ジムニーシエラ 新型の評価がグローバルで高い理由はラダーフレームにある

20180705-20104045-carview-005-4-view

発売から1年を経過しても、今だに人気が衰える気配を見せない現行型のジムニー。グローバルに見ても大変珍しいオフロード4WDですが、これまで培った伝統的なメカニズムを踏襲して進化を続けています。その中でラダーフレーム構造を採用し続けているジムニーですが、なぜ継続して使い続けるのでしょうか?

スポンサーリンク

◆変わらないオフロード四駆構造

zvg

軽自動車サイズというコンパクトなボディに本格的なオフロード性能を備えているジムニーとジムニーシエラ。唯一無二の存在であり持ち味でもあります。ジムニーのようなクルマは一般的にクロスカントリー4WDやオフロード4WD、四駆と呼ばれていますが、今ではランドクルーザーやベンツGクラス、JEEPラングラーと、その数は大変減ってきています。

一般的なSUVと比べると、ジムニーはシャシーやサスペンションの構造が大きく異なっており、現在のSUVは、基本的にミニバンやセダン、ワゴンと同じ造りです。具体的には、鉄板を箱状に折り曲げたボディに、エンジン、サスペンション、装備品を取り付けたモノコックボディ構造となっています。

その一方でジムニーなどのオフロード4WDは、ラダーフレーム構造が採用されています。梯子型の鋼鉄製フレームをコアに、エンジン、サスペンション、駆動系が取り付けられ、さらに別に作られたアッパーボディーが載せられています。モノコックボディがすべて一体になっているのに対して、ラダーフレーム構造はそれぞれの構成部品が独立しているのです。

さらにサスペンション形式で見てみると、SUVがオンロードでの性能を重視した独立懸架式を採用していることがほとんどであるのに対して、オフロード4WDは頑丈なホーシングに駆動系が内包されたリジッドアクスル式を採用しています。こうしたサスペンションは、車軸に大きな荷重がかるトラックなどに多く見られるのです。また、トランスミッションの他に、低速でより大きな駆動力・牽引力を得ることができるローレンジを備えたサブトランスファーを採用している点も、このカテゴリーのクルマの特徴と言えるでしょう。このような構造な、オフロード4WDの元祖と言われているJeep MB/GPWが誕生して以来、構造としてはほとんど変わっていないのです。

スポンサーリンク

◆ジムニーだからこそ

img01

軽量化で運動性と燃費のいいクルマを作るというのが、現代のクルマ造りのスタンダードとなっているのですが、ジムニーが採用しているメカの構造は、これとは逆のベクトルなのです。ラダーフレーム構造やリジッドアクスル式サスペンションは金属の部材を多く使っているため、重量が重くなります。例えば、スズキの人気クロスオーバーであるハスラーと車重を比較すると、ジムニーは150kgほど重いです。

またフレームボディの剛性が異なるために、衝突安全性能をコントロールするのも難しくなってきます。さらにモノコックボディと比較すると生産コストが高いという、メーカー側のデメリットもあったりします。そこまでしてもジムニーはラダーフレームやリジッドアクスル式サスペンションを使っているのです。

ジムニーでないと目的地に入れない、行けないというユーザーが多くの国で存在しています。現行型を開発する時に、ボディサイズと悪路走破性は絶対に変えないでほしいと、多くのユーザーから強く要望があったといいます。道路インフラが発達している日本では、そのようなシーンが少ないのですが、世界には大きな岩や段差を乗り越えて、川を渡り、急斜面の登り降りをする、といったシチュエーションがまだまだあるのです。そのようなオフロードにおいては、クルマに想像以上のストレスがかかります。

凸凹の激しい道を端って車体に強く衝撃が何度も加わった場合、モノコックボディや独立懸架式サスペンションはそれが原因でゆがんでしまう場合があります。そもそもオンロードでの使用をメインに考えられたメカニズムのために、悪路での堅牢性を保持していないためなのです。最悪のケースになると、走行不能になって命の危険さえ出てくるのです。

スポンサーリンク

◆過酷な条件で性能を発揮するラダーフレーム

img05

ラダーフレームは、頑丈な鋼鉄の梯子状の骨格で、大きなショックを吸収し、長年のカ国な使用条件でも優れた耐久性を発揮します。リジッドアクスル式のサスペンションも同様です。多少岩などにぶつけてもゆがむことはありません。さらにアッパーボディとフレームが別体の構造のために、仮にボディが障害物にぶつかって大きくゆがんでも、フレームやサスペンションに問題がなければ普通に走ることができるのです。

サスペンションの動きにも特徴があり、1輪ずつがそれぞれ動く独立懸架式に対して、左右輪が1本の軸になっているリジッドアクスル式は、片輪が地形によって持ち上がると、もう1輪は下に押しつけられるように動きます。そのために、悪路走破性で重要なタイヤのトラクションが働きやすく、四輪の駆動力を効率よく地面に伝えることができるのです。

構造がシンプルで、修理しやすいというのもラダーフレームとリジッドアクスル式のメリットのひとつといえます。整備設備が十分に整っていない僻地でも、最低限の工具があればメンテナンスや修理ができるように極力シンプルに作られています。

ジムニーは欧州やアジア、アフリカなど世界の約150カ国の国と地域に輸出されており、非常に過酷な環境下で使われている車です。そんなジムニーですので、ユーザーが現代的なSUVへ変わることを望むはずもなく、また許すはずもありません。現行型は決して旧態依然としたオフロード4WDではありません。ラダーフレームやアッパーボディーなどを新設計し、強度や剛性を大幅に向上させました。安全性やドライブフィールを現代的なレベルまで進化させ、先代のJB23型にも増して安心して乗れる車が仕上がっています。伝統的なメカニズムと最新の技術を融合した、スズキの技術の結晶こそが、ジムニーなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク