新型シビックタイルR日本上陸速報は?

n298

ホンダファン必見!
新型シビックタイプRがいよいよ日本に上陸!?

現在日本国内で販売されているホンダ車には強烈な
スポーツモデルが存在していない、というのがありますよね。

 

2ドアクーペのハイブリッドモデルのCR-Zはありますが、
1990年代後半から2000年代中盤にかけて
ホンダFFシリーズの強烈なイメージリーダーと
なっていた、

タイプRシリーズのようなインパクトがなくなって
しまいました。

 

シビックタイプRは2012年6月に販売終了となって以来、
タイプRは”空席”状態となっています。

 

2015年には欧州デビューを予定しているシビックタイプRは

300ps/40.8kgmと予想されており、4.2Lターボを搭載、
徹底的にハンドル性能も鍛え上げたもので、

FFニュルブルクリンク最速タイプを虎視眈々と狙っています。

今のレコードホルダーはルノーメガーヌRSトロフィーの

7分54秒36

を上回るタイプを公式ではないにしろ、
出しているということから、

新型シビックタイプRへは期待をしてしまいますね。

日本のデビューは2015年の秋ごろに予定をされています。

>>>ホンダ2015年の新車情報はこちらへ!

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

FFでトルクが40kgmを超えるとは恐るべき、というところで、
これだけのトルクを前輪2輪のみで伝えるのですから、

電子制御技術なくしての進化はありえなかったでしょうね。

2014年の年末からやっと動き始めた!?ホンダ。

次期型NSXのデビューも控え、
2月ごろには、満を持して、軽本格スポーツカーS660
発表を予定しています。

さらには、

S1000、S2000の開発も伝わってきています。

2015年はホンダへの注目度も高くなりそうですね!

 

>>>ホンダやその他メーカーの新型情報はこちらへ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク