スバル新型シフォンがこっそりとマイナーチェンジを実施。タントと同じ

photo1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

スバルは2019年7月16日に、新型の軽自動車スーパーハイトワゴンのシフォンを発表しました。発売は7月25日からとなります。新型のシフォンは日常使いでの使い勝手の良さと安全性能を追求した軽自動車スーパーハイトワゴンです。開放感のある広い室内と「ミラクルオープンドア」など便利な機能や装備を追加しました。さらに先進安全システムとしての機能を大幅に向上させた「新スマートアシスト」を採用し、全車標準装備としています。

bodycolor04

室内は、天井高やフロントガラスまで余裕の感じられる開放感のあるキャビンと、多彩な収納装備により、使いやすさと快適性を大幅に向上させました。運転席は最大540mm、助手席は最大380mmのシートスライドが可能で、前席に座った状態での後席へのアクセスや、前後席をウォークスルーで移動できるなど利便性を大幅に向上させています。また助手席のBピラーを助手席側ドアとスライドドアに内蔵させ、大開口を実現する「ミラクルオープンドア」を採用しました。スムーズな乗員の乗り降りや荷物の積み下ろしができます。

ステレオカメラ式の「新スマートアシスト」は、自動でハイビーム/ロービームの切り替えを行い、対向車が居る場合にはハイビームの照射範囲を制御する「アダプティブドライビングビーム」を軽自動車で初めて採用しました。ステレオカメラが車線を認知し、ステアリング制御ではみ出しを防止する「車線逸脱抑制制御」などの機能を新たに装備しています。

「スマートアシストプラス」として、先行車を認識してアクセルとブレーキを制御し、追従走行を行う「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」や、約60km/h以上で車線の中央を維持して走行する「レーンキープコントロール」、駐車時のハンドル操作をアシストする「スマートパノラマパーキングアシスト」など軽自動車初の機能を取りそろえている。

価格は121万円~190万6200円までの設定となっています。

photo1 photo13

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク