ヤリスGRスポーツ スペックと搭載エンジンに衝撃の事実が!?

vitz_grade_grs_exterior_pic_1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

2010年冬に登場し、約9年にわたって販売が続けられてきた現行ヴィッツも、2019年ついにフルモデルチェンジが行われ、4代目に切り替わることが予定されている。4代目は長く愛されてきたヴィッツの名前に別れを告げ、日本以外の国で使われてきたヤリスを名乗る。そしてそのヤリスには1.6Lターボを搭載するハイパワーバージョンが設定されるという。

スポンサーリンク

◆圧倒的な迫力が魅力のヴィッツGR

vitz_grade_grs_exterior_pic_1

3代目セリカに設定されていた「GT-TS」や6代目セリカの「GT-FOUR WRC仕様」など、トヨタは過去に何度か当時のラリー参戦車両をイメージするモデルを市販に移してきたが、このヤリスのハイパワーバージョンも、その延長線上にある。正式グレード名称は「ヤリスGR」となり、GAZOO RACINGが開発を主導する本気のモデルだという。トヨタのWRC参戦モデルの「ヤリスWRC」のロードバージョンとも言うべきヤリスGR。特徴はなんと言ってもベースグレードとは大きくイメージが異なるワイドフェンダーなのだ。

全幅の拡大によるワイド&ローなスタイリング、そしてGRモデル専用デザインとなるフロントバンパーといったエアロデバイスにより、ヤリスGRは高いロードホールディング性能と獰猛な外観のふたつを手に入れたのだ。拡幅されたフェンダーの中に収まるタイヤのサイズは、225/40R18で2017年末に発表され、150台限定で販売されたヴィッツGRMNのタイヤが205/45R17だったことを考えてみても、ヤリスGRがチョイスしたタイヤサイズは、かなり攻めたものとなっているのがわかるだろう。

その攻めたタイヤサイズは、むろん単なるドレスアップを目的としたものではない。心臓部である1.6Lターボが発生する250psという出力を、余すこと無く地面に伝えるためのものとして選択されている。この1.6Lターボに関しては、今だに直4説と直3説が入り交じっている状況だが、新開発の直3が濃厚だと考えられている。通常、燃費型ターボに採用される直3レイアウトで250psのハイパワーを発生させる点がヤリスGRの特徴であり、ユニークな点となっている。この強力なエンジンに組み合わされるミッションは、ヴィッツGRMN同様の6速MTのみで駆動方式は4WDとなる。250psの出力を楽しむには、最適なパッケージングと言えるだろう。

スポンサーリンク

◆新型ヤリスGR 価格はリーズナブル

vitz_grade_grs_exterior_pic_2

非常に魅力的な存在であるヤリスGRだが、気になるのはその登場時期と価格ではないだろうか?登場時期はベースとなるヤリスがデビューして、1年後の2020年の秋だろう。そして価格はトヨタに近い関係者からの情報では、ベーシックなグレードは安く設定して320万円程度に。モデルとしての平均的な価格は380万円程度になりそうだ、という。ヴィッツGRMNが212psの出力で400万円だったことを考えると、かなりお買い得な価格に感じるが、これは両車の成り立ちの違いによるところが大きい。

ヴィッツGRMNが、日本には設定されていない3ドアモデルをベースに製作されたのに対して、ヤリスGRはベースのヤリスの段階から、3ドアのハイパワーモデルを想定して開発が進められている。そこがリーズナブルな価格を実現できる理由なのだ。とはいえ製作に手間がかかるのは変わりがなく、さほど多くの生産ができるモデルではないため、気になるユーザーは今後の動向を注視しながら、正式発表となったあとは早めの行動を取ることがポイントになるだろう。ヤリスGRが限定モデルとなるかどうかの情報は現状入ってきていないが、どうなるか解らない状態だ。トヨタのWRCにかける意気込みと技術、そのふたつをかつてないほど濃厚に味わうことができるヤリスGR。まずは2020年秋に向けて購入資金の調達に動くことを考えてみよう。

・ヤリスGR スペック予想

vitz_grade_grs_interior_pic_1

全長:3950mm
全幅:1810mm
全高:1450mm
ホイールベース:2550mm
エンジン:直3 DOHCターボ
排気量:1595cc
最高出力:250ps/6200rpm
最大トルク:32.5kgm/2500rpm
ミッション:6速MT
価格:320万~380万円

vitz_grade_grs_interior_pic_2

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク