エルグランド モデルチェンジ 予想 改良モデルにもe-POWER搭載はしないという

20190409_juke

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

2018年度累計販売で13万台ほどを記録し、国内の登録車販売ランキングトップにもなったノート。セレナも、2018年の国内販売で10万台を記録し、ミニバンセグメントで販売ランキング1位を獲得した。セレナとして初めての年度販売台数10万台超えを達成したのだ。両車の販売を支えているのは、大好評の「e-POWER」であるのは言うまでもない。これだけ評判なのだから販売が伸び悩んでいるほかの現行車にもe-POWERを搭載してもよさそうなのだが、日産がそれをしようとしない。一体なぜなのだろうか?

スポンサーリンク

こちらの記事に書かれている内容は・・・

◆e-POWERを搭載できない理由

8

現在日産が持っている3つのハイブリッドシステムについてまとめてみよう。1つ目はスカイラインやフーガ、シーマに搭載されている、「1モーター2クラッチ方式インテリジェントデュアルクラッチコントロールハイブリッド」。既存の7速ATのトルクコンバーターを廃止し、モーターとクラッチを収めることでコンパクトな構造としたシステムなのだ。ひとつのモーターが駆動とエネルギー回生のふたつの役割をこなすので、構成部品を減らすことができ、軽量化を実現させたという。システム最高出力は364psを発生する。

2つ目はエクスレイルに搭載しているFF車(前輪駆動車)用のハイブリッドシステム。これは「1モーター2クラッチ式インテリジェントデュアルクラッチコントロール」を、FF車専用に開発をしたもの。エンジンとモーターの間に「クラッチ1」を、モーターとCVTの間に「クラッチ2」を設置。「クラッチ1」のオン/オフを選択することで、状況に応じてエンジンとモーターを使い分けることができるハイブリッドシステムなのだ。中型から大型のFF車、四輪駆動車など、幅広い車種への搭載が可能。システム最高出力は182psを発揮する。

3つ目がノートやセレナに搭載している、「e-POWER」である。発電用1.2Lガソリンエンジンと発電用のモーター、そして駆動用のモーターを搭載し、駆動に関する動力はすべてモーターとなる。エンジンでの発電時以外は、EVのリーフなどとドライビングフィールは同じなのだが、最高出力は136psと控えめなのである。

スポンサーリンク

◆人気モデルへ搭載しない理由

20190713-00158236-kurumans-000-20-view

販売が伸びている日産車で、e-POWERを搭載すれば売れそうな車にジュークとエルグランドがある。まずジュークについてだが、間もなく新型ジュークがデビューする予定となっている。この新型ジュークにe-POWERが搭載されるのは、まず間違いないだろう。コンパクトなボディサイズ、そして走りを重視したキャラクターなど、ジュークには、e-POWERはベストなマッチングといえるだろう。e-POWERのグレードのみでの相当な販売を期待できそうだ。

クルマのフルモデルチェンジの開発には、少なくとも2年は必要と言われている。この新型ジュークに搭載されることが決まっていたからこそ、現行のジュークに搭載する、という検討はされなかったと考えることができるだろう。

エルグランドについては、どうしてもe-POWERを搭載することができない理由があるという。それはエルグラドの車種に問題があるというのだ。現行エルグランドは大きく分けると、2.5Lと3.5Lエンジンを積んだ2つのグレードが設定されている。

3.5Lエンジンは280psを達成するハイパワーを誇り、最大定員乗車すると2.4トン超にもなる車重のクルマを矢のごとく走らせることができる。また、廉価な2.5Lエンジンは170psであり、こちらも最大定員乗車時で2.3トンにもなる車重のクルマを走らせているエンジンなのだ。つまり、この重量級ミニバンのエルグランドに、e-POWERを搭載しても、エルグランドに求められる動力性能を得ることができないのだ。

現行エルグランド並みの動力性能を満たすには、e-POWERでは力不足であることが明白なのである。3.5L並みの動力性能を維持するには、スカイラインやフーガに積んでいるHM34モーター並みが必要であり、また2.5L並みの動力性能を得るには、少なくともエクストレイルに積んでいるRM31モーター並みが必要だろう。

エルグランドに限らず、大人気のe-POWERを最大限活用するために、こうした検討はもちろん日産社内でも行われているだろう。そのうえでエルグランドには搭載しないという判断になっているのだろう。

また、エルグランドにはパワートレインのヒエラルキーを守るために搭載できないという事情もある。日産は高級ミニバンであるエルグランドに安いハイブリッドであるe-POWERを搭載することは考えていないだろう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク