スカイライン 新型 セダンが新型「インフィニティ」として登場しない理由

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

スカイラインという日本のビッグネームがマイナーチェンジを果たしました。最高出力405馬力の3L,V6ツインターボを搭載する400Rの登場や、特定条件下におけるハンズオフ運転が可能な「プロパイロット2.0」の初搭載などトピックには事欠かないマイナーチェンジですが、古くからスカイラインのファンにとってはボディ各部に配置されていた「インフィニティ」のエンブレムがなくなり、日産のエンブレムに変わったことが注目されています。「日本のスカイライン」が帰ってきたといえるでしょう。

3

そもそも「スカイライン」という名前は、日産に合併されたプリンス自動車の有していたモデルに由来しています。日本を代表するスポーティモデルのイメージが強く、初めて「GT-R」を設定したC10系スカイラインは「ハコスカ」の愛称で親しまれていました。

また、1989年に第2世代のGT-Rが復活したR32系スカイラインは欧州モデルをハンドリングで超えるという「901活動」を象徴するFRプラットフォームを基本としていました。C10以降のスカイラインにおいては、基本的に直列6気筒エンジンを積んでいるのも特徴で、スポーティモデルでありながら、プレミアム性も併せ持つ独自のブランドとして確立しておりました。そうした直列6気筒エンジンを積んでスカイラインは、実質的には日本専売モデルでした。日本市場のニーズだけを汲んでいたので、あの名車たちは生まれたといえるでしょう。

しかしながら、シュリンクする日本市場に向けていくつもの専用モデルを作り続けるのには無理があるのでした。数字の期待できる軽自動車やMクラスミニバンであればまだしも、ただでさえ市場が小さくなっているセダンのカテゴリーにおいて、日本専用モデルを用意することは体力的(経済的・予算的)にもきついことです。

そのようにして生まれたのがV6エンジンを搭載したV35型スカイラインです。グローバルなセダンモデルを日本で販売するにあたって、バリューのある「スカイライン」という名前を使いましたが、本来はスカイラインとして開発された車ではないことは知られています。なにしろ海外では「インフィニティG35」として販売されていました。つまり、v型エンジンにシフトした以降のスカイラインはインフィニティのラインナップとして開発したモデルを日本向けに販売するときにつける名前という位置づけになっていたのです。

1

そういう意味では、現行スカイライン(V37型)のデビュー時に、インフィニティのエンブレムをボディの前後やステアリングにつけてアピールしていたことは自然の流れかもしれません。海外ではインフィニティQ50と名付けられたプレミアムサルーンの価値を日本でもそのまま展開しようというのです。さらにいうならば「インフィニティ」ブランドを日本でも活用するという意図も感じられます。トヨタがレクサスを展開しているようにまったくの別店舗とするのは非現実としても、日産の上級ブランドとしてのインフィニティを活用するということはプラスの効果をもたらす可能性を期待させました。

しかし、今回のマイナーチェンジにおいてはスカイラインからインフィニティのエンブレムは外されることになりました。スカイラインが日本に帰ってきたと評価する声が目出すことからも、少なくともスカイラインという確率したブランドにおいて、インフィニティとのコラボレーションは有効ではなかった、ということでしょう。逆に今回の変化はインフィニティ・ブランドの日本展開は当分先になるということが言えるのかもしれません。

プリンス、日産、インフィニティと変わったように見えますが、スカイラインはスカイラインという不屈の存在は変わっていないのです。その価値を最大限に活かそうというのが、日産のマーケティングが導き出した、一つの結論といえるでしょう。

2

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク