スバルwrx sti 新型など5月~6月で発売したニューモデル、特別仕様車、追加モデル

dfe6b1dfe7124b9f522aae1b7fc31cb5-e1499050174800

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

5月~6月に新車、もしくは特別仕様車、追加モデルをしたクルマがあるのでご紹介したい。スバルWRX S4/STI、レクサスRC 、フィアット500X、BMW8シリーズディーゼル、BMW MINIクラブマン ブルーノートトーキョーエディション、BMW3シリーズ ディーゼルモデル、プジョー308。

スポンサーリンク

◆スバルWRX S4/STI

1

スバルのWRX S4/STIが一部改良された6月27日に発売されました。ハイビームアシストが作動する車速が40km/h→30km/hになったほか、S4はフロントグリルのデザインを変更。メッキモールを追加してウイングモチーフを強調し、よりスポーティなデザインとしたほか、18インチアルミホイールの色をダークガンメタリックからブラックに変更しました。STIはフロントフォグカバーを新デザインに変更、STI TypeSには切削光輝の19インチアルミホイールを採用しました。駆動方式はS4/STIともにAWDで、変速機はS4がCVT、STIが6MTとなります。地味ですが、トランクの開閉方法も変更されました。

WRX S4については、「WRX S4 STI Sport EyeSight」のフロントグリルデザインを変更。メッキモールを追加してウイングモチーフを強調し、よりスポーティなデザインとした。また、「WRX S4 2.0GT-S EyeSight」の18インチアルミホイールの色をダークガンメタリックからブラックに変更した。

WRX STIについては、フロントフォグランプカバーを新デザインに変更。「WRX STI Type S」には切削光輝の19インチアルミホイールを採用し、走りの躍動感を強調したデザインとした。

また、WRX S4/STI全車で、ハイビームアシストが作動開始する車速を従来の40Km/hから30km/hに変更。より低車速から作動することで作動領域を拡大し、夜間走行時の安全性をさらに向上させた。また、トランクの開閉方法を変更し、全てのドアがアンロックされている場合、アクセスキーを持っていなくてもトランクを開けられる仕様とした。そのほか、ボディカラーをダークグレー・メタリックから新色マグネタイトグレー・メタリックに変更した。

販売計画は月販500台。価格は、WRX S4が336万9600円から409万3200円。WRX STIが386万6400円から406万0800円。

スポンサーリンク

◆レクサスRC F

2

レクサスのスポーツクーペであるRC Fが5月13日にマイナーチェンジされました。主な改良点は軽量化と空力の改良、高性能バージョンのパフォーマンスパッケージの設定です。従来型比で約20kg軽量化し、これにより運動性能が向上しました。トレッドパターンの1本1本、コンパウンド材質にまで拘ったタイヤを新開発しています。エンジンマウント、サスペンションメンバープッシュ、ステアリングラックプッシュの剛性を高め、サーキット走行での優れた操縦安定性を確保しました。エンジンのスロットル制御も改良し、レスポンスを向上させています。エクステリアも空力を向上させるため、フロントスポイラーのコーナーにカナード形状を取り入れてダウンフォースを向上。サイドのロッカーモール後端にアンダーカット形状をつくってリアタイヤ周辺の乱気流を抑制しています。パフォーマンスパッケージはカーボンセラミックブレーキや固定式のカーボンリアウイングを採用。カーボン素材の外装部品への装着で、従来型に比べて70kgの軽量化に成功しています。

スポンサーリンク

◆フィアット 500X

3

フィアットのコンパクトSUVである500Xがマイナーチェンジされました。前後バンパーのデザインが一新され、よりSUVらしくなっています。エンジンには新世代のオールアルミ製1.3L直4ターボエンジンを搭載。従来モデル比で11ps増の151ps、2kgm増加の27.5kgmを発生させつつ燃費も10%向上しています。トランスミッションは6速乾式DCTで、そのほかに、レザーステアリングホイールや前後シートヒータなどを装備します。

◆BMW 8シリーズディーゼル

4

新型BMW8シリーズディーゼルモデルが追加されました。新開発の可変シーケンシャルツインターボを搭載した直6、3Lクリーンディーゼルを搭載し最高出力/最大トルクは319ps/69.3kgmと非常にパワフルになっています。クーペ2モデル、カブリオレ2モデルがそれぞれ発売されました。今年の夏以降には自動運転レベル2である「ハンズオフ機能付渋滞運転支援機能」も搭載されます。

◆BMW MINIクラブマン ブルーノートトーキョーエディション

5

BMWミニクラブマンに日本のジャズの聖地であるブルーノートトーキョーとコラボした、ジャズをテーマにした特別限定車ブルーノートトーキョーエディションが発売されました。ピアノをイメージした「ミッドナイト・ブラック」と、プラス・セッションを連想させる「ホワイト・シルバー」の2モデルを用意。五線譜と楽器の弦をモチーフにしたオリジナルデザインのブルーのストライプを採用するなど、限定感を演出しています。

◆BMW 3シリーズ ディーゼルモデル

6

BMW3シリーズにディーゼルモデルが追加されました。9月下旬より順次納車が開始されます。プラグインハイブリッドモデル、直6エンジン搭載のM340iも同じく発売。ディーゼルモデルは320dと320d Mスポーツの2グレードを用意。低回転域と高回転域で切り替わる2ステージターボシステムをBMWとして初採用する2L直4ツインパワーターボディーゼルエンジンを搭載しました。スペックは190ps/40.8kgmで4WDモデルのみとなりますが、安定走行時は100%後輪にトルクを配分するFR走行も可能となっています。

プラグインハイブリッドモデルの330e Mスポーツは先代モデルから容量を約80%拡大した10.3kwhリチウムイオンバッテリーを搭載し、モーターのみで最高速度120km/h、最長59kmのEV走行が可能となります。3L直6ターボエンジンを搭載するM340iのエンジンスペックは387ps/51kgmを誇り、サーキット走行を想定した各種Mスポーツ装備を搭載しています。デザインもアグレッシブなデザインに変更されています。

◆プジョー308

7

プジョー308が一部改良されました。欧州環境規制EURO6.2に対応した新型1.2Lガソリンエンジンを搭載したほか、ATが6速から8速になりました。この8速ATを搭載したことで、3種類のドライブモードが選択可能になり、ACCを標準装備し、カープレイに対応するプジョーミラースクリーンを搭載します。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク