新型フォレスター 一部改良でカラーに追加設定!人気色追加で販売増に期待

2

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

新型フォレスターに新色追加!スバルは新型フォレスターの一部改良モデルを発表しました。7月18日から発売を開始し、月間販売目標は2600台。価格は280万8000円から309万9600円となります。2018年に発表した、第5世代となる新型フォレスターはスバル・グローバル・プラットフォームを採用したほか、水平対向エンジンと電動技術を組み合わせたハイブリッドモデル、e-BOXERを搭載しました。このe-BOXERを搭載したアドバンスが最も販売が多く、全体の約半数を占めるほどです。

1

安全装備も充実しており、全車速域で追従走行と車線中央維持ができ、アクセルやブレーキ、ステアリング操作をサポートする「アイサイト ツーリングアシスト」を搭載しました。このシステムによって新型フォレスターは2018年度JNCAP衝突安全性能評価で最高得点を獲得し、大賞を受賞しています。さらに2018年のJNCAP予防安全性能評価でも最高ランクの「ASV+++」を獲得し、幅広い領域における安全性能の高さが評価されました。今回の改良では、後席への荷物などの置き忘れをブザーと画面で知らせる「リヤシートリマインダー」を新たに搭載し、機能性も高めています。ボディカラーの新色として「BRZ」や「レヴォーグ」、「WRX STI/S4」などにも追加された「マグネタイトグレー・メタリック」を採用しました。緻密で滑らかな輝きと落ち着きのある色合いが特徴で、フォレスターの魅力をさらに高めたのです。

2

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク