CX-30がマツダから新登場した!価格はアクセラベースでより高くなりそうだが!?

20190305-20104921-carview-009-1-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

日本発売は確実に!?マツダから全く新しいSUVであるCX-30がジュネーブショーで世界初公開された!その内容は驚くべきシステムだらけだ。CX-3の後継車とみられていたが、マツダ曰く、「CX-3とは別物です」という。新型CX-30の詳細を見ていきましょう!

スポンサーリンク

◆マツダのグローバルモデルとして登場

20190305-20104921-carview-000-1-view

3月5日からスイスはジュネーブで開催されているジュネーブショー2019。マツダはここで新型のクロスオーバーであるCX-30(シーエックスサーティー)を世界初披露した。2019年の夏以降、欧州から順次グロ-バルに発売をしていく主軸モデルとして登場させた。このCX-30は日本でも2019年の冬から2020年の初頭にかけて登場させる予定だという。昨年、2018年のロサンゼルスショーにおいて、マツダは「マツダ3(日本名:アクセラ)」を世界初公開したが、そのマツダ3とプラットフォームを共通とする、いわゆるアクセラベースのSUVとなる。

一般的にはCX-3の後継車と考えられてきたモデルですが、実際はCX-3とCX-5の間に位置するモデルとなります。

・マツダCX-30のサイズはどうなっている?

以下の通りCX-30のサイズをご紹介します。CX-3とは別物ということですが、どれくらいのサイズになるのでしょうか?

CX-30/CX-3/CX-5の順番

(サイズ単位はmm)
全長:4395/4275/4545
全幅:1795/1765/1840
全高:1540/1540/1690
ホイールベース:2655/2570/2700
フロントーオーバーハング:915/910/945
リアオーバーハング:825/795/900
最低地上高:175/160/210

サイズは見ての通り、CX-3より大きく、CX-5より小さいモデルとして設定されていることがわかります。CX-3の後部座席は大人が座るにはかなり狭すぎる感がありますが、CX-30は大人4人がゆったりを座れる空間とくつろげる使い勝手を考えて設計されたといいます。日本の道路にマッチした大きさで、道幅や駐車場を選ばない、小回りがきくボディサイズで運転のしやすさを追求したモデルでもあります。今回ジュネーブショーで公開されたモデルは、ほぼ市販モデルということでその完成度の高さが窺えます。

・エンジンのラインナップは?

今回のジュネーブショーにおいてエンジンのラインナップも発表されました。その内容は、

スカイアクティブーGの2.0Lガソリン(マイルドハイブリッド)

スカイアクティブーDの1.8Lディーゼル仕様

スカイアクティブーXの2.0Lガソリン仕様(圧縮着火式ガソリンエンジン)

の3タイプです。

それぞれのエンジンラインナップに6速MTと6速ATが組み合わせられます。

安全性能としては、「i-ACTIVSENSE」、そして評判の高い4WDシステム「i-ACTIV AWD」を搭載します。

デザインも美しいボディラインとなっており、マツダ3(旧アクセラ)に続くデザインを採用している点も魅力的なポイントと言えます。キャラクターデザインを使わないようにしたことで、車の美しさを極限まで高めたという話です。CX-30を担当したチーフデザイナーは「クルマはアート」というレベルにまで高めた、と話をしています。

スポンサーリンク

◆CX-4とは何が違うのか?

20190305-20104921-carview-001-1-view

CX-30を見たとき、CX-4の改良版ではないのか!?と思った方もいたのではないかと思われます。実際のサイズを比較してみましょう。

CX-30/CX-4/

(サイズ単位はmm)
全長:4395/4633
全幅:1795/1840
全高:1540/1530

CX-4
10

CX-30
20190305-20104921-carview-000-1-view

11

見ての通り、全長からサイズが違うことがおわかりいただけるかと思います。高さのみが若干CX-30の方が高く設定されているのを見ると、「大人4人がゆったりと座れる」ということろにポイントを絞っているのがわかります。CX-4が登場したのは、中国で発表した時は中国専用モデルとして登場しています。その際、日本国内でも生産するように調整中ということが言われていたのですが、実際にはCX-30と登場したかたちとなります。

CX-4は他のシリーズと比べてもどちらかというとグラマラスなイメージがあります。クーペSUVという感じで、車高が低いところからして、かなり流麗なモデルと言えます。

・インテリアはどうなっている?

CX-4の内装
12

CX-30の内装
20190305-20104921-carview-011-1-view

CX-30はアクセラ(マツダ3)がベースとなっているということでしたが、CX-4も同様にアクセラがベースとなっているモデルです。2016年に登場した際には、内装はほぼアクセラと同じような感じになっていました。アクセラと違うのは、パーキングブレーキが電動式、ドリンクホルダーがついている、というところでしょう。マツダ3の国内仕様の装備面はかなり充実しているといえます。その装備がCX-30も搭載されると考えられます。

全車速追従クローズコントロール(全車標準装備)

車線逸脱防止のステアリングアシスト機能

ドライバーモニタリングシステム

センターディスプレイは8.8インチ型

内装の充実度でいえば、マツダのコネクティッド技術が搭載されることだろう。通信モジュールを搭載し、車両のメンテナンス情報や事故などの緊急時の自動連絡、ドライブサポートも使えるように。マツダ3が搭載しているほとんどの機能はそのまま搭載されることになるので、装備としてはかなり充実したものになるでしょう。

スポンサーリンク

◆CX-30 気になる価格は!?

20190305-20104921-carview-004-1-view

CX-30は市販モデルとして発表ということでこのまま販売される可能性もあるということも考えられます。気になるのは価格で、スタート価格は250万~の設定になると予想されます。FF、4WDを設定し、マツダ3と同等の充実した装備内容。量販グレードである2Lガソリン仕様から考えると、250万~のスタートで、本革シートとなると270万円~のスタートになるのではないでしょうか?ディーゼル仕様については、1.8Lを搭載し、駆動方式はFFおよび4WDを設定で、価格はFFでも290万円からのスタートと考えられます。特にマツダ3で注目されている「スカイアクティブーX」搭載車ですが、マツダ3では最上位グレードの2.2Lディーゼルターボ仕様で価格はFFで315万円からのスタートでした。CX-30についてもそれと同等か、10万円ほど高く設定されてスタート価格になるのでしょうか?

基幹モデルとして登場したCX-30。ターゲットはCX-3ではパーソナルなユーザーとしていますが、CX-30ではCX-3では拾いきれない、ファミリー層を中心に考えられているようです。CX-5では大きすぎて、CX-3では小さすぎる・・・。その間のモデルということで、使い勝手も良好、クルマの大きさもほどよい、ということになると、日本の道路事情も考えると、ピッタリとはまるモデルの登場になるでしょう。CーHRやヴェゼル、XVをロックオンしたモデルとも考えられます。これでマツダのクルマ造りの真価が試されるのではないでしょうか?

20190305-20104921-carview-012-1-view 20190305-20104921-carview-000-1-view 20190305-20104921-carview-001-1-view 20190305-20104921-carview-002-1-view 20190305-20104921-carview-003-1-view 20190305-20104921-carview-004-1-view 20190305-20104921-carview-005-1-view 20190305-20104921-carview-006-1-view 20190305-20104921-carview-007-1-view 20190305-20104921-carview-008-1-view 20190305-20104921-carview-009-1-view 20190305-20104921-carview-010-1-view 20190305-20104921-carview-012-1-view 20190305-20104921-carview-013-1-view 20190305-20104921-carview-014-1-view 20190305-20104921-carview-015-1-view 20190305-20104921-carview-016-1-view 20190305-20104921-carview-017-1-view 20190305-20104921-carview-018-1-view

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク