マークX GRMN 2代目は感涙のFRセダン6MTの正統派FRスポーツセダン

3

2015年に限定100台であっという間に売り切れたマークX GRMNの2代目が登場した。発売は3月11日だが、すでに注文受け付けが始まっており、今回は成約順350台の販売になっている。

スポンサーリンク

◆新型マークX GRMN2代目がデビュー

1

GRMNはGAZOO RACINGが手がけるスポーツカーシリーズ「GR」の頂点に立つモデルで、走りに的を絞った様々なスペシャルアイテムが用意されている。この2代目マークX GRMNも本格スポーツセダンを名乗るのにふさわしい仕上がりとなっている。エンジンは318ps/38.7kgmのV6、3.5L、NAでスペックはノーマルと代わらないが、制御コンピュータを変更するなど細かくチューニングされている。また、ノーマルには設定のない6速MT、ボディ補強、専用サスペンションの採用など、手の込んだ改良が施されている。

具体的に説明してみよう

・初代では16カ所だったスポット溶接打点を252カ所増やし(合計268カ所)ボディ剛性を強化

・専用6速MTのファイナルギア比をハイギアード化(先代4.083→2代目3.615)へ。

・微低速域から減衰力を発揮する新開発スイングバルブショックアブソーバーを採用

・EPS(電動パワステ)のチューニングを新しいサスペンションに合せて変更し、意のままに走る感覚を強化

・19インチBBS製鍛造アルミホイール、前後異サイズタイヤ(BSポテンザRE050)、ホワイト塗装でフロントにはGRロゴが入る専用ブレーキキャリパーなどを採用

・カーボン調加飾とピアノブラック塗装を組み合わせたインパネ、ウルトラスエード表皮の専用スポーツフロントシートを採用

スポンサーリンク

◆新型マークX 価格は据え置き

2

つまり見た目の魅力と走りの実力を徹底的に強化したということだ。特に先代に対しスポット増しを252カ所も追加したことは絶大なる効果となるだろう。この拘りの深さがGAZOO RACINGなのだ。先代では標準装備としていたカーボンルーフ(10kgの軽量化となり、重心高が下がる)を27万円のオプションとしたことで、価格は先代の540万円から513万円に。つまりここまでやっても価格は据え置きということでコストパフォーマンスも向上したと言えるのだ。先代では100台だった限定台数を350台に増やしたのは自信の表れと言える。6速MTのFRスポーツセダンという、今や絶滅危惧種となってしまったジャンルに新しい商品を投入できるのは、資金力があり、経営陣、開発陣に真のカーガイが多いトヨタならでは。

・マークX GRMNスペック

3

全長:4795mm
全幅:1795mm
全高:1420mm
ホイールベース:2850mm
車重:1560kg
エンジン:3456cc、V6DOHC
最高出力:318ps/6400rpm
最大トルク:38.7kgm/4800rpm
駆動方式:FR
ミッション:6速MT
サスペンション:ダブルウィッシュボーン/マルチリンク
タイヤサイズ:F)235/40」R19:R)255/35R19
価格:513万円

・新型マークX GRMN 正統派FRスポーツセダン

4

トヨタ本体ではやりたくてもできない車を作る。GRの存在意義はそこにあるわけだが、新しいマークX GRMNはほんとにそう思わせるモデルだ。この車は先代こそ排気量はFRらしい豪快なハンドリングだ。欧州プレミアムのFRスポーツと比べると、ボディの剛性感やリヤサスの収まりに、今ひとつモノ足りないところがあった。今回はその進化版になるのだが、新型マークX GRMNは前モデルにもましてモディファイが本格的なのだ。マイナーチェンジで構造用接着剤を採用した新型モノコックに、さらに252カ所ものスポット増しうち、さらには各部にブレースを追加するなどガチガチにボディを固めている。

その一方で、ダンパーにはKYB製のスイングバルブ式を使うなど、セッティングはしなやかな方向だ。その結果、ウェットでもじんわりグリップするあんばいになっているハンドリングがいい。このビシッと強靱なボディに適度に固くしなやかな脚というコンセプトは、スポーツサルーン作りの王道とも言える物だが、トヨタの量産車では残念ながらここまでの完成度が高いモデルは滅多にお目にかかれない。あるいは、様々な社内基準によってこのマークX GRMNのようなセッティングが無理なのかもしれない。今回の価格513万円で350台の限定となるが、19インチBBS、ポテンザRE050、アドヴィックス製4ポッドキャリパーなどの装備を考えると、そのプライスはむしろお買い得とさえ思える。

5
スポンサーリンク
スポンサーリンク