMOがブリヂストン ポテンザ アドレナリン RE003(205/50R17)を採用しているのに対してオーテックはミシュランパイロットスポーツ4(205/50R17)を採用する。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク