スバルbrz トヨタ86 違い FRスポーツ徹底比較

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

トヨタのスポーツカー戦略の象徴的存在となる86GR。その走りを公道で徹底チェック。同門のBRZ STIスポーツとの違いはどこにあるのか?また、マツダロードスターとあわせてFRの真髄に迫ってみよう。

 

スポンサーリンク

◆86vsBRZ 同じ素材でも・・・

1

トヨタの86GRは限定販売ではないものの、カタログモデルではないスペシャルバージョンとしてラインナップされるのに対し、スバルのBRZ STIスポーツは型式認定を取得したカタログモデルの最上級バージョンとして設定されているのが大きな違い。価格的にもBRZは353万1600円なのに対して、86GRは496万8000円と143万6400円も高くなる。

それはいうまでもないが「手を入れている」領域の違いでもあり、トヨタのGRはより高いスポーツ性能を追求してザックス製ダンパーをさらに高次元にチューニング。一方スバルBRZはあくまでもカタログモデルとしての範囲内でSTIの名にふさわしいスポーティな走りを追求したチューニングとなっている。エンジン、トランスミッションといったパワートレインは両車ともにベースモデルからの変更はなく、BRZ STIスポーツには6速MTのほか6AT仕様の設定もある。

・ボディサイズ

BRZは基本的にベースモデルからの変更はない。

一方86GRは全長が50mm延長されて4290mmとなり、全幅は15mm拡大されて1790mmとなる。これはフロントに装着されたカナード状のリップスポイラーとワイド化されたリアタイヤをカバーするフェンダーエクステンションによるものである。

水平対向4気筒エンジンは両車ともにベースモデルからの変更はなく、最高出力207ps/7000rpm、最大トルク21.6kgm/6400-6800rpm。エンジンルーム補強バーはBRZではSTIのフレキシブルVバーとなる。

・タイヤ

両車ともにミシュランパイロットスポーツ4を装着している。ただしサイズについてはBRZが前後ともに215/40R18としているのに対し86GRはフロント215/45R17、(ベースモデルとサイズは同じ)、リヤ235/45R17と前後異サイズなのだ。サスペンションチューニングの違い、トヨタとスバルの目指す操舵安定性の違いが感じられるチョイスとなっている。

・ブレーキ

明らかに「お金をかけている」と感じられるのがGR。フロントには大径ドリルドフローティングマウントローターを奢り、モノブロックの対抗6ピストンキャリパーを装着。リアもモノブロック対向4ピストンキャリパーだ。

一方のBRZは前後ともにブレンボ製のシステムで、フロントが対向4ピストン、リアが対向2ピストンキャリパー。これでも充分ハイパフォーマンスなブレーキなのだが、86GRと並べるとちょっと迫力不足に感じてしまう。

86GRの対向6ピストンモノブロック&2ピースフローティングローターはやはり迫力がある。リアは86GRが対向4ピストンでBRZは対向2ピストン。タイヤは両車ともにミシュランパイロットスポーツ4だが、BRZ STIスポーツが前後215/40R18ナノに対し86GRはフロント215/45R17、リヤ235/45R17。サスペンションは両車ともにザックスダンパーを採用するがチューニングが異なる。

・インテリア

レカロ製専用バケットシートを装着する86GRに対し、BRZはバケットタイプのスポーツシートではあるがGRほどのタイトさはなく、ロングツーリングではリラックスできる。ブラックに統一されたGRに対し、BRZは競り-レッドのステッチやシート表皮のコンビカラーで華やかな印象がある。

スポンサーリンク

◆気になるFRスポーツの走り

2

見た目からしてGRはアグレッシブ。まるでGTマシンのようなフロントリップスポイラー、そこからフェンダーサイドにつながるカナード形状のサイドフィンが印象的で、基本的にベースモデルから変更されていないBRZ STIとは対照的。これによって86GRはベースモデルよりも全長が50mm伸びて4290mmとなっている。

後ろ姿もダックテール形状のリアスポイラーがノーマルタイプのリアウイングとは異なっており、GRであることをアピールしている。バンパー下部のデザインも変更されており、センター1本だしのマフラーが大胆なデザインだ。ドライビングランプのような大きなバックランプが左右に2灯配置されており、これと合わせて特徴的な後ろ姿を作り出している。

全体的にアグレッシブでレーシーな雰囲気を醸し出すエクステリアなのだが、ちょっと残念なのがホイールの外面がフェンダーからちょっと奥にある点。あと10~15mm外にだして”ツライチ”になるともっとかっこいいだろう。

ブレーキはいかにもお金がかかっていそうなハイパフォーマンスタイプ。前後ともにモノブロックの対向ピストンキャリパーを使っていて、特にフロントは6ピストン。ローターも大きく、しかも2ピースタイプのドリルド。これはいかにも”効きそう”と思えるだろう。実は2ピースタイプはハブ一体型よりも低コストで交換できるので効率的なのだ。リアブレーキも4ピストンをおごっていて、これはサーキットを走っても充分に対応できるブレーキなのだ。

BRZ STIのブレーキは前後ともにブレント製のシステムを採用しているのだが、ローター径は86GRのほうが大きく、また1ピースタイプ。しかし形状を見るときちんと放熱しやすい形状となっており、こちらのブレーキも通常の使い方では充分すぎるパフォーマンスを持っている。フロントは対向4ピストンタイプでリアは対向2ピストンとなる。

タイヤサイズは17インチで前後異サイズの86GRに対してこちらは18インチの前後同サイズ。幅は215でベースモデルの215/45R17と同じ。タイヤは両車ともにミシュランのパイロットスポーツ4を履いている。このタイヤサイズの違いはとても興味深く、トヨタとスバルの開発の狙い所の違いも見て取れる。リヤに235/45R17を履く86GRはあえて前後異サイズとしながらもリアにワイドトレッドを採用して操縦性を作り出しているのがわかる。

スポンサーリンク

◆86、BRZ、ロードスター試乗体験

3

・86GR

すーっと走り出した瞬間から「違い」を感じる。ボディががっちりしていて足がしなかやに動いてくれて、ちょっとした段差を乗り越えた後の収まりがいいのだ。ショートストロークのシフトノブは動きがスムーズで気持ちが良い。エンジンに変更はないものの、シフト操作のリズム感がよく、気持ちよく走ることができる。

低速コーナーの立ち上がりでアクセルを踏み込んだ時のトラクションがよく、しっかりと路面を捉えている。ノーズの入りもよく、ブッシングアンダーを感じることもない。少し速度を上げてスラロームのような左右の切り返しをすると、ノーマル86で感じた操縦安定性の不安定なところがなく、高いスタビリティで安心して動かすことができる。ノーマル86はこのような場面でスピンモードに入りそうな動きを感じ取りながら慎重にコントロールすることが求められるのだが、こちらは圧倒的に安定している。

ブレーキは初期タッチから制動力がぐっと立ち上がる。ブレーペダルを踏み始めてから実際に効き始めるまでのペダルストロークが小さく、減速Gの立ち上がりもシャープ。これはいいブレーキと感じるだろう。どんな速度域からでもイメージした制動力をドライバーの意思でコントロールしやすいブレーキなのだ。

パワステの制御もノーマルとは変わっているのだろうか。ステアリングを操作する感覚が”しっとり”としていて上質。切り始めは比較的軽いのだが、切り込んでいくと重さがましていき、戻しの動きいも適度な重さがある。あたかもステアリングの動きにダンパーが効いているような印象で上質な操舵感だ。

ちょっとネガティブさを感じるのが発進時のクラッチのつながりとエンジントルクの立ち上がり感のアンマッチ。クラッチペダル自体にちょっと引っかかり感があることに加え、ミート時少量のアクセル操作に対しエンジン回転がイメージした以上に上がってしまい、ちょっと過敏な印象なのだ。

・BRZ STIスポーツ

86GRとはずいぶんと異なるキャラクターと思わせる。GRで感じた”しっとり感”はない。GRはベースの86とはまったくの別物になっていたが、こちらはあくまでもベースのBRZの延長線上のフィーリングといえる。

クルマの動きは上下に対しても左右に対してもレスポンスがよく、よく動く印象だ。ドライバーの操作に対し敏感に反応するので小気味よさを感じる人もいるだろう。ブレーキのききもタッチも両車対照的。86GRのほうが効きもタッチもレーシングカーのようにシャープで強力。BRZ STIスポーツは、ストリートユースをターゲットとしたチューニングで、パッドのミューの立ち上がりが緩やかでペダルを踏み込んだ奥で効きをコントロールするイメージだ。

強く踏み込んでもロックしにくいブレーキで誰が乗っても制動力コントロールのしやすさを味わえる。86GRはペダルに足を載せた瞬間からググッと制動力が立ち上がり、効きのピークが早い段階で発揮されるので、より追い込んだ走りをするには、ちょっと制動力コントロールには慣れが必要である。

BRZが踏み込みながら制動力をコントロールするのに対し、86GRはペダル踏力を抜きながら効きをコントロールするイメージ。両車対照的で興味深いところだ。ドライバーの好みによっては、これがどちらがいいというのではなく、ちょっとした「味付け」の領域といえるだろう。

・ロードスター

先の2台とはまったく違った個性のFRスポーツで、ロードスターには、ロードスターの味わいがある。初代NA型から30年近くが経ち、今回のND型で4代目となったが、一貫して基本的なクルマの動き、操縦性などを変えていないところが大きな魅力。特別なことをすることなく、限定販売のスポーティ度を高めたモデルなどの投入頻度はかなり少なく、ベースモデルで勝負しているのもロードスターらしさ。細かくクルマを進化させて完成度を高めていくところなどはポルシェに通じるフィロソフィを感じる。

ブレーキは86GRやBRZ STIに比べるとローターも小さくキャリパーも小さいため容量自体は小さいのだが、パッドの面圧が高くペダルふぃーるへのフィードバックが大きく、ブレーキの状況をドライバーがつかみ取りやすい。

クルマ全体のフィーリングは、86GRが大型客船のようなイメージで、ちょっとした波などはモノともせずに安定して突き進んでいくのに対し、BRZ STIは中型船。小波の動きもドライバーに伝えて走らせる実感がある。ロードスターは波の手前、さざ波にもならない水面の小さな動きを捉えて、その動きをドライバーに感じさせながら走りイメージ。落ち着きながいと感じる人もいるかもしれないが、フィードバック性が高く、クルマの動きが手に取るようにわかり、思った通りにクルマを動かすことができるので、これは大きな魅力だ。

エンジンは1.5Lでパワーはそこそこなのだが、軽い車体なのでパフォーマンスは充分。5000rpmで頭打ちになりそうな気配はあるのだが、実際にはそこから7000rpmあたりまでしゅーんと気持ちよく伸びてくれる。

操縦安定性は、例えばロール自体は大きいのだが、ロールセンターがいい位置にあり、アウト側もイン側もタイヤの接地変化が起こらないためとても安定していてコントロール性は抜群。派手さはないが、とてもまじめに作り込まれたスポーツカーといえる。

◆86GR、BRZ STIスポーツ、ロードスターワンポイント

4

・トヨタ 86GR

ベースは86/BRZともに基本的は同じクルマであるが、86GRについてはトヨタの狙っている方向が本格的なサーキット走行にも対応した操縦安定性を誇り、ボディの補強など徹底しており、サスペンションやブレーキなどについてもワンランクもツーランクも上のパーツを使っている。

ベースの86とは全く異なるキャラクターのクルマに仕上がっている。

・スバル BRZ STIスポーツ

86GRが持ち込み登録、いわゆる改造車になるのに対し、BRZ STIスポーツは型式認定を受けたカタログモデルの最上級グレードという位置づけとなっているのが大きな違いだ。カタログモデルということで、一般的なドライバーにも違和感のないような間口の広いスポーツモデルとして開発されていることがわかる。一般道を気持ちよく走れるスポーツモデルといえるだろう。

・マツダ ロードスターRS

ロードスターには独特の世界感がある。1989年に登場した初代NA型から連綿と続く「これがロードスター」という、一本筋の通った個性があり、4代目となる最新のND型でもぶれはない。軽量な車体でドライバーの思い通りにクルマが動き答えてくれる。絶対的な速さであるとか、コーナリングスピードではなく、操る愉しさを味わえるのが特徴だろう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク