新型フォレスター 燃費 実用が気になる!?選ぶなら2.5Lガソリンモデルか?

photo14

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

屈指の四輪駆動車メーカースバルにとって、SUVに課されるハードルは低くない。運転しやすくたっぷり荷物を積めて、可能な限りの安全性を確保する。抑揚あるスタイリングで色気を増した新型にもスバルらしい良心と実直さは健在なのだ。新型フォレスター、かなり実力を上げてきているぞ!

スポンサーリンク

◆新型フォレスター、世界が待ち望んだ一台

photo3

2.5Lエンジン、そしてハイブリッドを手に入れ、使いやすさにも磨きをかけて登場した新型のフォレスター。

グローバル最量販車種として、スバルの屋台骨を支える存在となったフォレスターがフルモデルチェンジを受けた。新型のハイライトはSGP(スバルグローバルプラットフォーム)の採用と、パワーユニットの刷新。

乗る人の立場に立った機能性も進化しており、これまで以上に身近なパートナーとしてデビューしたのだ。

・SPGのポテンシャルを最大化

photo1

SUV人気はとどまるところを知らない。シェアはまずます拡大をしていく。それに伴い、射手も増加の一途をたどるばかりだ。

ここで手を抜けばたちまち遅れてしまうとばかりに、各メーカーともに商品力強化に必死である。

中でも今年は定番的ジャンルであるミッドサイズSUVが熱いのだ。

新型フォレスターを迎え討つのは、日産のエクストレイル、マツダのCX-5、三菱アウトランダー、エクリプスクロスで、それだけでもなかなかに豪華な顔ぶれといえるが、一時国内市場から姿を消していたトヨタのRAV4と、ホンダのCR-Vも復帰を果たすことが決まっている。

この2台は今や世界中のメーカーが主力としている乗用車ベースのモノコックSUVの元祖であり、それぞれのメーカーのグローバル展開を強力に推し進めたモデルでもあるのだ。

国際的な競争力を誇る2台であるから、フォレスターにとっても手ごわい相手になりそうだ。

そんな激しい戦いが予想される中に登場する新型フォレスターだが、開発はこれ以上除くべくもないくらい、いいタイミングだったという。

将来を見据えて容量に余裕を持たせて仕立てたSGP(スバルグローバルプラットフォーム)はハードウェアを飛躍的に進化させるポテンシャルがあり、しかもそれをインプレッサ、XVと積み重ねた経験から最大限に引き出せる構えだからである。

photo4

SGPによる恩恵はまずパッケージングに現れる。たとえばテールゲート開口部は幅が1300mmと広く取られ、いかにも使いやすそうな角ばった形状となっているが、これはボディ剛性的には不利な方向に働く。

SGPで根本的な剛性向上が図られているからこそ、この形状にしてもまったく問題ないわけである。ホイールベースは30mm延長され、後席の居住性をアップさせている。

使い勝手なども進化している。

デザイン的にキープコンセプトでサイズ感も変わっていないが、ユーティリティやパッケージングでも見るべきポイントは多いのだ。

ホイールベースの延長によって、最小回転半径は、0.1m大きく、5.4mになったことぐらいが、些細なネガティブ面かもしれない。

グレードは4種類を用意されている。走りに関する違いはまずパワートレイン。「Advance」は今回からe-boxerと呼ばれることになったマイルドハイブリッドで、2.0Lエンジ

ンは最高出力145ps/6000rpm最大トルクは19.2kgm/4000rpm、これに、13.6ps・6.6kgmの電気モーターを組み合わせる。

その他の3グレードは直噴化された2.5Lエンジンとなり、184ps/5800rpm24.4kgm/4400rpm

グレードによって足元に違いがあり、「touring」は17インチのサマータイヤ、「X-Break」は17インチのオールシーズンタイヤ、「premium」、「Advance」のグレードは18インチのサマータイヤとなる。

前席のアクセス性は良好で、低い位置に腰を落としていくようでもなく、よじ登るようでもないちょうどいい高さになっている。

ごく自然な感覚でシートに収まっていく。スバルの常で視界の良さは圧倒的だ。Aピラーの角度や形状、ドアミラーの位置、サイドやリヤのウインド下端を低く抑えていることなどはほご従来通りだ。

まずは、「touring」から。

走り始めると、エンジン排気量に余裕があり、意外なほど頼もしい。ターボが用意されなくなったのは寂しいところだが、従来の2.0Lエンジンの必要十分な動力性能に比べれば大いにパフォーマンスが上がっているので満足度は高いだろう。

日常的な走りでよく使う1500rpm~2000rpmは、NAエンジンということもあり、それほどトルクが充実しているわけではないが、スバルのCVT”リニアトロニック”が賢く制御しているのでドライバビリティは思いのほかいいと感じるだろう。

たとえば100㎞/hでも平地の巡航なら1500rpmのままでいけるが、そこからわずかでも加速させようとアクセルを踏みましていくとすっとギヤ比が低くなる。

その反応が自然でもたつき感などがない。

2500から3000rpmも回せばそれなりに力強く、たいていの場面でも交通の流れをリードできる。

スポンサーリンク

◆新型フォレスター、新プラットフォームの恩恵

photo18

リニアトロニックはCVT特有のラバーバンドフィールというネガを感じさせないようオートステップ制御を採用している。すでに他のスバル車でも体験しているかもしれないが、フォレスターおよび、2.5エンジンとのマッチンぐは良好である。

0‐100㎞/hの全開加速を試みると、エンジン回転数と速度がリニアに高まっていき、60㎞/hを超えたところで、6000rpmに達すると90㎞/hを超えて再度シフトアップする。

高回転へ向かっていくときのエンジンのフィーリングやサウンドは少しスポーツカーのように気持ちいいものだ。

振動バランス特性に優れる水平大国エンジンは、精緻な回転上昇感を見せるのが特徴。SUVでこういった良質なフィーリングが味わえるのは望外の喜びといえるだろう。

photo6

ちなみに、0‐100㎞/h加速の発進の際、左足でブレーキペダルを踏みながら回転を高めつつダッシュすると、オートステップ制御にはならず、エンジン回転数は6000rpm付近に張り付いて速度の高まりとともに、ギヤ比も高まっていく。実はこちらのほうが最高出力発生地を使い続けるCVT本来の効率の良さが生かされて速くなるのだ。

その差はさして大きいものではなく、一般的な走行で必死に迫られることはまずないだろうが、もしフォレスターの加速力をフルに発揮させる機会があるならば、試してみるのもいいだろう。

オートステップ制御は全開ではない日常でも効いていた。アクセル開度が30%程度でも3400rpmまで引っ張ってシフトアップし、2600rpmに落ちて再び速度を持ち上げていく。

ただし、これでも一般的な走りでは強めの加速で頻繁に使うものではないだろう。これよりも加速が穏やかになってくると、オートステップ制御なのかどうかよくわからなくなってくるが、CVTとしてはダイレクト感があり、右足の動きと車速のコントロールがリニアに連動している感覚はある。

スポンサーリンク

◆新型フォレスター、日常使いで光る”e-boxer”

photo14

e-boxerは2.5Lモデルに比べると絶対的なパワーは少しばかり譲ることになる。0‐100㎞/hの全開加速では体感的に1割程度時間がかかっている。エンジン回転数が高めの領域では電気モーターの恩恵はほとんどなく、エンジンの排気量の違いが正直にでることになるのだ。

こちらもリニアトロニックなのでオートステップ制御はされるが、全開では100㎞/hでちょうど6000rpmなのでシフトアップはないままになる。

全開加速が多少遅れても、日常生活で困ることは何もないが、高速域の巡航や加速などでもe‐boxerよりも2.5Lガソリンのほうが余裕があるので、高速道路のロングドライブには2.5Lが向いているだろう。

だが、速度域が低くなってくるとe-boxerは魅力を見せる。発進時からタウンスピード程度での走りはググッとしたアシスト感がある。

エンジンはアイドリング付近から1000rpm台あたりの低回転域ではトルクを出しにくいが、電気モーターはゼロ回転から最大トルクを発生できる。e-boxerの電気モーターはそれほど大きくはないが、エンジンの苦手な領域を上手にカバーしてドライバビリティを高めているのだ。

photo8

排気量が小さい分を補いつつ、熱効率を高める手法は、直噴ターボなどと同じくダウンサイジングコンセプトといえるだろう。

パワートレインに関してはどちらが上か下ではなく、存在は並列でユーザーの好みや使い方で選択するのが賢いだろう。高速ロングドライブやスポーティな走りに重点を置くなら、2.5Lガソリンがいいし、街中を走る機会が多く、燃費への関心が高ければe-boxerがいい、となる。

◆新型フォレスター、SGPの効果が絶大に

photo9

SGPによってボディは従来比でねじれ剛性1.4倍、車体横曲げ剛性2倍になっているという。サスペンションもジオメトリーの適正化やリヤサブフレーム周りの工夫などで進化を図っている。

それは新旧を乗り比べるとはっきりと表れていることがわかる。

スバルは年次改良を通じて既存モデルをコツコツと進化させていくので、今回比較のために試乗した従来モデルも熟成度はかなり高いが、全体的に乗り心地がソフトでやさしい印象を受けるのだが、ダイナミックに走らせれば、さすがは水平対向エンジン車だけあって、低重心感のある高い操作安定性を見せつける。

そして、新型は走り始めた瞬間からびしっと芯の通った骨太な印象を受ける。根本的な部分での剛性の高さをそこはかとなく伝えてくるのである。

かといって乗り心地が硬くなったかといえばそうでもない。むしろサスペンションのストロークよりスムースになっていて、路面からの入力に対して素直に働いている。

路面の凸凹が連続するような箇所では従来がTは足元がばたつく感があったが、新型はすっきりしている。細かな振動などもシャットアウトされていて、走りの質感が高まっていることを実感できるだろう。

従来のコーナリングは、もともとピッチ方向はやや動き過ぎ、ロール方向は逆につっぱり気味といった傾向があり、それは年次改良でほぼ是正されていたが、新型ではその経験が生かされているようで、ピッチングとロールのつながり感や統一感が見事で一体感のあるハンドリングが実現していた。

ワインディングを適度に楽しむようなペースではやはり18インチのサマータイヤを履いた「premium」、「Advance」グレードが楽しい。グリップ感がありステアリング操作に対しての反応が高く、グイグイとノーズをインに向けていける感覚が強いのだ。

スポーツカーに近い興奮があり、背の高いSUVであることを忘れてしまうくらいだ。

基本的なシャシー能力が高いからか、「X-Break」が履く17インチのオールシーズンタイヤでも不満のないハンドリングを見せる。少し動きが穏やかになるものの、安心感や安定感はばっちり。

ちょっとした驚きなのはオールシーズンタイヤが全般的に期待以上の性能であるということ。サマータイヤに比べればノイズはノイズはわずかに大きく、ドライ路面でのグリップも少し低くなるが、そういったネガティブが最小限に抑えられており、乗り心地などはむしろ、いいのではないか?と思うぐらいだ。

ボディ、サスペンション、タイヤがバランスよく調和しているのだ。

新型の走りでももうひとつ進化を感じられたのが高速巡航時に強風にあおられたときの動きの良さ。

従来型は強い横風を食らうとフロントが流されて修正舵がやや遅れ気味になることもあり、意識的に早めの操作をする必要があったが、新型は横からの風を前後がバランスよく受け止める感じで、少な目の修正舵を自然な感覚で入れればOKなのだ。

これならロングドライブでの疲れを軽減してくれるだろう。

新型フォレスターはSGPによってシャシー性能が大幅に高まったが、それが運転のしやすさ、扱いやすさにも大いにつながっている。

SUVらしいタフなイメージが強いが、その実はユーザー想いでやさしさにあふれている。生活を共にする相棒として理想的な存在になること間違いなしだ。

◆新型フォレスター スペック

photo2

・グレード:X-Break

photo10

全長:4625mm
全幅:1815mm
全高:1730mm
室内長:2110mm
室内幅:1545mm
室内高:1270mm
ホイールベース:2670mm
車重:1530㎏
エンジン型式:FB25
種類:水平対向4気筒DOHC
排気量:2498㏄
圧縮比:12.0
最高出力:184ps/5800rpm
最大トルク:24.4kgm/4400rpm
燃料:レギュラー
燃料タンク:63L
ミッション:CVT
駆動方式:4WD
パワーステアリング:電動式
タイヤサイズ:225/60R17
最小回転半径:5.4m
JC08モード燃費:14.6㎞/L
価格:291万6000円

・グレード:Advance

photo15

全長:4625mm
全幅:1815mm
全高:1715mm
室内長:2100mm
室内幅:1545mm
室内高:1270mm
ホイールベース:2670mm
車重:1640㎏
エンジン型式:FB20
種類:水平対向4気筒DOHC+モーター
排気量:1995㏄
圧縮比:12.5
最高出力:145ps/6000rpm
最大トルク:19.2kgm/4000rpm
燃料:レギュラー
燃料タンク:48L
ミッション:CVT
駆動方式:4WD
パワーステアリング:電動式
タイヤサイズ:225/55R18
最小回転半径:5.4m
JC08モード燃費:18.6㎞/L
価格::309万9600円

photo12 photo13

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク