新型軽自動車 ダイハツ タントにも搭載される次世代システムの凄さ。

20190522-20105219-carview-030-3-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

令和の時代に入り、日産デイズ、三菱eKに続き、ダイハツタント、ホンダN-WGN、さらには次期三菱パジェロミニが発売するか!?と軽自動車の主力モデルが次々とフルモデルチェンジしていることが話題となっている。こうした流れの中で考えられるのが、「軽自動車が技術的に次世代へ突入した」ということだろう。今軽自動車が熱い理由を考えてみる。

スポンサーリンク

◆新型軽自動車にACC搭載へ

20190522-20105219-carview-010-3-view

アクセルを踏まなくても前の自動車に追従し、設定した速度で走ってくれる便利なACC(アダプティブクルーズコントロール)は、軽自動車ではホンダのN-BOXから導入されている。しかし、N-BOXのシステムは30km/h以下の低速域での作動はしないため、渋滞時でも使える”全車速追従機能”が待ち望まれてきたのだ。ここにきて日産のデイズ、三菱のeKを皮切りに、発売予定の次期型ダイハツのタント、ホンダのN-WGNも停止まで追従する機能が設定されるというのだ。登録車でも採用例が広がっているのだが、いったん全車速追従に慣れると、後戻りできないという恐ろしさもある。ACC作動中の停止時にブレーキを自動で保持する必要があることから、パーキングブレーキの最新の電動式を搭載することにもなる。

スポンサーリンク

◆新型軽自動車にも維持機能

20190607-20105265-carview-002-1-view

カメラで白線などを認識して、車線のほぼ中央を維持する機能で、車線をはみ出しそうになると介入する従来のレーンキープ機能をさらに進化させたもの。自動運転機能ではないのでドライバーが手を離したり、よそ見をすることはできないのだが、レーンキープ機能と違い、進路がピンポン玉のように左右にふらつかず、ステアリングの安定感がかなり増すため、ドライバーの疲労軽減にバッチグーな機能なのだ。

スポンサーリンク

◆新型軽自動車に駐車支援システム

20190522-20105219-carview-002-3-view

アラウンドビューモニターのような、上からみた俯瞰映像で駐車を楽にするものは従来から搭載されているクルマは多いが、次期タントはステアリング操作もクルマが行ってくれるという。10年以上前にホンダの軽自動車である「ライフ」にも似たようなシステムが搭載されていたことがあった。(スマートパーキングアシストシステム。)最新のシステムであれば、実用性も高いと言えるだろう。登録車では、アクセルやブレーキも含めて全自動のシステムも登場している。駐車支援機能は次世代の軽自動車ではスタンダード技術というほど広がっているというわけではないが、ダイハツが次世代基盤技術のDNGAに組み込んだことで、他のメーターが追従する可能性は高いと言えるだろう。

◆新世代のプラットフォーム

20190328-20105035-carview-011-4-view

クルマの基本的な骨格となるプラットフォームはパッケージ、運動性能、快適性、衝突安全性能、重量などを左右する根幹部分にあたる。その新規開発はかなりのコストがかかるため、2から3回のフルモデルチェンジに1回と、10年前後の長いサイクルで更新されるのだ。このためプラットフォームも刷新されたモデルチェンジとなると、通常のモデルチェンジよりも大きくクルマが進化している可能性が高いと言えるだろう。日産のデイズ、三菱eK、ダイハツタント、ホンダのN-WGNはどれも新世代プラットフォームを採用している。走行性能や快適性や内外装のクオリティにおいて、格上である登録車のコンパクトカーに匹敵もしくはそれ以上という評価も出ていたりする。

その他にも、衝突回避ブレーキが夜間の歩行車や自転車に対応してることなども新世代の軽自動車に共通するポイントだろう。また、ダイハツが次期タントに導入する遊星ギアを組み合わせた新発想のCVTや、エンジンやハイブリッド機構のイノベーションなど、パワートレインのさらなる効率化や高性能化を狙った技術も登場してきている。車両本体価格はコンパクトカーよりも高かったりすることはあるのだが、それ以上にランニングコストを考えるとこれ以上優秀なクルマはないと言えるだろう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク