新型セレナ マイナーチェンジ オーテックには専用のボディカラーが登場

5

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

日産がついにセレナマイナーチェンジさせた!デザインを一新するとともに、先進安全技術の装備を拡充させてきたのだ。フロントマスクは特徴的な「ダブルVモーショングリル」を筆頭とし、クロームを贅沢にちりばめた宝石のようなグリルパターンとなっており、立地で押し出し感の強い意匠としている。また、縦長のリアコンビランプをハイウェイスター専用パーツとしてデザインするなど、セレナがもつ品格のあるたたずまいはそのままに、より力強くスポーティに進化している。「セレナe-パワー」には、新たに16インチアルミホイールを設定。よりダイナミックで存在感のあるホイールとしている。

スポンサーリンク

◆新型セレナのボディカラー

7

ボディカラーは、セレナの新しい登場にふさわしい「朝日」をイメージした「サンライズオレンジ」と、より精悍でスポーティな印象の「ダークメタルグレー」の新色2色を追加した。4つの2トーンカラーを含め、全14色としている。

・サンライズオレンジ/ダイヤモンドブラック
・マルーンレッド/ダイヤモンドブラック
・ダークメタルグレー/ダイヤモンドブラック
・ブリリアントホワイトパール/ダイヤモンドブラック
・サンライズオレンジ
・マルーンレッド
・アズライトブルー
・ダークメタルグレー
・インペリアルアンバー
・ダイヤモンドブラック
・カシミヤグレージュ
・ブリリアントシルバー
・ブリリアントホワイトパール

2トーンカラーはルーフの色をすべてダイヤモンドブラックに統一しており、スタイリッシュかつスポーティな印象に仕上げている。

またオーテックには専用のボディカラーを採用。オーテックジャパンのデザインや車づくりへのこだわりが込められている。

・カスピアンブルー/ダイヤモンドブラック
・カスピアンブルー

38
スポンサーリンク

◆新型セレナの安全性能

29

先進安全技術では、360度の安全を提供する「全方位運転支援システム」を全車標準装備しており、より安全性能を向上させている。

前方では、対向車がいてもハイビームを維持できる「アダプティブLEDヘッドライトシステム」を日産として初採用した。フロントカメラで前方の状況を検知し、対向車や先行者の有無に応じて、両側に12個ずつ配置されたLEDの照射パターンを変化させることにより、常に視認性の高い状態を維持できる。

後方側では、走行中に隣接レーン後側方を走行する接近車両との接触を回避するよう支援する「インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)」や「BSW(後側方車両検知警報)」、後退時には、後方を横切ろうとする車両を検知し注意を喚起する「RCTA(後退時車両検知警報)」を新設定した。

また、踏み間違い衝突防止アシストを標準装備したことで、全車が「セーフティ・サポートカーSワイド」の該当車となっている。

運転支援システムの「プロパイロット」では、下り坂での設定速度保持や、よりスムーズな減速を可能とするブレーキ操作などを可能としており、ドライバーのストレスをさらに軽減できる。また、ワイパー作動時の機能向上も図っている。

・インテリジェント エマージェンシーブレーキ

フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知。衝突の可能性が高まるとメーター内ディスプレイへの警告表示とブザーでドライバーに回避操作を促します。万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減します。

・アダプティブLEDヘッドライトシステム

対向車がいてもハイビームを維持できる、ハイビームアシストの進化機能。つねに視認性の高い状態が維持されます。

・ハイビームアシスト

ハイビームとロービームを自動切り替え。切り替えの手間と、切り替え忘れによるうっかりハイビームがなくなります。

・踏み間違い衝突防止アシスト

ブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出力を抑制しブレーキを制御。壁やコンビニなどのガラス、人との衝突回避をアシストします。

・プロパイロット

高速道路での、単調な“渋滞走行”と長時間の“巡航走行”。セレナのプロパイロットは、この2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作をクルマがサポート。高速走行におけるドライバーの負担を軽減します。

・インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)+LDW(車線逸脱警報)

警告音とともに、ブレーキを制御することで車両をもとの車線内に戻すような力を短時間発生させ、クルマを車線内に戻すようドライバーのステアリング操作をアシストします。

・インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)

警告音とともに、ブレーキを制御することで車両をもとの車線内に戻すような力を短時間発生させ、車両との接触を回避するようドライバーのステアリング操作をアシストします。

・標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知アシスト)

フロントカメラにより前方の「車両進入禁止標識」「最高速度標識」「一時停止標識」を検知。進入禁止路へ進入しそうになった場合や一時停止が必要な場所では、メーター内ディスプレイへの警告表示とブザー(進入禁止標識検知のみ)でドライバーに伝え、さらなる安全運転をサポートします。

・RCTA(後退時車両検知警報)

目視では確認の難しい視界の悪い場所での後退時にも、近づいてくるクルマを検知して警告音で注意を喚起します。

・インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)

インテリジェント アラウンドビューモニターの映像は、アドバンスドドライブアシストディスプレイ内の7インチカラーディスプレイに表示されます。

・インテリジェント パーキングアシスト

専用スイッチを押して簡単な操作をするだけで、セレナがハンドル操作を行い、駐車をアシストします。駐車枠を指定するだけで、ハンドリングをサポートし、枠の中への駐車をサポートします。車庫入れにも縦列駐車にも対応。セットは、インテリジェント パーキングアシスト専用の起動スイッチを押して、簡単な操作を行うだけです。

・インテリジェント ルームミラー

2列目・3列目に乗っている人やヘッドレスト、荷室に積んだ大きな荷物などが写り込んで見にくくなりがちなルームミラーの後方視界。インテリジェント ルームミラーは、車両後方のカメラ映像をミラー面に映し出すので、車内の状況や、天候などに影響されずいつでもクリアな後方視界が得られます。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク