c-hr ev走行ができるモデルを2020年に日本専用モデルとして発売する予定

0

トヨタはEV開発で遅れを取っている、といった論調のレポートが公開されているが、実はトヨタほど熱心に研究をしている自動車メーカーは珍しいだろうと思われる。トヨタはハイブリッド技術では世界を圧倒的にリードしている。モーターとエンジンのパワーを緻密に制御してひとつのアウトプットとしてクルマを走らせる技術はピュアEVの比ではないだろう。EVのキモとなるパワーコントロール技術や、バッテリーの技術にしても、ハイブリッド開発で培った知見がフルに活用できる。

0

さらに、トヨタはすでに燃料電池車(FCEV)を量産市販化している。燃料電池車は、ピュアEVを自家発電システムで走らせているのだから、走行部分はEVそのものなのだ。つまりトヨタは、ピュアEVをその気になればいつでも市販モデル化できる技術的蓄えをもっているということになる。マーケットニーズとコストバランス、インフラ整備などの「タイミングを見計らっている」というにすぎないのだ。

1年以上前からネットでは「トヨタEV専用車は2020年発表を目標にレクサスUXベースで進んでいる」との情報が上がってきている。トヨタは上海モーターショーでC-HR・EVを2020年に市販することを発表した。C-HRとレクサスUXはプラットフォームを共用するモデルなので、以前よりささやかれていた噂にも合致する。ただ、「日本国内向けはEV専用モデルとなる」ということでC-HRよりも全高の低いクロスオーバータイプとなるようだ。

・上海モーターショーで発表されたモデルとは!?

上海モーターショーで明かにされたモデルはC-HRのピュアEVモデルだ。詳細なスペックや技術についえた明らかにされていないのだが、このシステムを見る限り、フロア下にリチウムイオンバッテリーを搭載し、フロントタイヤをモーター駆動する仕組みらしい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク