nboxの燃費や口コミ情報!タント、ekスペース、スペーシアと比較

pic_styling_nm_cs

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

ホンダが送り出した新型N-BOXの新型は軽自動車の概念を覆したといっても過言ではない。それほどの評価を受けている。その実力はいかほどなのか。ライバル車である、タント、ekスぺース、スペーシアと比較をしてみる。

 

スポンサーリンク

◆走り応え満点の新型N-BOX

pic_styling_cs_01

・N-BOX

N-BOXは軽自動車で唯一、遠くの車両まで正確に細くできるミリ波レーダーを使用し、速度調整や車間距離を調整、さらにはハンドル支援をしてくれる運転支援機能「ホンダセンシング」を装備。その疲労度低減効果、安心感はやはり高い。

さらに走行振動特性がいいのも好印象だ。シャシーは高い剛性の中に適度な”いなし”効果を持っている。ギャップ乗り越えや路面つなぎでも、4台中で最も快適といえる。しかもハンドル操作への素直な反応があり、レーンチェンジも過不足なく行える。

そして動力性能がまたいいのだ。CVTがステップ式で、追い越し加速などを行うとき速度上昇と回転上昇感が他の3車よりも調和しているし、排気音がいいのも好印象のポイントなのである。

・タント

気になる要素は、フロントホイールハウスの遮音が弱いのか、タイヤが発生するロードノイズとパターンノイズが大きいことだ。さらにはギヤ比が低く100㎞/h巡航での回転数がひときわ高く、エンジン音が大きいのも気になる。しかし、これらの音は音楽に紛れるレベルでもあり、気にならないならオススメしたモデルでもある。路面つなぎ目では若干突き上げはあるが、ハンドル操作に最も素直に反応してくれるので、レーンチェンジを含めて院展しやすい。加速力も、ギヤ比の関係性とハンドルにあるパワーボタンを押すことで気持ちよく加速うる。穏やかに走りたいという要望以外はしっかりと答えてくれるだろう・

・スペーシア

基本は硬めの味付けで、タントと同様に路面のつなぎ目などではコツコツと突き上げ感がある。特に気になるところは、わだち路面や片輪だけギャップに乗ったときなど若干直進性を奪われやすい。もう少し横宝庫の”いなし”が欲しいところだ。さらに言うと硬さがありながら、ハンドルのセンター付近に指一本分程度の不反応帯があり、レーンチェンジでの適正なハンドル操作がしづらい。

好印象はエンジン。Sエネチャージの効果だろうか、再加速時も含めて車が抵抗少なく前に進む感覚がとても気持ちいいのだ。

・ekスペース

走る速度域によっては、トップにもなれる特性を持っている。というのも、走行車線をゆくりと走っている分には、タイヤと足回りやボディが適度に路面からの入力を吸収していなしてくれる。しかし、速度が高まり路面からの入力不可が高まるとともに、徐々に吸収しきれない走行振動が生じ始める。しかもその振動収束が遅く、フロア振動を含め共振しやすい。ただし、静かさと適度な加速力があるので、のんびり走る人にはお勧めである。

スポンサーリンク

◆N-BOX,タント、スペーシア,ekスペースのスペック

pic_styling_nm_cs

・N-BOX

グレード:N-BOX GLターボホンダセンシング
全長:3395㎜
全幅:1475㎜
全高:1790㎜
ホイールベース:2520㎜
車重:910kg
パワーユニット:直ⅢDOHCターボ
総排気量:658㏄
最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:10.6kgm/2600rpm
ミッション:CVT
JC08モード燃費:25.6㎞/L
タイヤサイズ:155/65R14
価格:169万5600円

・スペーシア

グレード:スペーシア カスタムZターボ
全長:3395㎜
全幅:1475㎜
全高:1735㎜
ホイールベース:2425㎜
車重:890g
パワーユニット:直ⅢDOHCターボ
総排気量:658㏄
最高出力:64ps/6400rpm
最大トルク:9.7kgm/3000rpm
ミッション:CVT
JC08モード燃費:26.8㎞/L
タイヤサイズ:165/55R15
価格:159万8400円

・タント

グレード:タントカスタムRS トップエディションSAⅢ
全長:3395㎜
全幅:1475㎜
全高:1750㎜
ホイールベース:2455㎜
車重:960kg
パワーユニット:直ⅢDOHCターボ
総排気量:658㏄
最高出力:64ps/6400rpm
最大トルク:9.4kgm/3000rpm
ミッション:CVT
JC08モード燃費:26.0㎞/L
タイヤサイズ:165/55R15
価格:174万9600円

・ekスペース

グレード:ekスペースカスタムT セーフティパッケージ
全長:3395㎜
全幅:1475㎜
全高:1755㎜
ホイールベース:2430㎜
車重:960kg
パワーユニット:直ⅢDOHCターボ
総排気量:659㏄
最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:10.0kgm/3000rpm
ミッション:CVT
JC08モード燃費:22.2㎞/L
タイヤサイズ:165/55R15
価格:182万8440円

スポンサーリンク

◆走りを追い求めるのか?

pic_color_custom_2tone

・タント

基本的な乗り味は硬めだが、その分だけ路面状況がつかみやすいのが好印象だ。とくにワインディングではそれが安心して気持ちよく走れる特徴を生み出す。またハンドルにあるパワーボタンは慣れてくるとお手も使いやすい。加速力が足りないと思ったら親指で押すだけと操作は簡単、手軽だ。

ややシャシーが突っ張っているような跳ねる動きもあるが、そのような現象も手に取るようにわかり、ドライバーとしても対処しやすい。高い剛性によりブレーキを踏みながらハンドルを切るなどの複合作用にも的確に応じてくれる。ちなみに路面が奇麗な環境での乗り味は、ハンドル操作への反応の素直さも相まってピカイチだ。

・N-BOX

風切り音が少ない低速では、若干フロントから発生するロードノイズが気になる。また、再加速操作に退避t、変速が行われなていない駆動を始めるまで若干時間がかかり、駆動したかと思うと、グイっと動く唐突さが気になる。

乗り心地は大きな不満はないくらいの完成度を誇る。さらには4台とも同じ場所でUターンをすると、その取り回し性能は他を圧倒している。ワインディングではタイヤのサイズが小さいので、複合操作に弱いなお仕方ない要素はある。とはいえ、リヤサスがさすブッシュのヨレを介して横方向に車体が動き、トー変化をするのは抑えてほしいところだ。車体が動いてもいいが戻りをもっとリニアにしないと、ハンドルの切り込みと戻しで違和感があり、気持ちよく走れない。

・スペーシア

何よりもワインディングを気持ちよく走りたいという人は、迷うスペーシアを選んでみよう。加速力も力強いうえに、ボディおよび足回りの剛性、さらにはステアリングまわりのパーツなどの取り付け剛性が素晴らしいのだ。シートのサポート性も高く、複合操作によるスポーティドライブでも涼しい顔で答えてくれる。しかも荷重がかかるとより安定性が増して鋭く旋回する。車体が軽く硬めの味付けなので、まれに車体ごと路面のギャップで跳ね上げられるが、アクセルやブレーキ操作による荷重で、その跳ねる動きは抑え込める。

スポーティな反面、ナチ中ではかなり硬い。フロアのビリビリ振動もあるし、路面のギャップを拾うと直進安定性が犠牲になる。ハンドル自体も重く、取り回しで苦労する一面も。かなり硬派な味付けといえるだろう。

・ekスペース

走行ペースを上げる車の動きが落ち着かなくなる。それは重心が高く感じる要素が関係しているともいえる。足回りの伸び側の柔らかさがそう感じさせる面もあるのだろう。そもそもボディを含めた各部剛性が3台に比べ低いため、走行振動が発生して共振しやすいことや、スポーティな走りに不向きなセッティングでもある。逆にいうと、絶対にこれがイヤだという要素はない。いい意味で可もなく不可もなく仕上げられている車である。

◆燃費重視でも犠牲にするものも・・・?!

pic_styling_nm

軽自動車の魅力はやはり経済性で、高速道路の料金の安さもうれしいポイントだ。しかし、ひと昔前であれば、軽自動車はそのようなメリットがあるかわりに、乗り味や加速力が劣るので長距離は疲れるなどと言われてきた。しかし性能は大きく向上し、ロングドライブでも難なくこなせる魅力をプラスしているのがうれしいところだ。

経済性をさらに意識するなら燃費性能も大切になるが、これを得るには犠牲になる要素がある。ekスペースを基軸に考えると、以下のような特徴がある。

タントは加速力が弱いと感じさせないのはうまいとろろだが、基本は常時スーパーエコモード。本来エンジンが持つ鋭い加速を得たいならパワーボタンが必須だが、燃費との兼ね合いは悩ましいところだ。

同様の観点でスペーシアは、アクセルオフでは可能な限り低回転維持で変速する。再加速エスポンスこそ落ちるが、そこを電気の力で補おうとするのが、蓄電が少ないときには反応が悪く感じられるのだ。

そしてN-BOXは最新型であり駆動ていこうの低減をとことん行った効果もあるが、アクセル操作への反応が全般的に穏やか。鋭く加速したいときなどのシーンでは、若干の反応時間が必要となる。何事も犠牲なく結果を得るのはできないということだ。そういう意味ではekスペースが癖なくスタンダードとも表現できる。

最新のトールタイプ軽自動車で気づいたことがあるのだが、そもそもこのクラスといえば、ぐらつきやすいということもあり避けていた人も多いことだろう。しかしボディは四隅にタイヤが配置された車両姿勢変化が抑えられるパッケージに加えて、その長いホイールでも硬すぎでは?と思えるレベルまで剛性は向上しているのである。背景には衝突安全要求もあるだろうが、スペーシアやタントのようにアグレッシブなスポーティドライブにも応えてくれるモデルもある。乗り心地とのバランスを求めるならN-BOXがいいし、ゆったりと余裕のある移動が主体ならekスペースを選ぶのもいいだろう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク