新型ハイエース ついに公開!海外向けモデルのスペックが判明した!

20190509-10408201-carview-002-1-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

東京トヨタ本社に突如登場した新型ハイエース。海外向けの新シリーズモデルが展示されていたという。本社ロビーに展示されていたモデルはUAE仕様の13人乗りのモデル。サイズは全長5915mm、全幅1950mm、全高2280mm。国内で販売されているハイエースワゴンについては10人乗りで全長は5380mm、全幅1880mm、全高2285mmというサイズなので、高さ以外は一回り大きくなっている感じがするものだ。よく見てみると、そこまで大きなサイズではないようなので、日本国内でも使えるような感じはする。


20190509-10408201-carview-000-1-view

現行のハイエースと異なるところがフロントのノーズ部分だろう。これまでのキャブオーバータイプではなくフロントにボンネットを持ち、エンジンが前に移動しているのだ。これにより安全性はもちろん、静粛性も高められている。展示されていたモデルのエンジンは、3.5L、V6直噴ガソリンエンジンで最高出力281ps、最大トルクは351NM。最高出力、最大トルクともに、展示モデルのほうが強烈なスペックを誇っている。現行モデルは100~150ps、トルクはディーゼルモデルについては300NMと同レベルの仕様となっているようだ。これだけのパワーがあれば大型化されてもそれなりに走ってくれそうな感じがする。トランスミッションは6MT。海外仕様ということもありMTの需要がまだまだあるのだろう。海外仕様のハイエースはオーストラリア、アジア、中南米、アフリカなどで販売されるということで、日本では従来のモデルを継続して販売するということだ。14人乗りのコミューターモデルということで日本で発売が決まれば、ジワジワと売れていくと思われるのだが・・・。

20190509-10408201-carview-000-1-view 20190509-10408201-carview-001-1-view 20190509-10408201-carview-002-1-view 20190509-10408201-carview-003-1-view 20190509-10408201-carview-004-1-view 20190509-10408201-carview-005-1-view 20190509-10408201-carview-006-1-view

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク