新型アコード 日本発売は東京モーターショー2019で!?6速MTも発売するぞ!

pic_styling_gallery_04

10代目となるホンダのアコードが、2020年初めに国内で発売されることが明らかになりました。2019年10月に開催される東京モーターショー2019で、日本仕様がワールドプレミアされます。

アコードは1976年に発売された初代モデルから、一貫して「人と時代に調和したクルマ」という考え方を貫いてきました。今回のフルモデルチェンジでは10代目となる新型アコード。いまのユーザーがセダンに求める価値を徹底的に追及することで、世界のベンチマークとなるような上級セダンとして開発されたということです。

新型アコードは、ロー&ワイドなプロポーションと流麗なシルエットを両立した外装と、ゆとりある室内空間を実現。新開発のプラットフォームには、技術の熟成を重ねた2L DOHC i-VTECエンジンに、2モーターハイブリッドシステムの「SPORTS HYBRID i-MMD」を組み合わせて、リニアで軽快、そして上質な走りを楽しめるハイブリッドモデルに仕上がっているのです。

10代目となる新型アコードは、2017年10月、米国での発売を皮切りに、北米、南米、中国、アジア大洋州の各国、各地域で販売されています。2018年1月、北米の自動車ジャーナリストによって選ばれる

「2018 North American Car of the Year」を受賞したほか、2019年1月には、中国で2億3000万人の登録ユーザー数を誇るポータルサイト「Sina.com」による「ベスト・ハイブリッドカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、グローバルで高い評価を得ています。新型アコードは2019年10月に開催される東京モーターショーで、日本仕様の世界初公開を予定しています。

スポンサーリンク

◆新プラットフォームを採用

pic_styling_gallery_05

10代目の新型アコードは、新型シビックで採用されたホンダ・グローバルスモールプラットフォームを使います。その恩恵は、車幅は広がり、車高は低く、ホイールベースは拡張されます。ボディパーツは、アルミニウムの使用量を増やすことで車両重量の軽量化を実現しています。サスペンションはシビックタイプRのアダプティブダンパーシステムを導入し、安定感と乗り心地を向上させます。

スポンサーリンク

◆新型アコードのパワーユニット

top_p03

新型アコードは、クーペタイプのモデルとV6エンジンが廃止されます。アコードクーペタイプは、スポーティな雰囲気が全面にあふれ魅力的ですが、日常には適さない理由で、V6エンジンは圧倒的なパワフルさを誇ります。燃費の悪さや排ガス規制の問題で、どちらも一部の層には熱狂的に支持されていますが、売り上げが低迷する中で苦渋の決断をしたといえます。

新型アコードには、ガソリン車で2種類の直噴ターボエンジン、ハイブリッド車で第3世代の2モーター式ハイブリッドシステム「SPORTS HYBRID i-MMD」が搭載されます。ガソリン車では、1.5L直噴ターボエンジンと2.0L直噴ターボエンジンをラインナップさせます。1.5L直噴ターボエンジンでは、CVTと組み合わせることで従来モデルの2.4L自然吸気エンジンよりも高出力・低燃費を実現しています。

2.0L直噴ターボエンジンでは、独自に開発された10速オートマチックトランスミッションと組み合わせることで、従来モデルのv6 3.5Lエンジンと同レベルの発進加速性を維持しながらも低燃費を実現します。

ハイブリッドシステムではパーツのコンパクト化に成功し、インテリジェント・パワー・ユニットを後部座席フロア下に搭載できるようになっています。その結果、ハイブリッド車のネックであったトランクスペースの狭さは改善されており、新型アコードではガソリン車と変わらないトランクスペースを確保しています。

スポンサーリンク

◆低燃費を実現する新型アコード

top_p05

新型アコードではFF車として初めてトランスミッションに10速ATを導入しています。シフトアップが滑らかになることで静粛性が増し、リズミカルな走りが体感できるというメリットを活かすことができるのです。

多くの自動はメーカーがマニュアル車のラインナップを減らす中で、ホンダはその姿勢を崩さずに新型アコードにおいても、1.5L及び2.0Lのガソリンモデル車のスポーツグレードで6速MT仕様車も発売します。

現行モデルにも搭載する「渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール」や「車線維持支援システム」などの安全技術がパッケージングされているホンダセンシングは新型アコードでは全車両に各安全技術がグレードアップされて標準装備されます。

新型アコードの価格設定は現行モデルよりも10万円程度アップするだろうといわれています。エクステリアやインテリアのより上質さを持たせ、サスペンションなどの内部パーツのグレードアップが行われている事が価格アップの理由です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク