新型アクセラ 内装はクラス以上の高級感ある仕様に。新技術トピック!

20181128-20104521-carview-012-10-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

マツダ魂動デザインが新たに第2ステージへ突入する。このタイトルは世界を見ても他に類がないほどの独創的で存在感がある。それが新型マツダの新型アクセラなのだ。

スポンサーリンク

◆新型アクセラがついに公開された

20181128-20104521-carview-009-10-view

すにで公開されているが、ベースとなるのは2017年に出展されたコンセプトモデルの「魁コンセプト」。

マツダは常々、「人目見ただけで欲しいと思ってもらえるいいわけのできない仕立てにしている」と語っており、それが発表されたのだ。日本の美意識の本質を体現することを目指す、深化した”魂動デザイン”を採用した、という。力強い塊感と流麗さが同居したハッチバックスタイルで、グローバルでマツダのCセグメント戦略車として販売台数を稼げるモデルだけに、マツダサイドの力の入れようはかなりのものだ。

細部でポイントになるのはフロントデザイン、ライトやアクセサリーランプ。現行CX-8の流れを汲むもので、これからのマツダデザインの根幹になるものなのだ。加えてほれぼれするようなリアスタイル。これこそ、日本の美意識が宿っている印象を感じざるを得ない。

スポンサーリンク

◆高性能のスカイアクティブーX

20181128-20104521-carview-013-10-view

新型アクセラのアピールポイントはまだまだある。それがマツダの次世代エンジンである「スカイアクティブーX」。

2017年夏に発表され、その秋にはジャーナリスト対象のスカイアクティブーX搭載車の試乗会も行われたという。ガソリンエンジンの伸びの良さとディーゼルの優れた燃費、トルク、レスポンスといった双方の利点を融合した、マツダ独自の新しい内燃機関である。点火プラグ併用型圧縮着火による36.8対1の超リーンバーンで、まさに「理想的なガソリンエンジン」と評論家達は口を揃えていう。

2Lで、2.5L並みのパワー&トルクを発生し、意のままの加速感を味わえるなど、走りの愉しさももちろん忘れてはいない。そのスカイアクティブーXを積む第一弾が新型アクセラで。さらにトピックは新プラットフォームが初採用されるということだ。人間中心の理想をさらに突き詰め、人間の持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求したもので、次代の「スカイアクティブ ビークル・アーキテクチャ」となる。

”車として全体最適”という視点で疲れにくい構造にし、さらに運転操作に対して体のバランスが取りやすく、人馬一体はこれこそ、といえるもの。その新世代プラットフォームから導き出される特徴はボディやシャシー、シート、NVH(振動・騒音)など車全体に行き渡っている。発売は2019年の8月。心して待つべし!

スポンサーリンク

◆新型アクセラのポイント

20181128-20104521-carview-040-10-view

ハッチバックの格好良さが凝縮したアクセラのリアスタイル。太いリアピラーが断然目を引く。さらに、細部に研ぎ澄まされた日本の美意識も感じる。その存在感で、グローバルに打って出るのだ!

◆スカイアクティブーX

マツダ渾身の次世代エンジンで、ガソリンエンジンの力強い加速とディーゼルエンジンの優れた燃費、トルクなど、両方の良さを融合した内燃機関である。まさに理想のエンジンといえるだろう。

◆スカイアクティブ ビークル・アーキテクチャ

次世代プラットフォームで人の持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求した。特徴は以下の通りだ。

・ボディ→前後方向にも骨格を繋ぎ、多方向に環状構造を配置することで4輪対角剛性を向上させた。

・シャシー→滑らかにコントロールできるように最適化。

・シート→脊柱が自然なS字カーブを維持できるシート構造を開発。車体取り付け部やシート各部の剛性も向上した。

・NVH(振動・騒音)→減衰ボンドなど高効率な減衰構造を配置した。

◆新型アクセラ画像集

20181128-20104521-carview-000-10-view 20181128-20104521-carview-001-10-view 20181128-20104521-carview-002-10-view 20181128-20104521-carview-003-10-view 20181128-20104521-carview-004-10-view 20181128-20104521-carview-005-10-view 20181128-20104521-carview-006-10-view 20181128-20104521-carview-007-10-view 20181128-20104521-carview-008-10-view 20181128-20104521-carview-009-10-view 20181128-20104521-carview-010-10-view 20181128-20104521-carview-011-10-view 20181128-20104521-carview-012-10-view 20181128-20104521-carview-013-10-view 20181128-20104521-carview-014-10-view 20181128-20104521-carview-015-10-view 20181128-20104521-carview-016-10-view 20181128-20104521-carview-017-10-view 20181128-20104521-carview-018-10-view 20181128-20104521-carview-020-10-view 20181128-20104521-carview-021-10-view 20181128-20104521-carview-022-10-view 20181128-20104521-carview-023-10-view 20181128-20104521-carview-024-10-view 20181128-20104521-carview-025-10-view 20181128-20104521-carview-026-10-view 20181128-20104521-carview-027-10-view 20181128-20104521-carview-028-10-view 20181128-20104521-carview-029-10-view 20181128-20104521-carview-030-10-view 20181128-20104521-carview-031-10-view 20181128-20104521-carview-032-10-view 20181128-20104521-carview-033-10-view 20181128-20104521-carview-034-10-view 20181128-20104521-carview-035-10-view 20181128-20104521-carview-036-10-view 20181128-20104521-carview-037-10-view 20181128-20104521-carview-038-10-view 20181128-20104521-carview-039-10-view 20181128-20104521-carview-040-10-view 20181128-20104521-carview-041-10-view

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク