cx-30 日本発売日は10月の東京モーターショーで!?もう間もなくで登場する

20190305-20104921-carview-002-1-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

2019年3月のジュネーブショーでその姿を表したコンパクトクロスオーバー、マツダCX-30。日本登場の時は近づいている。マツダ3をベースとして、CX-3やCX-5の間に位置するこの新型SUVのレポートを紹介します。

スポンサーリンク

◆日本にちょうどいいサイズ設計

20190305-20104921-carview-009-1-view

CX-3はデミオベースにしたSUVだが、新型CX-30は最近デビューしたマツダ3をベースにしている。マツダ3はアクセラの後継車なのでCX-30はCX-3よりもひとクラス上のクロスオーバーということになる。それでは、CX-30はマツダ3の車高をあげただけのバージョンなのかというとそうでもない。ホイールベースは70mm短い2655mmとなっている。

開発者曰く、道路や駐車場を選ばない小回りが利くボディサイズがもたらす運転のしやすいさを追求したという。全長も65mm短い4395mmで4400mmを切っている。全幅は1795mm。全高は175mmの地上高を確保しながら1540mmと、立体駐車場に入る目安となる1550mmを切っているのだ。CX-3と比べると、少しばかり小ぶりになっている。

そのデザイン性は素晴らしく、フロントドアからリアドアへのシェイプを変更し、リアクォーターガラスの高さを維持するなど、マツダ3に対してSUVらしい変更を行って差別化しているのだ。SUVらしいリアフェンダーに繋がる伸び感はCX-30のほうがカッコいいと思う。

リアゲートはかなり幅広で、開口幅は1020mmの余裕があり、容量も430L。CX3とは比較にはならないのだが、確かにすっきりとした感じで広い。外国製の車輪が大きなベビーカーもすんなり入ってしまうという。開口部下端部も731mmと低めで、女性や高齢者にも優しい設計となっている。

スポンサーリンク

◆コンパクトでも余裕の室内

20190305-20104921-carview-012-1-view

ドアを開けると、ヒップポイントは600mmに設定されているが、それはアジア人と欧米人のどちらもそれほど力を使わずに乗り込みやすい高さになっている。確かににSUVとしては何の苦にもならずシートに座ることができる。

インテリアデザインはマツダ3に準じるもので、ヘッドアップディスプレイ、7インチ液晶メーター、遠目にセットされた8.8インチワイドセンターディスプレイと、視認性とドライバーの疲れを抑える設計思想に共感する。

前席のカップルディスタンスは740mmでCX-5と同じくらいのもの。CX-5の車幅は1840mmなおで、CX-30ではより両端に寄せたことになるだろう。側突に対する安全性は大丈夫なのかと心配になるが、マツダの衝突安全性であれば大丈夫だろう。

助手席とのスペースがしっかりと取られているので、後席もシート座面長をしっかりとりながら足元にも余裕を感じさせる。ホイールベースは全長がマツダ3より短いのに、このゆとりはなかなかなものと思うだろう。

スポンサーリンク

◆快適な走行性能に驚き

20190305-20104921-carview-015-1-view

トランスミッションの多段化が進む中6速はどうかというと、24Vのマイルドハイブリッドながら、ストップ&ゴーは低中速加速でしっかりとヘルプがあり、10%以上の急坂が続くホテルの周囲の道も難なくこなしトルク不足は感じない。

逆に1.8Lディーゼルのほうが、極低回転域のアクセル反応にファジーな部分があるのが少し気になる。しかし、中速域のトルク感はディーゼルらしい太さで心地よいのだ。車高が高くなった分、フロントサスペンションのロアアーム取り付け位置をホイール側で変更してロールセンターの位置調整を施している。リアはトーションビームなので車高に関係しない。

感心するところは乗り心地でマツダ3と比較すると若干耳障り感がするのだが、コンパクトクラスのSUVとしてはトップクラスに入るほど乗り心地がいい。フロア振動もないとは言わないが、室内が静かなのでほとんど気にならない。シートのクッション性もかなりよりことが貢献している。剛性感もしっかりとでている。

デザイン優先ではという感じは否めないのだが、リア側方など窓面積が縦に拡大されているし、前方、側方視界はドアマウントのドアミラーのおかげでかなりいい。またチルト&テレスコもストロークがあり、ドラポジも納得いく。

マツダ3より車高が高くなったぶん、ハンドリングが心配なのだが、10%ほどロールは大きくなりストローク感もある。ステアリングを切り始めたときに応答も速すぎず、遅すぎずといったところだろう。ドライバーの癖を車がいなしてくれるので、万人受けする特性を持っている車といえるだろう。

CX-30の発表時期はすでに7月30日から事前の予約をスタートさせている。メーカーの発表は2019年9月20日ごろで、発売は10月ごろになるという。8月の中旬あたりから見積書の作成が可能となっている。このモデルは、CX-3の後継モデルになるのではないかという話もあるのだが、当初は新型のSUVとして、CX-30の発売で従来のCX-3は継続販売するというのだ。今後はCX-30好調に売れて、CX-3が極端に落ち込むということがあれば、CX-3はなくなる可能性もある、ということだ。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク