レクサス 新型プレミアムコンパクトカーで女性ユーザー獲得へ!200万円台でスペックは?

3

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

2005年の日本でのブランド導入開始以来、まもなく13年が経過しようとしているレクサス。ISとGS、SCの3モデルから始まったレクサスも現在では11車種にまで拡大をしている。。

2018年3月までに国内での累計販売台数は50万台を突破している。

そこで必要とされるのがさらなる車種ラインナップの拡充だ。グローバルで売れ筋カテゴリーとなっているSUVでは、ラグジュアリーモデルのLF-1、コンパクトSUVのUXなどがスタンバイしている。

最小のコンパクトハイブリッドやESなどのセダン系、LC派生などのスポーツモデル系も続々とデビューを控えている。

スポンサーリンク

◆レクサス LF-1

20180116124305

ポルシェカイエンが築き、隆盛を迎えている快速のラグジュアリーSUVモデルの世界に、レクサスから切り札が登場する。

それこそがこのLF-1で、基本的には2018年1月のデトロイトショーで公開されたコンセプトモデルの「レクサスLF-1リミットレス」をベースに量産仕様化される。

ボディサイズは全長5005mm、全幅1980mm、全高1595mm、ホイールベースは2990mmという実に堂々としたモデルで、レクサスSUVファミリーの頂点に君臨する。

パワートレインはV6、3.5Lハイブリッドに加えてFモデル用にV8、4Lツインターボも設定される。

予想価格は1350~1800万円

・レクサスLF-1 スペック予想

全長:5005mm
全幅:1980mm
全高:1595mm
エンジン:V6 DOHC+モーター、3.5L
最高出力:299ps
最大トルク:36.3kgm
ミッション:電気式無段変速
価格:1350万円

スポンサーリンク

◆レクサス プレミアムコンパクトモデル

3

同ブランド初となる200万円台のエントリー価格設定になりそうな”最も小さきレクサス”。

全長は3995mmと扱いやすいサイズで、女性ユーザーへアピールをする。

パワートレインは1.5Lハイブリッドと独自開発の3L、1.6ターボ搭載が有力か!?

価格は300万円以下に設定をする。

・レクサスプレミアムコンパクト スペック予想

全長:3995mm
全幅:1750mm
全高:1450mm
エンジン:直3DOHC+モーター、1.5L
最高出力:74ps
最大トルク:11.3kgm
ミッション:電気式無段変速
価格:290万円~

スポンサーリンク

◆レクサスES

27200528321_13cf_o

レクサスのセダン系モデルでは唯一、FFを採用するESが2018年末、7代目に切り替わるのだが、これを機に基本にも導入されることになる。

現在販売されているGSは現行型をもってモデル廃止となり(スポーツモデルのGS Fのみ次期型を開発継続)、このESが現在のGSのポジションに置き換えられる。

日本では1992~2006年までウインダムとして日本仕様が販売されていたが、今回初めて正式にレクサスES300hとして日本での販売ラインナップに名を連ねる。

基本的には現行カムリと共通のTNGAプラットフォームを採用し、パワートレインも新開発の直4、2.5L+モーターのハイブリッドを搭載する。

また、1年後には新たに開発をする直4、2.5Lターボを積んだES350が登場予定だ。

・レクサスES300 スペック予想

全長:4975mm
全幅:1865mm
全高:1445mm
ホイールベース:2870mm
車重:1680kg
エンジン:直4、DOHC+モーター、2.5L
最高出力:178ps/5700rpm
最大トルク:22.5kgm/3600-5200rpm
システム出力:211ps
ミッション:電気式無段変速
価格:450-550万円

◆レクサスLS F

2

2017年、11年振りにフルモデルチェンジを実施したレクサスのフラッグシップLS。現行モデルもそのスポーツグレードとしてスポーツを用意しているが、LSスポーツの最高峰となるLS Fが早くも登場する予定だ。

注目のパワートレインには新たにLC F用に開発されたV8、4Lツインターボが採用される。

このV8ツインターボ、670ps/66.3kgmとメルセデスAMG S63のV8、4Lツインターボの612ps/91.8kgmをもしのぐパワーが与えられるというからかなり期待できる・

クーペのRC F、そしてセダンのGS Fの上に君臨するレクサスFモデルのフラッグシップとしての位置づけ。組み合わされるミッションは世界でも評価の高い10速ATで、Lや専用セッティングのサスやブレーキシステムが奢られる。

・レクサスLS Fスペック予想

全長:5235mm
全幅:1900mm
全高:1450mm
エンジン:V8、DOHCツインターボ、4L
最高出力:670ps
最大トルク:66.3kgm
ミッション:10速AT
価格:2000万円

◆レクサスUX

27162344060_9211_o

世界中で大人気のコンパクトクロスオーバーSUV。日本でもエクリプスクロスなどの国産勢にボルボXC40、BMW X2などが続々と登場しており、盛り上がりを見せているが、レクサスからもついにこのクラスのモデルが登場する。

それが2018年のジュネーブショーで登場したレクサスUXだ。新開発の直4、2LDOHCを積んだ「UX200」と、直4、2LDOHC+モーターのTHSⅡを搭載する、「UX250h」という2本立てとなる。

プラットフォームはC-HRと同じTNGAプラットフォームを共有しているが、新開発の直4、2LNAエンジンはこのUXが初搭載となるのはレクサス車ならでは。

2018年11月には日本に登場する予定だ。

・レクサスUX250h スペック予想

全長:4495mm
全幅:1840mm
全高:1520mm
エンジン:直4、DOHC+モーター、2L
最高出力:145ps
最大トルク:18.3kgm
ミッション:電気式無段変速
価格:400-450万円

◆レクサスモデル、その他の注目車

20161216_3_LC

・レクサスCTの予想スペック

現行型登場からすでに7年が経過しているが、2019年にはいよいよフルモデルチェンジを予定しているCT。

プラットフォームはベースの現行プリウス同様TNGAを採用する。ハイブリッド以外に1.2LターボとPHVの設定も検討中という。

全長:4370mm
全幅:1780mm
全高:1450mm
エンジン:直4、DOHC+モーター、1.8L
最高出力:98ps
最大トルク:14.5kgm
ミッション:電気式無段変速
価格:350-500万円

・レクサスLCコンバーチブル 予想スペック

クーペモデルのLCをベースにしたオープン、LCコンバーチブルは2019年の秋にも登場する予定だ。エンジンは421ps/61.0kgmのV6、3.5Lツインターボのみの設定となる

全長:4770mm
全幅:1970mm
全高:1300mm
エンジン:V6、DOHCツインターボ、3.5L
最高出力:421ps
最大トルク:61.0kgm
ミッション:10AT
価格:1500-2000万円

・レクサスLC F 予想スペック

LCのハイスペックモデルとなるLC F。来アルはAMG GTやBMW M5などのモンスターモデル。670ps/66.3kgmのV8、4Lツインターボで他の競合を迎撃する構えだ。

全長:4790mm
全幅:1940mm
全高:1340mm
エンジン:V8、DOHCツインターボ、4L
最高出力:670ps
最大トルク:66.3kgm
ミッション:10AT
価格:1800-2000万円

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク