新型フォレスター最新画像公開!超絶進化度が凄すぎる!新型RAV4画像も!

20180327-20103757-carview-000-6-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

ニューヨークショーの日本車が大注目されている。スバルが3月28日から開催されているニューヨークモーターショー2018でつに新型の「フォレスター」を公開したのだ。今回世界初公開されたモデルは北米仕様のみということだが・・?新型フォレスターの最新画像をまとめたみた!また新型RAV4もついに初公開となった。C-HRとハリアーの中間に位置するモデルだけに、ミドルクラスSUV勢の勢力図が変化しようとしている。

 

スポンサーリンク

◆スバルの技術を粋を集めたフォレスター

20180327-20103757-carview-018-6-view

今回で5代目となる新型のフォレスター。量産型仕様はスバルが推し進めている「ダイナミックxソリッド」をボディ各所に取り入れたたふでSUVらしい塊感のあるエクステリアとなっている。

「スバル・グローバルプラットフォーム」、「ドライバーモニタリングシステム」の採用や、新エンジンとなる直噴2.5L水平対向4気筒エンジン、そして「X-モード」の採用が主なトピックとなる。

写真をみてわかるが、リアコンビランプはコの字型の造形が今回も継承されている。フロントも同じくコの字型のヘッドライトが受け継がれていることがわかる。

20180327-20103757-carview-000-6-view 20180327-20103757-carview-001-6-view 20180327-20103757-carview-002-6-view 20180327-20103757-carview-003-6-view 20180327-20103757-carview-004-6-view 20180327-20103757-carview-005-6-view

ボディサイズは全長が4625mmx全幅1815mmx全高1730mm、ホイールベースは2670mmとそれぞれ、+15mm、+20mm、-5mm、+30mmとなっている。

20180327-20103757-carview-006-6-view 20180327-20103757-carview-007-6-view 20180327-20103757-carview-008-6-view

そして気になるパワートレインは、これまでフォレスターといえば2Lや2.5Lの水平対向ターボをトップグレードに搭載していたが、新型からはFB25型の2.5LNAに加え、新たに先代XV&インプレッサスポーツが積んでいたFB20型2LNA+モーターのマイルドハイブリッドが用意される。PHVの採用はデビュー当初からはなしということになった。

20180327-20103757-carview-009-6-view 20180327-20103757-carview-010-6-view

ホイールベースを拡大することにより、室内空間が広くなり、後席のレッグスペースがかなり広くなっている。実はリアドアの開口部も拡大しており、最大1300mmの荷室開口部とスクエアな形状のカーゴスペースを得て、積載性も向上しているのだ。

 

20180327-20103757-carview-012-6-view 20180327-20103757-carview-013-6-view

新型フォレスターで今回初採用されている、「ドライバーモニタリングシステム」は、車内に設置されたカメラによってドライバーを認識し、走行中はドライバーの状態をモニタリングするのだ。ドライバーの登録は5名まで可能で、それぞれにあったシートポジション、ドアミラーの角度、空調設定を”自動で”調整をしてくれる優れもの。
走行中の居眠りや脇見運転を感知し、アラームを発することで警告を行う。また、アイサイトはバージョン3の搭載となり、全車標準装備となっている。

 

20180327-20103757-carview-014-6-view 20180327-20103757-carview-015-6-view 20180327-20103757-carview-016-6-view 20180327-20103757-carview-017-6-view

2.5リッター水平対向4気筒エンジンは、従来の2.5リッターエンジンの約90%を刷新し直噴化。環境性能と燃費性能を向上させた。ターボエンジンの設定は無くなりNAのみとなった。ミッションは変更無くCVTを搭載し、6速だったマニュアルモードを7速化している。「X-MODE」は、一部仕様においてスノー/ダート、ディープスノーの2つのモードを設定し、悪路走破性能を向上している。

20180327-20103757-carview-018-6-view 20180327-20103757-carview-019-6-view 20180327-20103757-carview-020-6-view 20180327-20103757-carview-021-6-view 20180327-20103757-carview-022-6-view 20180327-20103757-carview-023-6-view

また、トランスミッションは全車リニアトロニックCVTに統一されており、これは先進安全装備のアイサイトツーリングアシストを全車標準装備することになるためだ。伝統的な3ペダルMT&ビスカスLSDつきセンターデフAWDは廃止されることになった。

スポンサーリンク

◆新型フォレスター インテリア画像まとめ

20180327-20103757-carview-024-6-view 20180327-20103757-carview-025-6-view 20180327-20103757-carview-026-6-view 20180327-20103757-carview-027-6-view 20180327-20103757-carview-028-6-view 20180327-20103757-carview-029-6-view 20180327-20103757-carview-030-6-view

スバル・グローバルプラットフォームの採用と相まって、その進化度はかなりのものといってもいい。新型フォレスターは日本では6月に発表、7月から発売開始の予定だ。

 

スポンサーリンク

◆新型フォレスターエクステリア

20180327-20103757-carview-035-6-view 20180327-20103757-carview-036-6-view 20180327-20103757-carview-037-6-view

他には、自動開閉時の速度向上とクローズ後に施錠まで行うモードを追加した新型パワーリアゲート、サイドブレーキの電動化、後席用のエアコンダクトとUSBポートなどが採用されている。

今回公開された情報はあくまで北米仕様のものだが、これまでフォレスターのキャラクターの一つでもあったターボモデルは北米のみならず、全面的に廃止となったようだ。国内モデルが2.5リッターのみというのは考えにくいところだが、ターボ無しでどのようなラインアップになるのか続報を待ちたい。国内での現行モデルのオーダーは4月16日で終了とのこと。

20180327-20103757-carview-038-6-view 20180327-20103757-carview-039-6-view

 

◆トヨタ新型RAV4、2019年登場

20180328-20103761-carview-000-1-view 20180328-20103761-carview-001-1-view 20180328-20103761-carview-002-1-view 20180328-20103761-carview-003-1-view 20180328-20103761-carview-006-1-view 20180328-20103761-carview-007-1-view 20180328-20103761-carview-008-1-view

1994年の初代誕生以来、日本では3代目モデルまで販売されながら2016年に生産中止となったライトクロカンの元祖、RAV4。

日本では現行ハリアーの2Lガソリンモデルがその後継車的位置づけになっていたがm実は北米では2013年にハリアーとプラットフォームを共有する現行4代目モデルにフルモデルチェンジされた。

しかし、ここ最近のクロスオーバーSUV人気の後押しもあり、ニューヨークモーターショー2018でデビュー。日本での販売を復活させることになる。

この新型RAV4、トヨタの新世代車両技術であるTNGAが盛り込まれており、プラットフォームやパワートレインを一新。

・新型RAV4のパワートレイン

パワートレインは現行カムリに搭載された直4、2.5L+モーターのハイブリッドに加え、新開発となる直4、2LDOHCが加えられる。

このハイブリッドシステムには新型「E-FOUR」を採用し、操縦安定性と走行安定性のレベルを高めている。ガソリン車には、新4WDシステムとなる「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用し、低燃費と優れた操縦安定性を両立する。

ダイナミックトルクベクタリング4WDはトヨタ車初採用となる。4輪の左右駆動力を最適化するトルクベクタリング機構により、コーナリングや悪路走行時に優れた操縦安定性でトラクション性能を発揮する。

メインとなるハイブリッドはJC08モード燃費30.0km/Lをターゲットに開発が進められている。

車格的には現在販売好調はc-HRより一回り大きなボディサイズとなり、ハリアーとC-HRの中間を担うことになりそうだ。日本での販売開始は2019年となる見込み。

・RAV4のボディサイズとインテリア画像

新型RAV4のボディサイズは、全長4595mmx全幅1855mmx全高1700mmと現行モデルに比べ、全長と全幅が5mmプラスに、全幅は10mm拡大。ホイールベースは30mm長くなっている。

20180328-20103761-carview-004-1-view 20180328-20103761-carview-005-1-view 20180328-20103761-carview-009-1-view 20180328-20103761-carview-010-1-view 20180328-20103761-carview-011-1-view 20180328-20103761-carview-012-1-view 20180328-20103761-carview-013-1-view 20180328-20103761-carview-014-1-view 20180328-20103761-carview-015-1-view 20180328-20103761-carview-016-1-view 20180328-20103761-carview-017-1-view 20180328-20103761-carview-019-1-view 20180328-20103761-carview-020-1-view 20180328-20103761-carview-021-1-view

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク