新型ハリアーの口コミや評価は?

新領域を拓いた進化が成功のカギだと言われる
新型ハリアー
上質な仕立てと先進技術で新型はファンの期待に
応えたクルマになっています。

 

北米市場で、レクサスRXとして誕生したハリアーですが、
北米での人気が加速すると同時に、
ボディサイズまで北米化

 

日本の交通事情には大きすぎるサイズになってしまったため、

日本専用モデルとして新たに再スタートを切ったのが
現在の新型ハリアーです。

 

プラットフォームもパワートレインもRXとは
違い、1サイズ小さいRAV4系をベースに開発を
されています。

 

ボディサイズはRXより50mm短く、
50mmスリムで、全高は一緒。

 

円幅は多くのパレット式駐車場の制限内となる
1835mmに抑えられています。

 

先代ハリアーと比べてもわずかに小さくなっており
日本でも持て余さない、サイズとなりました。

パワーユニットも小さくなって、
2.0Lガソリンエンジンと、
2.5Lハイブリッドの2つの設定。

自動車税も安くなりました。

2.0Lエンジンは、吸気弁のリフト量で
出力制御をおこなうバルブマチックを採用する
3ZR-FAE型。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

ややこしいメカの話はなしとして、

実燃費で10%前後向上するのに加え、
パワーレスポンスも高めることのできるシステムです。

2.0Lエンジン車のトランスミッションは、
ベルト式のCVT。

 

エコ/ノーマル/パワーの3モードの切り替えができ、
パワーモードのときには有段ATのようなステップ
変速となります。

 

駆動方式は4wdだけでなく、2.0Lエンジン車には2wdも用意。

ハイブリッドはカリムをベースに、
ハリアーの特性に合わせて改良を実施。

 

システムはもちろん、
エンジンと発電機、モーターを遊星歯車で
結んだTHS-Ⅱを採用。

ハイブリッド仕様は4wdのみの設定で、

従来と同じく、後輪を電気モーターで駆動する
電動4wdシステムを装備。

 

エンジンから後輪まで動力を引く必要がないので、
プロペラシャフトやジョイントに起因する
振動騒音、重量、超すとが削減できています。

 

>>>ハリアーなど2015年注目のSUVについてはこちらへ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク