ノート e-power nismo s 価格267万1920円は高すぎる!?ベストグレードは?

note_1809_nismo_01.jpg.ximg.l_full_m.smart

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

ノートeーPOWER NISMOのハイパワー仕様が登場!ノートe-POWER NISMOを136psまでパワーアップした”NISMO S”が登場した。その実力はライバルのコンパクトスポーツと比べてどうなのか?まずはその前にノートe-POWER NISMO Sのレポートを紹介しよう!

スポンサーリンク

◆ノートe-POWER NISMO Sの実力は!?

note_1809_nismo_01.jpg.ximg.l_full_m.smart

走りは面白いけど、ニッチな商品ではないのか!?と想像していたが、いざウリにだしてみたら市場の反応はかなりポジティブだ。デビュー6年のノートがe-POWER効果でいきなり上半期ベストセラーに返り咲いてしまったのだからこれはもうびっくりするくらいの思いなのだ。その好調を追い風に、畳みかけるように今度はセレナe-POWERを追加。基本的に同じエンジン/モーターで500kg以上思いミニバンボディが問題なく走るのには驚きを隠せない。

こちらも販売は好調で、最近の日産はまさにe-POWERサマサマという状況だろう。こうなってくると、商品企画部門もノリに乗ってきて「e-POWERを使って何か面白いバリエーションを作ろう」と積極的になってくる。そこで今回登場したのがノートe-POWER NISMO Sだ。

基本コンセプトは「セレナ用に強化したエンジン/モーターをノートe-POWERに移植したら面白いんじゃね!?」という発想らしい。増加した車重に対処するため、セレナe-POWERはエンジンが84ps/10.5kgm、モーターが136ps/32.6kgmに強化されている。発電専用のエンジンはプラス5psであるが、モーターの出力/トルクは25%もアップ。これをノートeーPOWERに移植したらすごくホットなFFスポーツになること間違いなしということなのだ。

ノートe-POWER NISMO Sは、開発車の狙い通りファン・トゥ・ドライブなFFスポーツに仕上がっている。ノーマルeーPOWER NISMO Sの25.9kgmというトルクですら1.2トン級のボディには相当強力で、ガソリンエンジンなら2Lターボクラスになる。それが今度のNISMO Sは32.6kgmなのだ!3L、V6ガソリンエンジンに匹敵するトルクが与えられている。肝となるにはいかにそれを上手に制御するかという制御技術にかかっているのだ。

●ノートeーPOWER NISMO Sのポイント

note_1809_nismo_02.jpg.ximg.l_full_m.smart

・セレナe-POWER採用の最新システムを搭載。

・モーターPOWERはe-POWER NISMOより25%アップ(136ps)。

・「S」、「ECO」のドライブモードに「B」レンジ設定。

・価格はe-POWER NISMOの約18万3600円高。

・LEDヘッドランプを採用

・内外装はノートNISMOと基本的に同じ

スポンサーリンク

◆追加された2つのモード

note_1809_nismo_03.jpg.ximg.l_12_m.smart

そこで注目されるのが、NISMO Sで追加された2つのドライブモードである。標準e-POWER NISMOではBレンジはノーマルモードでのみ作動するが、NISMO SはSモードとECOモードでもBレンジが使える。

SのBレンジはレスポンスがMAX、ECOモードでもBレンジのBレンジは雪道などに最適なコントロール性重視に。様々なシチュエーションでパワフルなモータートルクを堪能できるように工夫されている。モータートルクを制御するPOWERコントローラー(PCU)が、タイヤのグリップ限界を実にうまく手なずけていることだ。

パイロンスラロームコースをジムカーナのつもりで限界まで攻めてみると、早めのパワーオンでアンダーステアは強まるものの、昔のFFスポーツのようにフロントがダッと逃げてゆくような乱れはない。これは高速コーナーでも同様で、どんでもないオーバースピードで飛び込まない限りちょうどいいアンダーステアを維持しつつコーナーを立ち上がる。

電動パワートレインが優れているが実に緻密かつ効率的にできること。単にパワフルだけではなく、それを誰もがコントロールできる安全で扱いやすい特性にまとめ上げられているのだ。どんどん発展するe-POWERファミリーだが、次はもっとじゃじゃ馬的なNISMO Rというバリエーションがあってもいいだろうに。

・ノートNISMOは4種類。どれがベスト!?

note_1809_nismo_04.jpg.ximg.l_12_m.smart

NISMO(1.2Lスーパーチャージャー=98ps)

NISMO S(1.6L=140ps)

eーPOWER NISMO(109ps)

e-POWER NISMO S(136ps)

と4種類のタイプがあるノートNISMO。この4モデルの中でベストはどれかというと、古典的ホットハッチという意味では、1.6Lエンジンと5MTで武装したノートNISMO Sも魅力だが、e-POWER NISMO Sの32.6kgmというトルク感は圧巻。予算が合えばこちらを選択したい。

・ノートe-POWER NISMO Sスペック

note_1809_nismo_05.jpg.ximg.l_full_m.smart

全長:4165mm
全幅:1695mm
全高:1535mm
ホイールベース:2600mm
車重:1250kg
エンジン:直3DOHC+モーター
排気量:1198ps
エンジン最高出力:83ps/6000rpm
エンジン最大トルク:10.5kgm/3600-5200rpm
モーター最高出力:136ps/2985-8000rpm
モーター最大トルク:32.6kgm/0-2985rpm
タイヤサイズ:195/55R16
価格:267万1920円

note_1809_nismo_09.jpg.ximg.l_full_m.smart

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク