モビリティ東京として統合されたトヨタの販社。ユーザーのメリットは!?

20190410-20105085-carview-005-1-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

4月1日から東京ではトヨタの販社が統合され、全店で全車が購入できるようになった。これによってユーザーのメリットはあるのだろうか?トヨタのディーラーは、トヨタ店/トヨペット店/トヨタカローラ店/ネッツトヨタ店の4系列だが、東京地区は19年4月1日に「トヨタモビリティ東京」として統合された。看板も変わり、東京地区の店舗は共通の外観になり、全店で全車が取り扱いされるということなった。

統合された販売会社は、東京トヨタ/東京トヨペット/トヨタ東京カローラ/ネッツトヨタ東京と、この4社の持ち株会社になるトヨタ東京販売ホールディングスとなる。この中には東京トヨタのように地場の販売会社として発足したケースもあるが、後にすべて直営化された。トヨタが100%出資する完全子会社にトヨタ東京販売ホールディングスがあり、さらにその完全子会社に販売4社が位置するカタチだ。これらをトヨタの完全子会社となるトヨタモビリティ東京に統合したのだ。もともとトヨタの直営だった会社の統合なので、資本関係に本質的な変化はない。しかし4系列を廃止してトヨタモビリティ東京に統合すると同じ店舗ばかりになり、販売店の実態は大幅に変化することになる。この背景には、トヨタが2018年11月に発表した国内販売網の変革があるだろう。2022年~2025年に、国内ディーラーの全店が全車を扱う体制へ移行するという。

スポンサーリンク

◆トヨタ販社はこれからどうなる?

20181130-10364593-carview-008-1-view

これに伴って車種数も30車程度に半減される。全店が全車を売るなら、アルファード&ヴェルファイア、ヴォクシー/ノア・エスクァイアといった姉妹車は不要となる。設計の古いマークXなども廃止すれば、30車種程度に収まることになるのだ。ちなみに、トヨタの販売系列は50~80年頃に車種が増加したことで拡大してきた。姉妹車はあるものの、販売系列ごとに取り扱い車種を専門化して、入念な顧客サービスにより着実に販売してきた。この膨大な手間と時間を費やして築いてきた販売系列を、東京地区のみとはいえ廃止する理由は、販売会社の合理化と多角化にある。

合理化は、姉妹車の開発を減らすだけでもメーカーの負担が軽くなる。ある開発者は「販売系列都合で、外観の違うクルマを作る分けるのは手間とコストがかかる」と言う。また東京の販売店が統合されると、必然的に店舗の廃止も生じてくる。例えば、トヨペット店とカローラ店が並ぶ場所などは、どちらか一方は不要になって合理化を図れる。

多角化は、カーシェアリング、トヨタ車を定額制で利用する「KINTO」などの新しいサービスの導入だ。販売店の統廃合を進め、余剰になった店舗も利用して、これらのサービスを展開する。系列の廃止に際し、メーカーは「全店で全車を売ればお客様にとって便利」と述べることも多いが矛盾も伴う。過去の販売系列の否定になるからなのだ。数多く売るには販売系列が不可欠なので、廃止は販売規模の縮小を意味する。姉妹車の廃止も同様で、ユーザーは車種を選ぶ自由を失う。3月下旬、都内販売店で今後の見通しなどがどうなっているのか確認してみると、「改装は順次行うが、未経験の試みなので、今後の見通しが立たない。全店が全車を扱えば、ネッツ店は新たなクラウンを売り、トヨタ店にはパッソなどが加わる。従来以上に多くの商品知識が求められる。カタログも大量になる。

現状では点検などの工賃が系列ごとに異なり、新たに決めることも多い。ひとつの会社にするなら、全額も統一すべきだろう。残価設定ローンの残価率も系列ごとに違う。そして店舗の統合や廃止が進むと、新しいカーシェアリング事業などに乗り出しても、リストラは避けられないと思われる。その一方で店舗を単純に減らすと、サービス工場の規模も減り、車検などでお客様の車両を預かる期間が長引く。ショールームは減らせても、サービス工場は縮小しにくい。そこで複数の店舗をひとつの大型店舗にする方法もあるが、土地が必要なうえ、店舗の建設にも時間を要する。」ということなのだ。

販売会社の経営統合は可能でも、販売系列をひとつに絞るのはかなり難しい。また、東京以外は、メーカーに頼らない地場資本の販売会社が多いので、1社に合併するのは困難だろう。それでも2022~2025年には、全店が全車を扱う。そうなれば販売力の強い販売会社が生き残り、ほかは吸収されていく。この将来的な動向は、かつて系列化された他メーカーを見るとある程度予測できる。日産は2003年に約3100店舗を構えたが、今は2100店舗だ。ホンダも2400店舗から2200店舗に減った。

今後のトヨタの販売会社は各地域での競争が激しくなり、販売力の強い会社が生き残れる。そのような地場資本は、トヨタの販売会社以外にも量販店など複数の事業を営むことが多くなり、カーシェアリングなどの試みも柔軟に対応できる。トヨタは生き残った確実に利益を上げることができる強い地場資本と組むだろう。今後のトヨタが求めることは、販売会社の経営車ではなく、事業を幅広くダイナミックに展開できる資本家になる。

スポンサーリンク

◆トヨタユーザーのメリットは!?

ay4328_dena1803_fig00

問題はユーザーのメリットだろう。新しい事業やサービスは楽しみだが、全店が全車を扱えば、東京に限らず店舗の削減が進む。不便を感じて車種が減るのも寂しいものだ。東京のようにひとつの販売会社になると、購入時の値引き競争も難しい。あるセールスマンは「今のトヨタではプリウスやC-HRのように全店で扱う車種が増えた。そうなるとお客様は、異なる販売系列同士で値引きなどを競わせる。社内的には、トヨタ同士の値引き合戦を防ぐことも、統合の目的に含まれているのだろう」とコメントする。カーシェアリングは、希望するユーザーに提供することは大切だが、積極的に推進するとクルマが公共の交通機関に近づくことになる。友達通しで1台のクルマをシェアするなら話は別だろうが、今のカーシェアリングは短時間でも使えるレンタカーと同じだ。

知らない人が使うからルールを守っても愛車にはなり得ない。ユーザーの”所有したい欲求”を満たすことも大切だ。洗車からドレスアップまで、クルマを巡る楽しさは所有から始まる。顔見知りのセールスマンが入念なサービスを行い、車検も1日で終えるなど、今のトヨタ系ディーラーの顧客満足度はとても高い。時代の変化に対応することは大切だが、昭和から続くトヨタディーラーのよさもある。少なくとも車検や整備など、安心と安全に関しては高い水準を維持して欲しいところだ。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク