ダイハツ 軽自動車 一覧 新車価格 2018 スペック、評価、値引き額まとめ

07_01_12

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

ダイハツの軽自動車のスペック、価格、評価をまとめました。

スポンサーリンク

こちらの記事に書かれている内容は・・・

◆ダイハツ 軽自動車 一覧 新車

〇車名:タント/タントカスタム

軽自動車クラスで唯一となるミラクルオープンドアを採用。子育てファミリーを中心に幅広い層に支持されているダイハツ基幹車種だ。

〇スペック

全長:3395㎜
全幅:1475㎜
全高:1750㎜
ホイールベース:2455㎜
車重:930kg
最小回転半径:4.4m
エンジン:直列3気筒DOHC
総排気量:658㏄
最高出力:52ps/6800rpm
最大トルク:6.1kgm/5200rpm
JC08モード燃費:28.0㎞/L

価格:122万400円~187万3800円

〇チェックポイント

安全運転をサポートする機能がさらに充実したタント。ミラクルオープンドアが最大のセールスポイントで、両手がふさがっていてもスムーズに車内へ乗り込むことができたり、ベビーカーをたたまずに積み込めるなど、日常生活で利便性を感じさせ、とくに子育て世代に最適である。スマートアシストⅢの搭載やコーナーセンサーの採用で、安全性能が進化したこともファミリーカーとして推奨できる理由といえる。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

6~12万円

・一言コメント

背の高さを生かして実用性と居住性は高い評価を獲得している。『かゆいところに手が届く』機能と装備が充実しているのもポイントである。

メーカーを中央に配置することによって運転席まわりをフラットな形状としている。これが視覚的な広さを感じさせているのだ。メーターは見やすいエリア、距離に配置し、文字を大きくすることで視認性を高めている。各種機能のスイッチも大きくてシンプルなデザインとし、すっきりとレイアウトされスムーズに扱える。

表示項目の中でも重要度の高い情報はメーター内のみやすい場所に配置されている。助手席を前方へ倒して後席を格納すれば長尺物も積載できる。様々なアレンジが可能だ。後席は左右独立して240㎜のスライド量を確保している。車内の広さを生かして快適に乗車できる。リヤシートは簡単な操作で格納できる。左右分割して格納できるので、用途に応じて使い分けられる。荷室は広くてフラットである。

〇タント/タントカスタム 画像

01_03 01_06 01_07 01_01 01_02 01_04 01_05 04_01_L 04_01_R 07_02_01 07_02_02 07_02_03 07_02_04

(出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/03_exterior.htm)

〇車名:ウェイク

様々な用途に使える新ジャンルの軽自動車をめざして開発された。軽自動車クラスの最大級の室内空間を誇るなど見どころ充分。

〇スペック

全長:3395㎜
全幅:1475㎜
全高:1835㎜
ホイールベース:2455㎜
車重:1000kg
最小回転半径:4.4m
エンジン:直列3気筒DOHC
総排気量:658㏄
最高出力:52ps/6800rpm
最大トルク:6.1kgm/5200rpm
JC08モード燃費:28.0㎞/L

価格:135万円~187万1400円

〇チェックポイント

多彩な便利アイテムは日常的な用途にも重宝する。独創的ともいえるスクエアなボディ形状が特徴で、全高が1800㎜を超える箱型フォルムはまるで商用バンのような佇まいで、外から見ても室内の広さが推察できる。その空間が快適でなおかつ実用的なのがウェイクのセールスポイントである。採用されている機能や装備はレジャーユースに特化した感があるものの、日常的な場面でも重宝することは間違いないだろう。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

5~11万円

・一言コメント

実用性は全項目で☆5の評価を獲得している。レジャーユースを中心に様々なニーズを魅力的にサポートしてくれる。

〇ウェイク 画像

01_01 01_04 07_01_02 07_01_03 07_01_01 07_01_04 07_01_05 main01

(出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm)

〇車名:ムーヴ/ムーヴカスタム

低燃費・低価格という軽自動車の本質を追求したモデルで、軽ワゴンタイプの中でもワゴンRと双璧をなす売れ筋モデルなのだ。

〇スペック

全長:3395㎜
全幅:1475㎜
全高:1630㎜
ホイールベース:2455㎜
車重:820kg
最小回転半径:4.4m
エンジン:直列3気筒DOHC
総排気量:658㏄
最高出力:52ps/6800rpm
最大トルク:6.1kgm/5200rpm
JC08モード燃費:31.0㎞/L

価格:111万2400円~174万9600円

〇チェックポイント

安心感を重視するなら間違のない選択肢となるだろう。背の高い軽自動車のよに突出した機能や性能は備えていないが、走り、居住性、実用性といった基本的なパフォーマンスが高い次元で調和されている。中でも安全性については予防・衝突安全の両面でハイレベルな能力を持つ。スマートアシストⅢの採用だけでなく、操縦安定性に優れているなど、スモールカーでも安心を求める人のニーズを満たしてくれる。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

6~12万円

・一言コメント

すべての項目で軽自動車トップクラスの評価を獲得している。軽自動車でも走りと安全性のバラスをとことん追求している。

広くて使い勝手がよく走行中の静粛性も抜群。車内はスモールカーであっても、乗る人を満足させるべく上質さが追及されている。運転席周りはデザインと実用性を高い次元で両立した作りこみがなされ、各種機能がスムーズに扱える。静粛性に優れているのもムーヴの美点だ。吸音材を最適配置し、ステアリングの支持剛性を高めることでノイズや振動を抑制している。

アナログとデジタルを組み合わせたメーターは、デザイン性にこだわりながら情報の認知がしやすいよう配慮されている、文字や表示が大きい。室内のひろあを生かして多彩なシートアレンジが可能となっている。車内でくつろいだり、長めの荷物を積載したり用途に応じて使える。荷室は開口部が広く、タイヤハウスの張り出しが抑えられていて大きめの荷物も積みこみしやすい。

カスタムは伸びやかなシルエットやダイナミックな造形でスポーティに仕上げられている。

〇ムーヴ/ムーヴカスタム 画像

07_01_07 07_01_08 07_01_09 07_01_010 07_01_011 07_01_01 07_01_02 07_01_03 07_01_04 07_01_05 07_01_06 07_01_12 07_01_13 07_01_14 07_01_15 07_01_16 07_01_17 07_01_18 07_01_19 07_01_20 main01

(出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/04_interior.htm)

〇車名:ムーズキャンバス

オシャレで可愛らしいスタイルが特徴。一部改良ではスマートアシストⅢが採用され、これまで以上に安心感が高められている。

〇スペック

全長:3395㎜
全幅:1475㎜
全高:1655㎜
ホイールベース:2455㎜
車重:920kg
最小回転半径:4.4m
エンジン:直列3気筒DOHC
総排気量:658㏄
最高出力:52ps/6800rpm
最大トルク:6.1kgm/5200rpm
JC08モード燃費:28.6㎞/L

価格:118万8000円~166万8600円

〇チェックポイント

見た目のかわいらしさと裏腹に実力はハイレベルだ。愛らしいスタイルを特徴とするが、デザイン性だけでなく機能性を両立していることから、実利を求めるユーザーも納得して選べるはず。運転のしやすさはスマートに扱えることを重視した特性は車に疎い人でも、その良さが実感できる。低燃費で経済面でもメリットが享受できて、さらに安心、安全なドライブモードをサポートする。字強くはのスモールカーといえるだろう。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

6510万円

・一言コメント

運転がしやすく、スマートに乗りこなせるという特徴は、女性ユーザーに最適。おしゃれなスタイルな愛着も深まる。

〇ムーヴキャンバス 画像

07_01_06 07_01_07 07_01_08 07_01_01 07_01_02 07_01_03 07_01_04 07_01_05 07_02_01 07_02_02 07_02_03 07_02_04

(出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/04_interior.htm)

〇車名:キャスト

軽自動車でも基本性能の高さと個性を重視したい人にふさわしいモデルだ。スタイル/アクティバ/スポーツの3タイプを用意している。

〇スペック

全長:3395㎜
全幅:1475㎜
全高:1600㎜
ホイールベース:2455㎜
車重:840kg
最小回転半径:4.7m
エンジン:直列3気筒DOHC
総排気量:658㏄
最高出力:52ps/6800rpm
最大トルク:6.1kgm/5200rpm
JC08モード燃費:30.0㎞/L

価格:122万5800円~177万1200円

〇チェックポイント

クオリティの高さと普遍的な魅力を持つ。既存の軽自動車とは一線を画す質の高さと、普遍的な魅力を持ったモデルだ。1台で様々なニーズを満たす個性的なバリエーションをそろえている。キャラクターを明確に打ち出しているが、軽自動車に必要なパフォーマンスをしっかりと備えているあたりはダイハツ車らしいポイントといえる。使い勝手の良さはもとより、経済性や安全性も高い水準の能力を備えているモデルだ。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

5~10万円

・一言コメント

3タイプそれぞれに個性を主張しているが、基本性能の高さは折り紙付き。ルックス重視で選んでも性能には満足できる。

〇キャスト 画像

01_01 01_02 01_03 07_01_01 07_01_02 07_01_03 07_01_04 07_01_05 07_01_06 07_02_01 07_02_02 07_02_03 07_02_04 07_03_01 07_03_02 07_03_03 07_03_04 07_03_05 07_03_06 07_04_01 07_04_02 07_05_01 07_05_02 07_05_04 main01

(出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/04_interior.htm)

〇車名:ミライース

軽自動車の本質である「低燃費・低価格」に加え、安全と安心を追求。スモールカーでも多くのベネフィットが得られるモデルだ。

〇スペック

全長:3395㎜
全幅:1475㎜
全高:1500㎜
ホイールベース:2455㎜
車重:930kg
最小回転半径:4.4m
エンジン:直列3気筒DOHC
総排気量:658㏄
最高出力:49ps/6800rpm
最大トルク:5.8kgm/5200rpm
JC08モード燃費:28.0㎞/L

価格:84万2400円~133万9200円

〇チェックポイント

必要な機能に的を絞った造りに潔さを感じさせる。シンプルであることがミライースの美点といえる。近頃は他車との差別化を図るべく、個性を主張するために加飾を加えたり、実用的な機能や装備を過剰に採用する車が増えた。その中にあってミライースは、走行性能と燃費のバランスやドライバーをサポートする安全性など必要な機能に的を絞り、軽自動車の本質に真摯に追及した造りがなされている。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆☆☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

3~7万円

・一言コメント

シンプルな造りゆえに居住性や実用性で評価を下げているが、運転のしやすさは高い水準となっている。経済性も高い評価を獲得している。

運転席周りは、左右に広がる水平基調のデザインが特徴。すっきりとした造形によって圧迫感がないシンプルな空間に仕上げている。シートは黒を基調としたモダンなデザインとし、表皮は手触りがよく立体的な柄があしらわれている。巧なパッケージング技術によって室内は広い頭上空間と上方視界を確保している。

優れた視認性を実現する白色LEDの自発光式デジタルメーターを全車に採用している。助手席からエアコン操作部周辺まどを小物置きとしたインパネロングアッパートレイも使い勝手抜群だ。車内の作りはシンプルで無駄な装飾がされていない。荷室は買い物の荷物程度ならば充分な余裕がある。

スマートアシストⅢは歩行者対応の衝突回避支援ブレーキやオートハイビームも装備している。

〇ミライース 画像

01_02 07_01_01 07_01_01 07_01_02 07_01_02 07_01_03 07_01_03 07_01_04 main01 main01

(出典:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/04_interior.htm)

〇車名:ミラココア

見た目もネーミングも愛らしく、洒落たデザインや気軽に運転できる扱いやすさによって、特に女性ユーザーから支持されている。

〇スペック

全長:3395㎜
全幅:1475㎜
全高:1530㎜
ホイールベース:2490㎜
車重:810kg
最小回転半径:4.5m
エンジン:直列3気筒DOHC
総排気量:658㏄
最高出力:52ps/6800rpm
最大トルク:6.1kgm/5200rpm
JC08モード燃費:29.0㎞/L

価格:118万8000円~165万2400円

〇チェックポイント

独特の個性こそが他車にない付加価値のミラココア。群雄割拠の軽自動車クラスでは、他車にない個性が付加価値として有効となる。ミラココアはその点でとことんつめたモデルといえるだろう。160通りにも及ぶ内外装のカラーバリエーションが用意されユーザーが好きに選べるというのは、車を選ぶうえでの+αとなる要素でもある。オシャレ感覚の高い女性ならばなおのこと魅力的に感じるだろう。

〇各種データ(1~5段階で評価)

・動力性
→市街地での取り扱いやすさ  ☆☆☆☆
→高速回転域でのふけあがり  ☆☆☆
→加速のスムースさ      ☆☆☆☆
→エンジンとミッションの相性 ☆☆☆☆
→環境対応技術の採用度    ☆☆☆

・足回り
→直進安定性         ☆☆☆☆
→操舵に対する正確性     ☆☆☆
→コーナリング時の安定性   ☆☆☆
→前席の乗り心地       ☆☆☆☆
→後席の乗り心地       ☆☆☆☆

・運転のしやすさ
→運転視界          ☆☆☆☆
→車両感覚のつかみやすさ   ☆☆☆☆
→小回り性          ☆☆☆
→スイッチの操作性      ☆☆☆☆
→メーターの視認性      ☆☆☆☆
→着座姿勢の取りやすさ    ☆☆☆☆

・居住性
→後席への乗降性       ☆☆☆☆
→リヤシートの座り心地    ☆☆☆☆
→後席のスペースの広さ    ☆☆☆
→走行時の静粛性       ☆☆☆

・実用性
→収納スペースの数と使いやすさ☆☆☆
→シートアレンジの種類と合理性☆☆☆
→荷室スペースの広さ     ☆☆☆
→荷室の使い勝手       ☆☆☆

・安全性
→予防安全装備の充実度    ☆☆
→衝突安全に対する配慮    ☆☆☆
→危険回避時の安定性     ☆☆☆

・経済性
→燃費性能          ☆☆☆
→コストパフォーマンス    ☆☆☆
→リセールバリュー      ☆☆☆

〇値引き金額(参考値)

6~13万円

・一言コメント

誰にでも気軽に扱えることが重視されており、経済性にも優れる。見た目も中身も満足できる車となっている。

〇ミラココア 画像

07_01_02 07_01_03 07_01_04 07_01_01 07_02_01 07_02_02 07_02_03

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク