ホンダ nbox カスタムの新型などホンダの軽自動車スペック、性能、画像まとめ

pic_styling_cs_01

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

ホンダ軽自動車 で一番の利点は軽自動車らしからぬ、室内の広さ、走りの性能にある。ホンダのN-シリーズの評価やスペックをまとめました。

スポンサーリンク

◆ホンダ軽自動車 一覧 新車

〇車名:N-BOX/N-BOXカスタム

先代型のよさを継承しながらプラットフォームやパワートレインを一新。さらに利便性を高める機能や安全性能を充実させている。

〇スペック

全長:3395㎜
全幅:1475㎜
全高:1790㎜
ホイールベース:2520㎜
車重:890kg
最小回転半径:4.5m
エンジン:直列3気筒DOHC
総排気量:658㏄
最高出力:58ps/7300rpm
最大トルク:6.6kgm/4800rpm
JC08モード燃費:27.0㎞/L

価格:138万5640円~208万0080円

〇チェックポイント

走行性能が飛躍的に向上、唯一の弱点が解消された。軽自動車規格の範疇で広々としたスペースを確保し、優れた居住性と実用性を実現。軽自動車ならではの経済性もあいまって、ファミリー層から支持を集めトップセールスを続けているモンスターカーだ。従来型で他車から差をつけられていた走行性能が飛躍的に向上し、スムーズな加速性能や安定感を高めたハンドリング特性によって、走りにかかわる項目で評価を高めているのがポイントだ。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

5~10万円

・一言コメント

エンジンルームのコンパクト化、テールゲートの薄型化などにより室内空間はさら拡大。広さと利便性はクラストップレベルといえる。N-BOXはベージュを基調にカフェで過ごすようなリラックス空間を追求し、N-BOXカスタムはブラックで統一して上質な空間に仕上げている。シート表皮には付着したアレルゲンの不活性化に加え、抗ウイルス加工を施したアレルクリーンシートを採用するなど乗る人への気遣いがなされている。

メーターパネルは大きく、視界の中に自然に入る場所に配置している。情報を瞬時に把握できるぞ。

後席は座面を跳ね上げれば車内にも荷室が詰めるスペースになる。はね上げ操作は簡単だ。後席はスライド機構が備わりゆったりと座れる。車内のいたるところに便利な収納が設けられている。

テールゲート開口部を低く設定していることで、自転車などの大きな荷室もスムーズに積み込める。スライド機構でアレンジも多彩なのだ。

〇N-BOX/N-BOXカスタム 画像集

pic_image_cs_01 pic_image_nm pic_interior_color_seat_cs_01 pic_interior_color_seat_nm_01 pic_styling_cs_01 pic_styling_nm

pic_styling_nm_cs
(引用:http://www.honda.co.jp/auto/)

〇車名:N-WGN/N-WGNカスタム

Nシリーズの中ではベーシックな位置づけのモデル。スタンダードな軽自動車に必要な能力をすべて兼ね備えている車といえる。

〇スペック

全長:3395㎜
全幅:1475㎜
全高:1655㎜
ホイールベース:2520㎜
車重:830kg
最小回転半径:4.5m
エンジン:直列3気筒DOHC
総排気量:658㏄
最高出力:58ps/7300rpm
最大トルク:6.6kgm/4800rpm
JC08モード燃費:29.4㎞/L

価格:109万1220円~164万5000円

〇チェックポイント

基本に忠実に作られたスモールカーのお手本のモデルだ。スタンダードな軽自動車らしく、基本忠実な造りがなされている。居住性、安全性、燃費性能、そして走りという能力が高い次元にあり、その上でホンダNシリーズの一翼を担うモデルとして確たる個性が与えられている。ウィークポイントが少ないので、『とりあえず軽自動車がほしい』という漠然とした動機で選んでも、結果としていい買い物になるだろう。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

5~11万円

・一言コメント

すべての能力が適度にバランスされ、ベーシックカーらしい結果となってる。幅広い世代のさまざまなニーズに応えられる車だ。クオリティの高さと個性もアピールしている。標準仕様はインストルメントパネルのアッパーの部分をブラックとし、インテリア全体をあかるいベージュにすることで上質かつ開放的でクリーンなイメージを演出している。カスタムではブラックとバーガンディの2トーンでコーディネイトすることで、落ち着いた雰囲気としながらクオリティの高さと個性を主張している。

大型メーターの周囲にエコインジケーターを配置した造形で情報が直感的に認識しやすい。スライド式のセンタートレイは引き出せばトレイとして、収納すれば小物入れになる。座面、背もたれ部分ともに四隅をしっかりと強調した造形とすることでしっかりとサポートしている。開口部はスクエア形状で、フロア位置を低く設定しているために持つを楽に詰める。用途に合わせて多彩なアレンジが可能である。

〇N-WGN/N-WGNカスタム 画像

pic_color_custom_02 pic_color_custom_01 pic_color_custom_2tone pic_color_normal_03 pic_color_std_08 pic_design_cus_01 pic_design_custom_01 pic_design_std_01 pic_interior

(出典:http://www.honda.co.jp/N-WGN/webcatalog/interior/design/)

〇車名:N-BOXスラッシュ

クーペのように見えるフォルムでカスタムテイストが盛り込まれている。色と素材にこだわった大胆なインテリアも他車いはない特徴だ。

〇スペック

全長:3395㎜
全幅:1475㎜
全高:1670㎜
ホイールベース:2520㎜
車重:920kg
最小回転半径:4.5m
エンジン:直列3気筒DOHC
総排気量:658㏄
最高出力:58ps/7300rpm
最大トルク:6.6kgm/4700rpm
JC08モード燃費:25.8㎞/L

価格:132万円~184万円

〇チェックポイント

優れた利便性をベース車からしっかりと継承している。スクエアなフォルムはN-BOX(先代型)譲りだが、全高を低く見せるためにピラーの一部を水平に切り落としてルーフをくっつけたような、チョップドルーフとしているのが特徴だ。大胆なスタイルに仕上げ、ユニークなキャラクターを前面に押し出しているが、使い勝手の良さなど中身はN-BOXの派生車であるということが随所にうかがえる。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

5~11万円

・一言コメント

スライドドアではないが、実用面での装備や機能はN-BOXから踏襲している。専用装備が満載で、軽自動車としては価格がやや割高となっている。

〇N-BOXスラッシュ 画像

pic_design_01 pic_premium_white_black pic_style_bright_01 pic_style_bright_02 pic_style_diner_01 pic_style_diner_02 pic_style_glide_01 pic_style_glide_02 pic_style_session_01 pic_style_session_02 pic_style_street_01 pic_style_street_02 pic_style_trekking_01 pic_style_trekking_02

(出典:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/webcatalog/interior/design/)

〇車名:N-ONE

ホンダNシリーズの中で個性派モデルとして人気を集めている。2017年12月にはさらなる個性の強化を図るべく改良を実施した。

〇スペック

全長:3395㎜
全幅:1475㎜
全高:1610㎜
ホイールベース:2520㎜
車重:840kg
最小回転半径:4.5m
エンジン:直列3気筒DOHC
総排気量:658㏄
最高出力:58ps/7300rpm
最大トルク:6.6kgm/4700rpm
JC08モード燃費:28.4㎞/L

価格:118万500円~172万8000円

〇チェックポイント

ダウンさじングを検討するユーザーも納得の性能を発揮するN-ONE。ライバルは軽自動車ではなく、ひとクラス上のコンパクトカーに定めている。とくに走りについてはクラスの枠を超えたパフォーマンスを持ち、動力性能、足回りといった走りにかかわる項目で高い評価を得ている。居住性や実用性もハイレベルであることから、登録者から軽自動車へのダウンサイジングを検討しているユーザーを満足させるのは間違いない。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

6~12万円

・一言コメント

運転のしやすさと実用性は高いレベルにある。とりわけターボエンジン搭載車の動力性能は、リッターカーを凌駕しているといってもいいほど。

〇N-ONE 画像

pic_interior_color_front01 pic_interior_design pic_interior_design_slide01 pic_styling_design pic_styling_lowdown_01 pic_styling_visual_01

(出典:http://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/interior/design/)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク