インプレッサスポーツ 新型の評価は辛口?人気ハッチバック6車種の評価

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

人気のハッチバックでの2017年に登場したシビックはかつてないほどの盛況ぶり。そのあとを追う、日産のリーフ、トヨタのオーリス、、レクサスCT、スバル インプレッサスポーツ、マツダのアクセラスポーツの世間での評価は!?

 

スポンサーリンク

◆ハッチバック人気車:ホンダ

〇車名:シビックハッチバック

1

新開発のプラットフォームを核にロー&ワイドな先進フォルムや、力強さと環境性能を両立した直噴VTECターボエンジンを搭載。

〇スペック

全長:4520㎜
全幅:1800㎜
全高:1435㎜
ホイールベース:2700㎜
車重:1350kg
最小回転半径:5.5m
エンジン:直列4気筒DOHC
総排気量:1496㏄
最高出力:182ps/6000rpm
最大トルク:22.4kgm/1700-5500rpm
JC08モード燃費:18.0㎞/L

〇チェックポイント

見た目に違わぬ期待通りのスポーティな走りが味わえる。新開発プラットフォームをベースとした高剛性で軽量、そして、低重心・低慣性なボディによってハイレベルな運動性能を発揮する。1.5Lターボエンジンは低回転から高回転まで伸びやかにふけあがる特性を持ち、CVTの恩恵も手伝ってリニアでパワフルな加速フィールを味わわせる。俊敏なハンドリングと高速走行時の安定性に優れているのも大きな特徴である。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

6~15万円

・一言コメント

新生シビックの持ち味は卓越した走りにあることが評価にも表れている。ハッチバックボディは使い勝手のめんでも有利となる。インテリアにも走り愉しさや操る歓びといった要素が追求されている。各部の造形はスポーティな印象を際立たせながらCセグメントの車としての上質さも磨き上げられている。手が触れる部分には柔らかく上質なソフトパッドを採用し、加飾パネルを配することによって視覚的にも満足度の高い空間に仕上げている。

グラフィカルな表示を可能にする7インチの液晶メーターで優れた視認性を実現しており、電動パーキングブレーキを採用したりと機能も充実している。電動パーキングブレーキは軽いタッチで操作が行えるので扱いやすのだ。

スポンサーリンク

◆ハッチバック人気車:日産

〇車名:リーフ

2

モーターならではのパワフルな加速や低重心を生かした軽快なハンドリングが持ち味。自動運転技術をはじめ、先進技術を併せ持つ。

〇スペック

全長:4480㎜
全幅:1790㎜
全高:1540㎜
ホイールベース:2700㎜
車重:1520kg
最小回転半径:5.4m
モーター種類:EM57
総電力量:40kwh
最高出力:150ps/3284から97950rpm
最大トルク:32.6kgm/0-3283rpm
一充電走行距離:400㎞

〇チェックポイント

航続距離が延長されて魅力がさらに高まったノート。日産が提唱する「ニッサン・インテリジェント・モビリティ」をけん引する車で、同社が持つ技術の粋は結集されている。げんこうがたは航続距離が延長され、自動運転技術を活用した「プロパイロット パーキング」や、ノートで好評を得た「e-Pedal」を搭載。近年の車に求められる機能や装備が採用され、走行性能や実用性、さらに経済性や安全性でも高い評価を獲得している。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ーーー
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

6~10万円

・一言コメント

最高出力110kw、最大トルク320NMを発生するe-パワートレインを採用。従来型に比べて走行性能は格段に向上している。ニッサンブランド共通のインテリアデザインテーマである「グライディング・ウイング」を採用。細部にわたってクオリティの高さが追及され、上質でハイテク感のある空間に仕上げている。シートやダッシュボード、ステアリングなどにブルーのステッチを施すことで、日産の電気自動車であることが表現されている。

メーターにはモーターの出力や回生状況を表示するパワーゲージなどが備わっている。シフトノブの周囲にはe-Pedalがプロパイロットパーキングのスイッチが備わる。コンパクトな駆動用ばてりーを床下に配置しているため、ゆとりの居住空間と荷室容量が確保される。

スポンサーリンク

◆ハッチバック人気車:トヨタ

〇車名:オーリス

3

「直感性能」を開発コンセプトに走りを欧州で鍛え上げてきた。エンジンバリエーションが豊富で、ニーズに合わせた選択ができる。

〇スペック

全長:4330㎜
全幅:1760㎜
全高:1480㎜
ホイールベース:2600㎜
車重:1390kg
最小回転半径:5.2m
エンジン:直列4気筒DOHC+モーター
総排気量:1797㏄
最高出力:99ps/5200rpm
最大トルク:14.5kgm/4000rpm
JC08モード燃費:30.4㎞/L

〇チェックポイント

欧州のハッチバックに比肩する運動性能を発揮するオーリス。トヨタの世界戦略車として開発され、競合は国産車ではなくフォルクスワーゲンや、BMW、アウディといった欧州ブランドのハッチバックとなる。それゆえ運動性能についてとことん追求した感があり、S評価では操舵に対する正確性やカーブでの安定性が高い水準となっている。とくにハンドルを切り込んだときのシャープな動きは、国産モデルのそれとは明らかに異なる。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

12~25万円

・一言コメント

走りにかかわる項目について高い評価を獲得しているオーリス。3ナンバーサイズのボディではあるが、車両感覚がつかみやすく扱いやすい。

◆ハッチバック人気車:レクサス

〇車名:CT

4

スポーティなスタイルを特徴とし、躍動的な雰囲気に見合った走りが味わえる。1.8L+モーターの組み合わせで燃費性能も良好である。

〇スペック

全長:4355㎜
全幅:1765㎜
全高:1450㎜
ホイールベース:2600㎜
車重:1380kg
最小回転半径:5.0m
エンジン:直列4気筒DOHC+モーター
総排気量:1797㏄
最高出力:99ps/5200rpm
最大トルク:14.5kgm/4000rpm
JC08モード燃費:30.4㎞/L

〇チェックポイント

ハイブリッドカーでもエコ一辺倒でもない。ハイブリッドシステムを搭載しているが、エコ一辺倒ではなくモーターの動力を運動性能を高めるためにも用いている。センターコンソールに設置されたドライブモードセレクトを操作し、モーターの駆動力を通常からスポーツあるいはエコモードへと変えられるのがエコ系ハイブリッドにはない機能である。ドライバーの意思に忠実に反応する操縦性の高さも美点である。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

2~4万円

・一言コメント

卓越した運動性能と優れたエコ性能が一挙に江良エルいいところ取りのモデルだ。居住性や実用性も満足できるレベルにある。

◆ハッチバック人気車:スバル

〇車名:インプレッサスポーツ

5

次世代プラットフォームを採用することで高度なパフォーマンスを発揮し、Cセグメントにふさわしい質の高さも身に着けている。

〇スペック

全長:4460㎜
全幅:1775㎜
全高:1480㎜
ホイールベース:2670㎜
車重:1320kg
最小回転半径:5.3m
エンジン:水平対向4気筒DOHC
総排気量:1995㏄
最高出力:154ps/6000rpm
最大トルク:20.0kgm/4000rpm
JC08モード燃費:18.2㎞/L

〇チェックポイント

大きな欠点が見当たらない、ハイレベルな完成度を誇るインプレッサスポーツ。他のスバル車と同様に、走行性能にかかわる能力がクラスの中で抜きんでている。エンジンのパフォーマンスや足回りを構成する要素も含め、バランスよく仕上げられた感がある。これがスバルならではの走りをもたらし、評価を高めている。居住性や実用性も申し分ない実力を持ち、アイサイトを軸にして実現した、高水準の安全性も大いに魅力的だ。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

7~15万円

・一言コメント

動的質感だけでなく、静的質感が大幅に向上。さらにハイレベルな安全性も実現し、欠点らしい要素が見当たらない。素材の選定や取り付け精度にこだわり、インテリア全体の質感が向上。プレミアムハッチバックにふさわしい造りがなされている。メーターの中央には各種機能の状態を表示する4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイを装着し、走行中に絶えず変化する状況をわかりやすく伝え、運転のしやすさに配慮している。

車両のさまざまな情報を6.3インチの大型ディスプレイに表示。運転中でも死人しやすい。カメラで前方を監視し、人の”目”と同じように車や歩行者、はくせんなどを識別できる。内部構造を見直し座り心地やホールド性、振動吸収機能が高められている。長時間でも快適に座れる。

◆ハッチバック人気車:マツダ

〇車名:アクセラスポーツ

6

ミドルサイズのハッチバックで、エンジンは1.5Lのガソリンに加えて1.5Lと2.2Lのクリーンディーゼルターボをラインナップ。

〇スペック

全長:4470㎜
全幅:1795㎜
全高:1470㎜
ホイールベース:2700㎜
車重:1360kg
最小回転半径:5.3m
エンジン:直列4気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量:1498㏄
最高出力:105ps/4000rpm
最大トルク:27.5kgm/1600-2500rpm
JC08モード燃費:21.6㎞/L

〇チェックポイント

軽快な運転感覚が味わえる走りのハッチバックのアクセラスポーツ。このモデルの持ち味は、ゴルフをはじめとした欧州のハッチバックに比肩する運動性能の高さである。ステアリングやアクセル操作に対して車が正確に反応し、走行安定性の高さと相まって運転が楽しく感じられる。販売の主軸となっている高効率なディーゼルは、1.5Lと2.2Lの2種類が用意され、選択の幅が広がっている。内装やシートの座り心地が上質だ。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

10~21万円

・一言コメント

走りにかかわる項目の評価が高く、どんな車でも走りの楽しさを追求するマツダ車らしい特徴を持ち合わせている。

メーターのスイッチはデザインだけではなく、配置や角度にこだわることで運転に集中できる環境を作り上げている。ステアリングやメーターがドライバーの身体の中心と同軸いなるよう配置されているのもポイントだ。車内は適度な広さが確保されているうえに、開放感にあふれ、同乗者が心地いいと感じられるよう配置されている。

ディーゼルエンジンはNOx後処理装置なしで、ポスト新長期規制に適合している。操舵感が軽快でカーブでの安定性に優れ、後輪の接地性が損なわれにくく安心感がある。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク