次期フィット ハイブリッドに搭載される新型i-MMDの性能が高いと前評判が高い

0

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

2019年後半に、ホンダの主力コンパクトカーであるフィットがモデルチェンジを行います。ホンダの販売店であるホンダカーズでも、「メーカーから新型フィットの情報は届いていない」ということです。ただ、現在分かっているフィットの情報があるので、それを元に新型フィットの情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

◆新型フィットのエクステリア

キャプチャ

新型フィットのボディサイズは、現行フィットに近い大きさとなるといいます。なぜならば、全長が4m前後に収まるフィットの運転のしやすさは、海外でも高く評価されているからです。全幅は3ナンバーサイズに広がる可能性はありますが、フィットは国内の販売比率が非常に高く、累計生産台数の約半数は日本国内で登録されています。国内の売れ行きは下げたくないホンダとしては、5ナンバーサイズを維持する可能性もあります。全高が1500mm以下に収めることができれば、立体駐車場の利用もできるのです。

燃料タンクをフロントシートの下に搭載するセンタータンクレイアウトも踏襲されます。ホンダの開発者によるとフィットの広いリアシートとラゲッジルームは、国内、海外を問わず人気が高く、フィットの評価は世界共通というくらい高評価です。燃料タンクは必然的に今と同じくフロントシートに下に搭載され、リアシートやラゲッジルームが現行フィットに比べて狭くなることはないでしょう。

フロントマスクのデザインについては、CR-Vなど設計の新しいホンダ車に準じたデザインが採用される。ボディの側面は、現行フィットは鋭角的なキャラクターデザインが入っているのですが、新型フィットではボディパネルの滑らかな曲面で見せています。

スポンサーリンク

◆新開発のハイブリッドシステム

0

新型フィットでは、ハイブリットシステムが注目されています。現行フィットに搭載されている1モーターのハイブリッドである「SPORTS HYBRID i-DCD」が現行フィットでは2モーターの「」i-MMD」と呼ばれるハイブリッドシステムに変更されます。現行フィットに搭載されているi-DCDは、1個のモーターが発電機の役割と駆動を兼任します。減速時にはモーターが発電機となり、減速エネルギーを回生さえてリチウムイオン電池へと充電します。その充填された電力を使って、モーターがタイヤ駆動をアシストする仕組みです。モーターが1個だけなので、発電と駆動を動じに行うといった効率的なことはできません。

i-MMDでは発電用と駆動用の2モーターを搭載しています。通常走行ではエンジンの力で発電用モーターを作動させながら、そこで生み出された電力を使って駆動用モーターがタイヤを駆動させます。つまり、モーターを発電と駆動にそれぞれ役割を分けることで、効率を追求できるのです。

現行フィットのi-DCDでは、エンジンの回転数は走行状態に左右されますが、i-MMDでは駆動をモーターに任せているので、エンジンは発電に効率のいい回転数を維持できます。i-MMDは、すでにオデッセイやインサイトなどに搭載されており、新型フィットには小型車用として新たに開発されたi-MMDが採用される予定です。

スポンサーリンク

◆新型i-MMDの利点

1

i-MMDが搭載されているインサイトは、全走行距離の約6割はエンジンを停止させて、モーターのみで走行することができるほどです。つまり、i-MMDでは燃費効率を大幅に向上できるのです。

またi-MMDは高速巡航時を除けば基本はモーター駆動なので、運転感覚は、電気自動車に近いと言えます。モーター駆動の性格として瞬発力が高く、特に追い越し時の加速は力強い。無段変速なので加速も滑らかなのです。ノイズは小さく抑えられており、i-MMDは従来のハイブリッドに比べて上質な走りを楽しめるのも特徴のひとつです。

その代わりとして、i-MMDは価格が高いというデメリットがあります。駆動を担当する高出力モーターと発電用モーターが備わり、リチウムイオン電池よりも十分な容量が求められ、制御自体も複雑になるからです。そのために、i-MMDはインサイトよりも小さな車種には搭載できないのです。

新たに開発されたフィットのハイブリッドモデルは、インサイトに比べてならば100万円ほど安く価格設定され、小型車用i-MMDを搭載することになると考えられます。ハイブリッド用のエンジンの排気量は、1.5Lになると予想されます。

ハイブリッド以外のエンジンラインナップについては、欧州で発売されるシビックに搭載されている直列1L、3気筒ターボが新たに日本へ導入される可能性が高いようです。欧州のシビックターボの最高出力は126ps、最大トルクは184.4kgmなので、ノーマルエンジンとしては1.8L並みの性能と発揮します。

ターボは高い動力性能が得られる半面、部品点数が増えて価格が上昇します。高価格車ならターボの採用に伴うコストアップを吸収できますが、安全&快適装備を充実させながら、価格は160万円前後と安価なコンパクトカーでは難しいでしょう。なので1.3LのNAエンジンも用意されることになります。

◆新型フィットの安全システム

4

安全運転支援システムのホンダセンシングは、2019年7月18日にフルモデルチェンジされた新型N-WGNと同様に進化をします。歩行者と車両に加えて、自転車を検知して緊急自動ブレーキを作動さえることも可能です。夜間の歩行者検知能力も向上させます。運転支援機能の車間距離を自動制御できるクルーズコントロールは、全車速追従型に進化します。電動パーキングブレーキも採用されて、追従走行中に渋滞などで停車したときには、自動的にパーキングブレーキが作動して、停車後には追従走行を続けることができます。

今の日本で、最も売れている車はホンダのN-BOXですが、軽自動車なので海外では販売されません。その点、コンパクトカーであるフィットは国内と海外の両方で販売台数を伸ばせる貴重な人気車種でもあります。そこで小型車用に新開発されるi-MMDを含めて、渾身の開発が行われることは間違いないでしょう。コンパクトカーを購入しようと考えているのならば、新型フィットを見てからがいいと思われます。

N-BOXやN-WGNを選ぶ時も、軽自動車のカテゴリーに固執しないという方は、新型フィットを候補の1台として検討してもよいと思います。軽自動車とコンパクトカーでは税金など維持費を1年間の平均で見てみると、軽自動車が約13万円、コンパクトカーでも17万円程度に収めることができます。複数の車両を所有するということを考えると、軽自動車のほうが明らかに安くなるのですが、1台だけの所有では大差ありません。走行安定性の違いなどを考慮するにしても、フィットなどのコンパクトカーのほうが買得という判断もあるくらいです。新型フィットはいろんな車種からライバル視されるほど高性能なモデルとして登場しそうです。

5

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク