次期フィット 2019年10月には必ず登場する!事前予約も8月ごろ開始に!

4

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

ホンダが本気で次期型フィットを開発している!2019年東京モーターショーで世界初公開すると豪語した八郷社長。次期型フィットの登場予告を半年も前にする理由とは!?

スポンサーリンク

◆次期型フィットの事前予約宣言

1

次期型フィットは2019年10月から11月ごろに発売する予定で、8月ごろから事前の予約受注を開始する。車両の詳細についてはメーカーからの発表はまだないが、ハイブリッドシステムは2モーター方式のi-MMDに進化をする。車両の特性を大幅に変更し、いわゆるキープコンセプトで一新させるだろう。現行型フィットに用いられているハイブリッドシステムは「i-DCD」と呼ばれるタイプで1個のモーターに7速DCTを組み合わせる(2組のクラッチを備えた有段AT)。モーターが1個なので、発電とモーター駆動を同時に行うことができなく、モーターによる発電は、主に減速時におこなわれ、リチウムイオン電池に充電をする。この電気を使ってモーターを回し、燃料消費量を抑える仕組みとなっている。

このハイブリッドシステムが次期型ではi-MMDへと刷新される。八郷社長は5月8日に行われた事業説明会で以下のような話をしている。「ホンダは、カーボンフリー社会の実現にむけて、2030年にグローバル4輪車販売台数の3分の2に電動車を搭載する目標を掲げています。それを実現するために、2モーターハイブリッドのi-MMDをホンダのモデルラインナップ全体に拡げていきます。現在、中・大型モデルに対応しているi-MMDに、新たに小型車向けのシステムを開発しました。この小型i-MMDは、2019年の東京モーターショーで世界初公開予定の新型フィットから採用します。」

スポンサーリンク

◆i-MMDシステムとは?

2

i-MMDとは、「インサイト」や「ステップワゴン」、「オデッセイ」などに搭載されるホンダのハイブリッドシステムだ。2つのモーターを備え、1つはエンジンの力で発電を行う「発電用モーター」に割り当てられる。もう1つは駆動力を生み出す「走行用モーター」。高速巡航時のみに、エンジンがタイヤを直接駆動することも可能な設計となっている。なぜなら、高速巡航時はそのほうが効率が高いからなのだ。

i-DCDなど従来のシステムでは、エンジンがホイールを駆動する割合が高いため、走行状態に応じてエンジン回転数が上下する。しかしi-MMDでは、通常時はモーターが駆動を担当するため、エンジンは発電に専念して効率の高い回転域を維持できるのだ。状況によっては、ゆっくり走っている時でもエンジンは効率のいい回転数まで高めて、走行に必要とされる以上の発電を行い、余った電気をリチウムイオン電池に蓄えることも可能なのだ。

この電気を使って走った場合、エンジンを駆動せず、モーターのみで走る距離を伸ばすことができるのだ。2モーター方式のi-MMDでは、さまざまな制御を行って燃費を向上できる仕組みとなっている。インサイトの実燃費実験では、市街地と高速道路で特別なことをせずに走った場合、平均燃費は約29Km/Lであった。この数値は実走行に近いとされる測定法であるWLTCモード燃費の25.6㎞/Lをかなり上回っており、JC08モードの31.4㎞/Lに近い数値となる。専用のテスターを使って走行時間の内訳をみると、全走行距離のうち、約61%はエンジンを停止させてモーターのみで走っていたという結果がある。これはエンジンによる発電と、減速時の回生充電の効率が優れている証拠といえる。次期フィットのハイブリッド仕様は、このi-MMDを小型車用に最適化して搭載するので、実用面を含めた燃費性能が大幅に向上する。またモーター駆動が中心なので、アクセル操作に対する加減速も機敏になるのだ。走りが滑らかで静かになるため、上質なコンパクトカーとして1段階上のモデルに仕上がることになりそうだ。

スポンサーリンク

◆次期フィットハイブリッドシステムは

3

ハイブリッドシステムは1.5Lエンジンがベースで、インサイトに近いタイプになると考えられる。フィットなら1.3Lエンジンでも充分だろうと思われるが、i-MMDのエンジンは発電用なので、効率を優先させると1.5Lになるのだ。また、シビックの欧州仕様には、直列4気筒1.5Lターボエンジンと合わせて、直列3気筒1Lターボエンジンも搭載される。後者のエンジンはノイズや振動、コスト面で解決すべき点があるものの、巡航時には燃料消費量を効率よく抑えることができる。このエンジンを次期フィットに搭載する可能性もでてきているのだ。今後は充電可能なハイブリッドシステムを含めて、モーター駆動を用いたモデルラインナップの多彩な発展が考えられる。そのためにはプラットフォームの基本設計など、さまざまな電動車に対応できるようなものに刷新されると考えらえられる。

◆次期フィットのスペックに期待

4

次期フィットについてはスパイショットもリークされているため、ここから予想をすることができる。基本的には現行型と変わらない部分が多いだろうが、フルモデルチェンジとなるため各部の形状が少しずつ変化していくのは確実とされている。フロントマスクは、ホンダのSUV「CR-V」のようにボリューム感のある顔立ちとなることが予想される。現行フィットはヘッドランプが切れ長の形状となっているが、ヘッドランプをしっかりと見せてインパクトを強めるデザインになるだろう。

ボディ側面は、現行型と同じワンモーションフォルムを採用する。ボディをひとつの塊として見せる手法で、ボンネットからフロントウインドウ、ルーフにかけるラインが直線的に繋がるのだ。フロントピラーは大きく寝かされ、斜め前方には現行型と同じく三角形のサブウインドウが装着され、視界に配慮した設計となるだろう。次期型ではサブウインドウのサイズが少し拡大されるという。ボディパネルの見せ方も変わってくる。現行型のボディの前側から後部にかけて、ドアノブの下側を通る太いキャラクターラインが入れられている。次期型はこれを省き、ボディパネルの面に豊かな表情を持たせたもとになるだろう。これは近々マツダが発売する「マツダ3」、あるいは「CX-30」にも似た手法なのだ。大人びた熟成された外観がポイントとなる。

このほかにも、運転支援システムの「ホンダセンシング」の機能も大きく進化したものになるだろう。車体のパッケージングについては、フィットの歴代モデルは、燃料タンクを前席の下に搭載することで空間効率が高められていることが特徴となる。そのため荷室の床が低く、後席を落とし込むようにたたむと広い荷室が出現するのだ。後席の頭上と足元空間は、ミドルサイズのセダン並みの広さを確保しているが、大きさは5ナンバーサイズで全長は4メートルを切っている。コンパクトで視界がよいことから混雑した街中や駐車場でも運転しやすくもあり、全高が1550mm以下なので立体駐車場も使えるなど、実用性の高さが美点となる。この優れた実用性は、次期型にももちろん継承されるだろう。特にコンパクトなサイズと優れた視界は重要で、視界の優れた運転のしやすいボディは、周囲に潜む危険の早期発見にも繋がり、事故防止に役立って安全性を高めるのだ。価格については、性能を高めながら割安に抑える必要もあり、最近ではホンダセンシングを装着したことで、フィットの価格は1.3Lのノーマルエンジン車でも売れ筋グレードでは160万円をこえてくる。次期型の価格は据え置きでお願いしたいところだが、5から10万円ほどの価格は上振れするだろう。

5 6

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク