新型カローラフィールダー 2019年9月にもデビュー!大幅値引きに期待!

20181130-10364593-carview-000-1-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

9月17日に正式デビューが決まっている新型のカローラとカローラ・ツーリング。車両の名称についてはまだ正式に決定はしていないが、徐々に詳細が判明してきているのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

◆新型カローラのボディサイズは?

20181130-10364593-carview-005-1-view

すでに話題になっていますが、3ナンバーボディになるということは決定のようです。しかし北米や中国などですでにデビューしている、グローバル仕様のカローラよりは若干小さめのサイズになるということです。車両サイズは全長4495mmx全幅1745mm、全高1435mm(セダン)、1460mm(ツーリング)。ホイールベースは2640mm。トレッドは1530mm/1540mmとなっています。現行のアクシオとセダンとの比較では、全長が95mmのプラス、全幅が50mmのプラス、全高が25mmのマイナス、ホイールベースは40mmのプラスとなっています。

新型カローラセダンとグローバルのセダンを比較してみますと、全長でマイナス135mm、全幅がマイナス35mm、全高は同じで興味深いのがプラットフォームについてはTNGAの考えに基づく共通のプラットフォームを採用しますが、ホイールベースが60mmのマイナスとなっているのです。ちなみに2640mmというホイールベースはカローラ・スポーツと共通となっています。

ボディサイズは現行の5ナンバーサイズから3ナンバーサイズとなるので、結構サイズアップとなると考えられますが、最小回転半径は現行の4.9mに対して、新型は5mとなり、日本の道路事情などに合せた小回りがきく性能の高さが確保されているようです。

スポンサーリンク

◆新型カローラのパワートレインは?

20181130-10364593-carview-008-1-view

パワートレインは、いままで1.8リッタープラスモーターのハイブリッドと、1.2リッター直4ターボがラインアップされる、という情報が多かったのですが、2ZRーFXE型の1.8リッター+モーターのハイブリッドユニットで122psを発揮するものへと出力がアップします。ガソリンエンジンは2種類用意され、8NR-FTS型1.2L直4ターボエンジンは、最大トルクを185NM/1500-4000rpmへとアップされ、6速MTのみの設定となりセダンとツーリングに搭載されます。ガソリンエンジンのメインユニットとなるのは、現行プレミオ&アリオンにも搭載されている、1.8Lバルブマチックの2ZR-FAE型で、トランスミッションは7速スポーツシーケンシャルシフトマチック+CVTスポーツモードとなります。

スポンサーリンク

◆現行型の値引きが期待できる

20181130-10364593-carview-013-1-view

バリエーションはセダンとツーリングでは共通となり、ガソリンが1.8LエンジンとCVTの組み合わせとなるWxB、S、G-Xと、6速MTのみとなる1.2Lターボエンジンを搭載するWxBとなります。ハイブリッドはWxB、S、GーXとなり、2WDと4WDが設定される予定です。WxBがスポーティ、Sがラグジュアリー、GーXがスタンダードグレードという位置づけになるようです。当面は現行のアクシオ、フィールダーも継続販売されます。アクシオ&フィールダーとも1.5Lガソリンと1.5L+モーターとなるハイブリッドが用意され、EXというモノグレード構成となるようです。ガソリン車には2WD、4WDが用意される予定で、2WDにはCVTのほかにMTが設定されます。電動パーキングブレーキはG-X以外に設定されます。

ボディカラーはWxBには新設定となるスパークリングブラックパールクリスタルシャインのほか、ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラックマイカが設定され、ブラックマイカ以外はオプションカラーとなります。SとG-Xには、新開発のカラーとなるセレスタイトグレーメタリック、新規設定色であるスカーレットメタリック(赤系)、ダークブルーマイカメタリック、ブラックマイカ、スーパーホワイトⅡ、ホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリックが設定されます。スカーレットメタリックとホワイトパールメタリックシャインがオプションカラーとなります。

登場時期が9月となると8月上旬には現行モデルの販売は終わり、在庫処分セールに入っていることですから、現行型の大幅値引きを狙うならばその時期がチャンスとなるでしょう。

◆新型カローラのインテリアは?

20180622-20104011-carview-017-3-view

トヨタ初となる”ディスクプレイオーディオ”が全車標準装備されることで、これはインパネセンター上部に設定されるもので、オーディオ機能を持ったディスプレイです。このディスプレイオーディオの採用により、ディーラーオプションや汎用品のカーナビやオーディオの装着はできなくなっています。ディーラーオプションでT-Connectナビ、エントリーナビキットが用意されています。インテリアカラーは黒系のみに統一され、WxBのリヤシートは6:4分割可倒式となっています。

新型カローラシリーズは世界的に”ひとつのプラットフォームにふたつのエクステリア”ということで、グローバルで共通化を進めてきたことでブランドを高めてきましたが、日本仕様は単に全幅を狭くしただけではなく、全長やホイールベースのサイズダウンまで行い、販売店向けには”国内専用ナローボディ”という表現が使われているということです。日本市場で誕生してから50年以上、5ナンバーを死守してきたカローラですが、いきなり世界共通仕様の3ナンバーにします、というのはかなりのリスクがあると判断されたのかもしれません。世界共通といいならがも日本では仕様を変更してきたということを考えると、この12代目新型カローラにかける、トヨタの意気込みを感じさせるものがあります。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク