カローラ 新型は2018年6月26日発売!スペック、エンジン、カラー詳細判明!

3

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

カローラシリーズの久々のハッチバックモデルとなる現行型オーリス後継車、カローラスポーツ。新型カローラスポーツは6月26日に発表、発売となるのだが、今回はパワートレインの詳細とグレード構成が判明したのでそれをお伝えしよう!
スペック、エンジン、カラーの詳細も分かってきたぞ!さらに新型レクサスESの情報も!

スポンサーリンク

◆感動的なデザインとパワートレイン

3

まずは、日本仕様のパワートレインは直4、1.8L、DOHC+モーターの2種類となる。期待されていた新開発の直4、2LDOHCのダイナミックフォースエンジンにハイブリッドを組み合わせた新型2Lのハイブリッドの設定は残念ながら見送られることになった。

5月下旬には全国のカローラ店で事前受注の受付がスタートをする。

1.8Lハイブリッドの駆動方式はFFのみで、トランスミッションはこれまでのトヨタハイブリッド車同様、電気式無段変速を踏襲する。

1.2LターボはFFと4WDの2種類を設定し、トランスミッションはFFが新開発のダイレクトシフトCVTと6MT、4WDがダイレクトシフトCVTのみの組み合わせとなる。

シャシーにはTNGAのGA-Cプラットフォームを採用するが、グレード構成は1.8Lハイブリッド、1.2Lターボともに上級グレード順に「GZ」、「G」、「GX」というシンプルなものに。

また、ボディカラーも判明し、

オキサイドブロンズメタリック、

スカーレッドメタリック、

シアンメタリック、

スーパーホワイトⅡ、

ホワイトパールクリスタルシャイン、

シルバーメタリック、

アティチュードブラックマイカ、

ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

の全8色の展開となる。

さらに、今回のカローラスポーツから2018年10月から義務化されるWLTCモードについてもトヨタ車としては初の記載ということになる。

1.8LハイブリッドのJC08モード燃費は30.0~34.2km/L、WLTCモードは25.6~29.6km/L。

一方、1.2LターボはJC08モードが18.0~19.6km/Lで、WLTCモードは16.4km/L。

予想価格は180万円~280万円で、250psを発揮する直3、1.6Lターボを積んだGTは1年後に追加設定される予定である。

こちらも登場が楽しみのモデルだ!

スポンサーリンク

◆カローラスポーツ スペック

20180323_01_27_s

・GZ1.2Lターボ

全長:4370mm
全幅:1790mm
全高:1435mm
ホイールベース:2640mm
車重:1430kg
エンジン:直4DOHCターボ
排気量:1196cc
最高出力:116ps/5200-5600rpm
最大トルク:18.9kgm/1500-4000rpm
システム出力:—-
JC08モード燃費:18.0~19.6km/L
ミッション:ダイレクトシフトCVT
予想価格:180-240万円

・GZ1.8ハイブリッド

全長:4370mm
全幅:1790mm
全高:1435mm
ホイールベース:2640mm
車重:1480kg
エンジン:直4DOHC+モーター
排気量:1797cc
最高出力:99ps/5200rpm
最大トルク:14.5kgm/4000rpm
システム出力:136ps
JC08モード燃費:30.0~34.2km/L
ミッション:電気式無段変速機
予想価格:220-280万円

スポンサーリンク

◆レクサスESがついに日本上陸へ!

c7def560-2b6e-4da5-9bb9-e6c34e1e3584

北京モーターショーでワールドプレミアされた新型レクサスES。カムリのレクサスモデルとなるわけだが、レクサスGSは現行モデルで終了となり、ハイパフォーマンスモデルのGS Fについては新型は開発継続中となっている。

その代わりにこの新型ESが新たに日本導入される予定である。

パワートレインとなるのはカムリと同じ直4、2.5Lのハイブリッド(178ps/22.5kgm、システム出力211ps)のみ。

すでに2017年11月、トヨタは特許庁に「レクサス ES300h」を商標登録していることから、このモデル名でまずはハイブリッドモデルが2018年末にはデビューするとみられる。JC08モード燃費は28.0~33.0km/L。

デビューから1年後には新開発の直4、2.5Lターボを積むES350も追加設定される見込みでターボとハイブリッドの2本立てになる。

予想価格は450~550万円ほどになるだろう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク