新型ノート e-power 評判はやはり高かった!販売台数NO.1に新たに4WDがデビュー!

note_1807_exterior_interior_001.jpg.ximg.l_full_m.smart - コピー

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

今日本で一番売れているコンパクトカー!ノートeパワーで間違いない!2017年度に続き、2018年上期もコンパクトクラス販売台数NO.1の座に輝いた新型ノート。2018年上期は登録車全体でも1位で、これまでのトップの常連モデル、トヨタのアクア、プリウスを逆転し、国内市場からe-パワーに移ったことを実感させた。電動化新時代の到来と言えるだろう。

スポンサーリンク

◆新型ノートe-POWERは新鮮な走りとクラストップの低燃費

note_1807_exterior_interior_th3_001.jpg.ximg.l_full_m.smart - コピー

コンパクトカーでもあきらめや我慢を強いられず、ストレスなくすべてをかなえてくれるのがノートe-powrの大きな魅力と言える。その魅力がユーザーに伝わり、支持しているからこそ販売1位になったのだろう。そこには明確な理由が隠されているのだ。

e-POWERはエンジンを発電専用に使い、駆動はモーターのみで行うパワーユニット。充電する必要がなく、既存のエンジン車と同様の使い方で電動車の走りが味わえる画期的なシステムなのだ。その新鮮な走りとJC08モード燃費34.0~37.2km/Lの経済性、クラスを超えた室内の広さや充実の先進安全装備など、ノートe-POWERの特徴、魅力は幅広く、そしてハイレベルなもの。

クルマ選びに迷ってるなら、ノートe-POWERを候補からはずす理由は見当たらない。1.2Lガソリンエンジンを発電に使い、モーターだけで走るノートe-POWERの走りは新鮮そのもの。加速、減速をワンペダルでまかなえるe-POWER Drive 2Lターボエンジンに匹敵する25.9kgmのビッグトルク、そして、電気で走るe-POWERならではの静粛性とスムーズ性。すべてがコンパクトクラスの域を超えている。JC08モード燃費は34.0~37.2km/L。新鮮な走りを存分に楽しみながら、クラストップレベルの低燃費を実現しているのがうれしい。

また、e-POWER Driveはアクセル、ブレーキのペダル踏み替えが一般的なクルマに比べて7割も減少するというテストデータもあり、運転操作がぐっとらくになるなど、ノートe-POWERではほかにはない新しく効率のいい運転感覚が味わえるのだ。

e-POWERの走りを一度経験したら、もう普通のクルマには戻れない。そう語るジャーナリストも多いが、それも納得の仕上がり。是非体験してみよう!

スポンサーリンク

◆新型ノートe-POWERはコンパクトを超えた

note_360_XBT_036.png.ximg.c1h.360 - コピー

安全は何よりも優先されるべき性能だろう。マルチセンシングカメラやソナーを串した最先端の運転支援技術により、ノートe-POWERにはコンパクトクラスを超えた先進安全装備がそろっている。インテリジェントクルーズコントロールをはじめ、車線逸脱防止支援システム。歩行者も検知する自動ブレーキ、車線逸脱警報、踏み間違い衝突防止アシスト、インテリジェントアラウンドビューモニター、インテリジェントルームミラーなどが安心で快適なドライブをサポートする。

スポンサーリンク

◆新型ノートe-POWERはLクラスセダン並みの室内

note_1807_exterior_interior_001.jpg.ximg.l_full_m.smart - コピー

コンパクトの域を超えた性能がノートe-POWERの魅力だが、居住性もその一つ。

室内はLクラスセダン並みの広さを誇り、後席も快適。また、ラゲッジスペースはクラストップレベルを確保している。乗り心地の良さと相まって、商品性の高さが実感できる部分だろう。2017年9月に追加されたメダリストブラックアローはブラックの室内が特徴で、室内トリムをブラック化したシート、とアトリムクロス、フィニッシャー類に専用カラーを採用している。

室内長は2065mmもあり、一クラス上のセダンに匹敵する広さを確保している。

note_1807_exterior_interior_th1_001.jpg.ximg.l_full_m.smart - コピー note_1807_exterior_interior_th2_001.jpg.ximg.l_full_m.smart - コピー

・ノートe-POWERに待望の4WDがデビュー

note_1807_exterior_interior_cs2_002.jpg.ximg.l_12_m.smart - コピー

ノートe-POWERに4WDが加わり、雪道の運転がより安心になった。前輪だけではなく、後輪もモーターで駆動させるモーターアシスト方式4WDを採用したのだ。発進時から前輪に加えて後輪も駆動し、走行時も前輪のスリップを検知すると、そのスリップ量に応じて後輪の駆動力がアップする。時速30キロ以下に限定されるが、むしろこれが日常ユースに最適で、滑りやすい交差点や上り坂での発進、加速時に威力を発揮し、今間でヒヤッとしていたような場面でも安心感が向上。

雪道でもタイヤを空転させることなく、しっかりとサポートしてくれるのだ。さらにワンペダルドライブで、滑りやすい路面で気を遣うブレーキ操作が少なくてすむという特徴がある。アクセルのオンとオフだけで速度が調整できるので雪道でも安心して運転ができるのだが、これに4WDの安定感が加わるのだからありがたい。

人気ナンバーワンのノートe-POWERに新たな得意科目が加わったってことだ。

・ノートe-POWER 価格

note_1807_exterior_interior_cs2_010.jpg.ximg.l_12_m.smart - コピー

e-POWER X Fore/223万7760円

e-POWER X Fore ブラックアロー/236万3040円

e-POWER メダリストFore/256万9320円

e-POWER メダリストFore ブラックアロー/264万600円

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク