新型グランビア 日本発売は2019年10月の可能性が!?アル/ヴェルを超える?

7

2019年5月21日、オーストラリアのトヨタと台湾トヨタが突如としてグランビアを発表しました。このグランビアは新型ハイエースをベースとした高級ミニバンへと変貌を遂げるのです。日本ではグランドハイエースとして、2019年10月に発売される予定です。ハイエースより性能は上がっているのでしょうか?また、アルファード/ヴェルファイアとの棲み分けはどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

◆新型グランビアは「デカい」

1

トヨタの新車投入計画によると、2019年10月にトよペット店扱いの新型VIP仕様のミニバンが計画されているようです。少なくとも複数の情報源から同じ情報が確認されていることから、販売店の情報に詳しい関係者の話では、確かに高級ミニバンが登場するということなのです。このことから、2019年10月に投入されるVIPミニバンは、ハイエースワゴンの後継車ということは間違いなさそうです。

さらにその内容としては、2019年5月21日にオーストラリアと台湾で発表された新型グランビアが”それ”というのです。海外向けとして2019年2月に発表された新型ハイエースをベースにした乗用モデルとして開発されたのがグランビアです。

スポンサーリンク

◆新型グランビアはハイエースよりデザインが”きつい”

3

ボディサイズは全長5300mm、全幅1970mm、全高1990mmのハイエース。ショートボディ標準ルーフよりも全長が25mm、全幅が20mm幅広くなっています。ベースとなっているハイエースと比べるとわかるのですが、ハイエースがバン、グランビアがより豪華なデザインとしてワゴンに仕立てているのです。ハイエースより少し”コワモテ”になりますが、アルファード/ヴェルファイアよりはおとなしそうです。日本人には受けるかもしれませんね。

フィリピンで発表されたハイエースの海外仕様は、ボディサイズが全長5265mm、全幅1950mm、全高1990mm。ロングボディハイルーフのボディサイズは全長5915mm、全幅1950mm、全高2280mmでホイールベースは3860mmとかなり大きめなサイズとなっています。

新型グランビアはキャブオーバーではなく、小さいボンネットをもったセミキャブ型となります。より高い衝突安全性を確保するためにも必然のスタイルとなっており、ボディは環状骨格構造を採用しているTNGAコンセプトに基づいて新開発され、高い剛性と衝突安全性能を備えています。先進安全装備である「トヨタセーフティセンス」ももちろん装備されます。

発表された新型グランビアのボディは以前のグランビアよりも大型化されており、全長は5300mm、全幅1970mm、ハイエースショートボディよりも全長が25mm、全幅が20mm幅広くなっています。全長1990mmとホイールベース3210mmは変更なくそのままのサイズです。

スポンサーリンク

◆新型グランビアのエンジンはどうなるの?

2

エンジンは177ps/45.9kgmを発生する2755ccのディーゼルターボとなります。日本仕様は2.7Lガソリンエンジンも設定される予定ということです。インテリアについては発表されたグランビアで3列シート6人乗り、9人乗りでしたが、日本仕様はおそらく3列シートの8人乗りが基本となっており、2列目シートが左右独立キャプテンシートの7人乗りも設定されるということです。

現在公開されている海外向け仕様の内装は、インパネやシートのデザインはラグジュアリー志向でアルファード/ヴェルファイアと比べても遜色のない豪華さを伺わせます。ハイエースの基本は商用バンで、もちろんワゴンも用意されるのですが、その1つ上のワゴンモデルである、ノア/ヴォクシー/エスクァイアとは一線を画すVIPモデルのミニバンとして新たなユーザーの声に応えてくれることでしょう。日本でのネーミングはまだ正確には伝えられていないのですが、グランドハイエースという名を与えられるかもしれなということも。もしかしたらハイエースよりも人気が出るかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク