次期スカイラインクーペ 発売日に合わせて「プロパイロット2.0」を搭載の衝撃

20190520-10411445-carview-000-2-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

2016年、日産から「プロパイロット」が登場した時の衝撃は今でも忘れられない人が多いだろう。当時フルモデルチェンジしたセレナに搭載された「プロパイロット」は、高速道路の同一車線における速度のコントロールと、操舵を担当するACC(追従クルーズコントロール)機能を中心とした先進運転支援システムだった。自動運転技術として当時は宣伝されたのだが、実際には「プロパイロット」は自動運転レベルで考えればレベル2に過ぎない。世界中が期待する”居眠りしていても目的地まで連れて行ってくれる”という完全なる自動運転ではない。それを期待はずれと考えるか、現時点での法律やインフラの整備からすると当然のレベルととらえるかは各々だろうし、現実的には先進運転支援システムに分類されるテクノロジーを進化させていくことが、将来的な完全自動運転につながるということが多くの人の見解だろう。つまり先進運転支援システムのブラッシュアップは未来につながるといえる。2019年秋にも「プロパイロット2.0」へと進化するというのは注目されるトピックであろう。

スポンサーリンク

こちらの記事に書かれている内容は・・・

◆日産が放つ自動運転技術

1

これまで単眼カメラのみにセンシングを任せていた「プロパイロット」だが、「プロパイロット2」になっては「トライカム」と呼ばれる三眼カメラにミリ波レーダーを組み合わせて前方をセンシングするようになったのが大きな変更点である。さらには3D高精度地図データを組み合わせることで、自動運転としてはレベル2までだか、その中で確実に進化を遂げてきている。3Dマップを使うことは車両が走っている道の標高まで把握できていることになる。さらに自車の位置をマップ情報で補正することで前後1m、左右5㎝といった高精度を実現しているのもポイント。つまり、どの車線を走ってもかなり正確に機械が把握できるようになっているということになる。この精度を利用した機能のひとつが「ナビ連動ルール走行機能」で、ジャンクションや出口が近づくと、表示と音によって分岐をアシストしてくれるのだ。

さらに、走行車線を走行中に遅い車に追いついた時には、車両のほうで安全な車線変更のタイミングを判断して、追い越しと元の車線への復帰を行うというのだ。ただし、こうした車線変更はあくまでもドライビングアシストであるので、ドライバーはステアリングに手を添えて、スイッチ操作などで機械の判断を承認する必要がある。ユーザーの感覚としてはさほど変わっていないと感じるのかもしれないが、先進運転支援システムとしては大きく進化しているのだ。安全な車線変更のタイミングを機械が判断できるというのは、自動運転技術がひとつ上のレベルに上がったということを示している。

「プロパイロット2.0」では、同一車線を走行中においてはハンズオフと呼ばれる手放し運転も可能になっている。日本におけるハンズオフ第一号はBMWジャパンなのだ。BMWのハンズオフ機能が60㎞/h以下の渋滞時に作動するのに対して、日産「プロパイロット2.0」は速度にかかわらず手放し運転が可能となっている。現時点ではもっとも自動運転に近い感覚を味わうことができるはずだ。だがしかし、「プロパイロット2.0」はあくまでも自動運転の分類でいうとレベル2であり、ドライバーは常にシステムを監視する必要がでてくる。ハンズオフができるといってもスマートフォンをいじったり、読書をしたりすることはNGなのである。そのためドライバーモニターシステムを使ってドライバーが覚醒しており、よそ見などをしていないかを常にチェックする室内用カメラがついている。このシステムがあるからこそ、レベル2でもハンズオフが許されるということになるのだ。

スポンサーリンク

◆自動運転がもたらすメリット

20190520-10411445-carview-000-2-view

販売される国産車は先進運転支援システムを備えている車も多いのは確かだが、そのほとんどはステアリングを握る手のちからが抜けて15秒程度が経過すると、しっかりと握るようにアナウンスを出す。居眠りをしているわけではなくとも、現在の車線維持システムは高性能なので任せたくなり、つい手を緩めてしまうのだろう。こうした経験をしているユーザーにとっては、堂々と手放しができるというのは大歓迎であろうし、そのメリットも想像しやすいだろう。今、世界中の自動車メーカーが交通事故ゼロを目指して自動運転を開発している。まだ道半ばという状況だが、少なくとも現時点で市販車に搭載される自動運転レベル2の技術としては、高速道路の同一車線でハンズオフが可能な日産「プロパイロット2.0」は世界初といえる内容であり、トップランナーのひとつに数えらえる技術といえるだろう。

propilot2.0-1

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク