次期アテンザ 発売時期は2020年秋頃に!電動スーパーチャージャー搭載

vcc

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

マツダといえば内燃機関にとことんこだわり、次世代スカイアクティブ技術の「スカイアクティブ-X」を鋭意開発中だ。すでに2017年、現行アクセラのボディを使った次世代プラットフォームを組み合わせたプロトタイプ車の試乗も実施しており、2019年登場予定の次期型アクセラに初搭載される見込みだ。

また、今年ビッグマイナーチェンジを敢行したばかりのアテンザは、次期型で直6クリーンディーゼルを搭載したプレミアムFRサルーンへと生まれ変わる。

2020年にトヨタとの協業で誕生するロータリー復活第一弾のEVなど、今後の動きから目が離せないぞ!

スポンサーリンク

◆アテンザ&4ドアクーペ

vcc

「選択と集中」。マツダは少数精鋭のラインナップで付加価値を高めた車作りに邁進しているが、その象徴的存在となるのが次期アテンザである。

次期型の登場は2年後の2020年とみられるが、新たにFRの上級Dセグメントサルーンとして登場する予定だ。

その”カギ”となるのが2017年8月、米国特許商標局に新生された電動スーパーチャージャーに関する特許。

そこで公開されたレイアウトでは,エンジンに電動スーパーチャージャーとツインターボがコンパクトに装着されているのだが、肝心なのは直4エンジンが縦置き、つまりFR専用車のパワートレインとして設計されているということだ。

現在の潮流を見てもベンツが2018年3月、20年振りに直6エンジンをSクラスに復活させたように、従来のV6なみにコンパクトに作れるようになっている。

そもそもマツダでは,同じ気筒数でエンジンに過給器を付けて排気量を下げるよりも、排気量ではなく気筒数そのものを減らす考えが主流なのだ。

それであるならば、直6で8気筒なみのパフォーマンスを持つ過給エンジン、すなわち次期アテンザは直6のクリーンディーゼルモデルとして登場すると考えるのがマツダの方向性に合致していると言えるだろう。

ライバルとなる欧州のプレミアムDセグメント車は直4、2L直噴ターボや同PHVなどが主流となる。

そこにマツダは電動スーパーチャージャーとツインターボ化した直6の3Lスカイアクティブ-Dを搭載したアテンザで挑むのだ。

また、この次期型アテンザをベースに4ドアク-ペが派生モデルとして登場する可能性もある。

欧州ではBMWのグランクーペなど4ドアクーペ市場が活況中だ。そこにマツダがアテンザベースの4ドアクーペモデルを投入するのは十分に考えられることだろう。

デザインは2017年の東京モーターショーで公開したビジョンクーペがベースとなる、FRらしい伸びやかなプロポーションを纏って登場することになるだろう。

・次期アテンザ 予想スペック

全長:4880mm
全幅:1850mm
全高:1430mm
ホイールベース:2880mm
車重:1530kg
エンジン:直6、ディーゼルスーパーチャージャー+ターボ、3L
排気量:2988cc
最高出力:320ps/6000rpm
最大トルク:62.6kgm/2000rpm
価格:350-550万円

スポンサーリンク

◆大注目!ロータリ搭載のEV車

toyota_mewe_0023

2017年9月、マツダはトヨタとデンソーとともに、EVを手がける「EVシー・エー・スピリット」を設立した。この会社にはスバルやスズキ、ダイハツ、日野自動車が参加している。

その背景には中国のNEV規制、米国カリフォルニア州のZEV規制があり、EVの早期投入が望まれているからだ。

このEVにはオプションとしてマツダが2013年に発表していたシングルローター方式のレンジエクステンダーが採用される。

このロータリーエンジン、スカイアクティブ-Rはレシプロエンジンよりもコンパクトで低振動、低騒音な設計が可能なことが大きな特徴となっている。

レンジエクステンダーの採用で、航続距離は400km以上となり、高い実用性を備える。

このEVの外観デザインは2013年に欧州トヨタが発表している「ME・WE(ミー・ウィー)」
がベースとなっている。

・ロータリー搭載EV 予想スペック

全長:3440mm
全幅:1750mm
全高:1600mm
ホイールベース:2600mm
原動機:モーター
最高出力:64ps
最大トルク:16.5kgm
価格:300-350万円

・次期アクセラ スカイアクティブ-X投入

スカイアクティブ-X初搭載は次期アクセラ。2Lで2.5Lなみのパフォーマンスを発揮する。

燃費は現行モデルよりも20%以上アップさせるという!

スポンサーリンク

◆新型CX-4

mazda-cx4-01

2016年に中国市場専売車として発売されたCX-4。マツダのクロスオーバーSUVの中でも最も背の低い流麗なボディシル絵hっとが最大の特徴。

日本導入ならば2.2Lディーゼルが用意される!?

・新型CX-4 予想スペック

全長:4635mm
全幅:1840mm
全高:1530mm
エンジン:直4、ディーゼルターボ、2.2L
最高出力:190ps
最大トルク:45.9kgm
ミッション:6AT
価格:320-360万円

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク