次期86/BRZの最新情報は協業ではなく独自で開発が進む!?予想スペックは?

12

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

スバルとトヨタは、今後のスポーティカーの進むべき方向性の考え方に違いが生じ、次世代の86BRZは現在のような協業による共同開発ではなく、それぞれが独自の方向性で開発を進める。その結果、トヨタはより安価で幅広いユーザーに向けたスポーティカーを目指し、コストのかかる水平対向エンジンをやめて、トヨタが独自に新開発中の直列3気筒1.6Lターボエンジンを搭載するコンパクトFRとする。

その一方でトヨタはコンパクトミドシップスポーツの開発も進めており、こちらが86後継モデルになる可能性がある。

そしてスバルは、以前インプレッサSTIで存在感を放ったWRCへの参戦を意識したスポーツハッチバックを開発し、それがBRZを受け継ぐモデルになるという。

スポンサーリンク

◆次期型86/BRZは正常進化型に

10

試作形式「860B」と呼ばれるのが次期型トヨタ86&BRZだ。プラットフォーム自体は現行型からのキャリーオーバーとなり、水平対向4気筒エンジンを縦置きにした後輪駆動という基本レイアウトに変更はない。アイシンAW製の6速MT、アイシンAI製の6速ATならびにディファレンシャルギアなどの駆動系も、基本的には現行型から大きな変更はないということだ。

そのようなことから、エクステリアデザインにも大きな変更はない。エンジンの搭載位置が変わらず、駆動系のレイアウトに変更がなく、2ドアクーペというパッケージングが引き継がれる以上、プロポーションに大きな違いが生じないのは当然のことである。タイヤサイズについても215/45R17という現行型と同じサイズが採用されることになるという。

ただし、搭載されるエンジンは現行型の2L、FA20型から排気量アップされた、新開発FA24型へと進化する。

その型式名からもわかるように、総排気量はボアxストローク=94.0x86.0mmで2387cc。FA20型が86.0x86.0mmのスクエアだったのに対し、FA24型ではビッグボア・ショートストロークとなる。もちろん水平対向4気筒エンジンだ。

FA24型エンジンは現在、スバルの北米向け大型SUVの「アセント」に搭載されているのに加え、シカゴショーで発表された新型レガシィにも搭載されるが、いずれも直噴ターボ仕様となっている。しかし新型86/BRZに搭載されるFA24はNA仕様となるのが大きな違い。

詳細なスペックまでは情報はまだないのだが、現行型FA20同様、燃焼についてはトヨタの直噴ガソリンエンジンシステム「D-4S」を組み合わせるのがポイント。NAエンジンなので最大トルクは24.0~24.5kgm程度となるだろう。現行のFA20型の最大トルクは20.9kgmなので、現行型86/BRZでちょっとモノ足りなく感じている人も多いかもしれない、トルクの押し出し感、トルクレスポンスが新型では大きくなり、後輪駆動ならではの「アクセルワークで曲がる」走りがより楽しくなることが期待できる。最高出力は220ps程度になると予測される。

開発中の86/BRZはそれぞれZN8型/ZC8型と呼称される予定で、これは現行型ZN6型(トヨタ86)、ZC6型(スバルBRZ)の正統的後継車ということを如実に物語っているのだ。新型86/BRZのデビュー時期は2021年初頭の計画だ!

スポンサーリンク

◆次期型86/BRZのスペック予想

11

全長:4260mm
全幅:1785mm
全高:1300mm
ホイールベース:2570mm
車重:1250kg
エンジン:水平対向4気筒DOHC FA24型
ボアxストローク:94.0x86.0mm
排気量:2387cc
最高出力:220ps/6800rpm
最大トルク:24.5kgm/6200-6400rpm
ミッション:6MT/6AT
サスペンション:ストラット/ダブルウィッシュボーン
タイヤサイズ:215/45R17
価格:300-400万円

スポンサーリンク

◆次期86&BRZ 搭載エンジンのポイント

12

新型86&BRZに搭載されるエンジンは水平対向4気筒のFA型という点では同じだが、排気量が拡大され2387ccのFA24型になる。現在FA24型は直噴ターボ仕様がスバルのアセント、新たに発表される新型レガシィなどに搭載されるが、86/BRZ用はNAでトヨタ直噴システム「D-4S」を組み合わせる。ボアxストロークは94.0x86.0mmのショートストロークで220ps/24.5kgm程度を発揮する。

エクステリアの基本シルエットは現行型を踏襲することとなるZN8/ZC8型トヨタ86/スバルBRZ。水平対向4気筒エンジンを縦置きにするFRという基本パッケージは維持する。

新型もフロント=ストラット、リア=ダブルウィッシュボーンのサスペンション形式、レイアウトに変更はなく、アイシンAW製6速MT、アイシンAI製6速ATを採用することなども変わらない。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク