N-WGN 新型のカスタムは買いか!?進化するホンダセンシングの性能の凄さ

photo3

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

ホンダのN-WGNがついに2代目として新登場した。新型N-WGNのボディでは2代目N-BOXから採用がスタートした軽量・高効率な新世代のプラットフォームを活用しつつ、全高の低いハイトワゴン向けに最適化するために、フロアの左右を横断するクロスメンバーを専用に設計しています。また、高粘度接着剤による接合部位を拡大しており、フロア周辺の剛性を引き上げて振動を低減しています。静粛性をより高めており、新世代プラットフォームの採用でハイテン材の使用比率は全体の64%まで高まり、高剛性化による重量増を最小限に留めています。

photo16
スポンサーリンク

こちらの記事に書かれている内容は・・・

◆新型N-WGNの安全性能

初代モデルで軽自動車としてはじめて「J-NCAP 5スター」を獲得した衝突安全性能についてもさらに進化させています。前面衝突では衝突エネルギーをフロアとサイドシルに分散させるほか、Aピラーにも荷重を分散させて効果的に生存空間を確保しています。側面衝突ではシートフレームも荷重伝達部品の一部として活用し、衝突のあった逆サイドまで荷重を伝達し、生存空間を確保する。後面衝突ではラゲッジスペースが壊れて衝突エネルギーを吸収しつつ、サイドシルからフロント側に荷重を伝達。生存空間を確保し、燃料の配管などを保護するようにしています。

車内の装備についても、初代モデルで一部グレードはオプション設定となっていました「前席用i-サイドエアバッグ」、「サイドカーテンエアバッグシステム」を全車に標準装備しています。フロントシートのシートベルトには、衝突などのシーンで肩ベルトに加えて腰ベルトも引き込む「アウターラッププリテンショナー」を採用し、乗員の身体をしっかりと拘束して安全性を高めています。

photo13

歩行者保護ではフロントマスクに平面部分を設定し、足に掛かる衝撃を分散させてダメージを軽減しました。ボンネットとエンジンの空間を先代モデルより拡大して、衝撃が加わった時にボンネット下のパーツが折れ曲がる構造を採用。歩行者事故の発生時に歩行者の頭部に加わる衝撃を緩和します。

ADAS(先進運転支援システム)では、制御システムの変更を行った安全運転支援システムである「ホンダセンシング」を全車で標準装備しました。「CMBS(衝突軽減ブレーキ)」では「オートハイビーム」の採用に伴い、夜間で街灯のない道路でも横断する歩行者の検知が可能になったほか、横断する自転車もホンダ車として初めて検知が可能となり、必要に応じて警報や自動ブレーキで衝突の回避や被害低減を図るようにしています。

ACC(アダプティブクルーズコントロール)にはホンダの軽自動車として初めて渋滞追従機能を採用。前方の車両が止まった場合には自車も停止し、3秒以内に再発進すると追従走行を再開。3秒超えた場合でもボタンを押すかアクセル操作で追従を再開します。このほかに、「歩行者事故低減ステアリング」、「路外逸脱制御機能」、「LKAS(車線維持支援システム)」、「誤発進抑制機能」など10種類の先進機能を備えています。これにより、新型N-WGNは全車で経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進している「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当しています。

スポンサーリンク

◆パワートレイン

パワートレーンについても2代目N-BOXから継承し、エンジンは「S07B」型の直列3気筒DOHC 0.66リッターを採用。自然吸気で最高出力43kW(58PS)/7300rpm、最大トルク65Nm(6.6kgfm)/4800rpmを発生、ターボで最高出力47kW(64PS)/6000rpm、最大トルク104Nm(10.6kgfm)/2600rpmを発生する点に変更はないが、排出ガスの環境性能を高めるため、自然吸気では排気が触媒に均一に当たるようエキゾーストマニフォールド形状を改良。ターボでは低温から活性化する触媒を採用し、新しい触媒に合わせて制御を最適化している。

photo10

◆新型N-WGNのCVTの性能

CVTではパドルシフトやシフトセレクターなどの操作によらず、ブレーキペダルを踏むだけでエンジンブレーキを活用してスムーズに減速できる「ブレーキ操作ステップダウンシフト制御」を導入。下り坂でブレーキを踏んだ時には自動的にダウンシフト制御を行ない、コーナーリングではエンジン回転数をキープして安定感を保つほか、立ち上がりの再加速で力強いレスポンスを可能とする。また、シフトポジションで強くエンジンブレーキが発生するLレンジに替え、穏やかにエンジンブレーキが働くSレンジを設定。シフト操作で積極的にエンジンブレーキを活用できるようにしているほか、ブレーキペダルを踏むと従来のLレンジ相当のエンジンブレーキが発生するようにしている。

足まわりでは全車でフロントスタビライザーを採用し、N-WGN カスタムのL・ターボ 2WD車ではリアスタビライザーも標準装備。また、サスペンションでは「横力キャンセルスプリング」を採用。ダンパーに対してスプリングをオフセットさせる構造を用いることで、タイヤが上下動した時にダンパーロッドに発生する曲げ方向の力を低減。フリクションが減ることでダンパーがスムーズに作動し、乗り心地が向上するほか、ステアリング操作で起きるロールが旋回のヨーにスムーズに連続。穏やかで予想しやすい車両挙動を実現する。

このほか、ホンダの軽自動車として初めて、レーシングカー開発を行なう「HDR Sakura」にあるムービングベルト式風洞で空力性能開発を実施。フロア下の空気の流れを改善して空気抵抗を低減したほか、ボディ前後のリフトバランスも最適化。高速道路などの走行時や強い横風が吹いているシーンでの安定性を高めている。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク