タイプSがホンダ(アキュラ)次期型にブレンボ製4ポットキャリパーが装着 

2

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

ホンダが海外で展開をしている高級ブランドであるアキュラ。北米ではスポーツフラッグシップであるNSXも、セダンの最高級モデルであるレジェンドも、それぞれアキュラブランドの扱いとなっているのはご存じだろうか?そのアキュラでは、かつてよりスポーツ志向のモデルに「タイプS」というサブネームを付けてブランディングしていたのだが、久しぶりにその名前が復活することが発表されたのだ。今後、2年間で少なくとも2モデルにタイプSが追加されることになる。その第一弾として「TLX タイプS」のルックスを想像させるコンセプトモデルが今回発表した「アキュラ・タイプSコンセプト」なのである。

スポンサーリンク

◆ホンダのデザインに変化が

15

最近のホンダが意識しているのは、ロングノーズ、クーペ的なルーフラインといったシルエットに目を惹かれる。リアスポイラーやホイールなど、ふんだんにカーボンマテリアルを使ったディティールにも注目したい。だがしかし、さらに注目したいのは前後ともにブレンボ製4ポッドキャリパーが装着されているというブレーキキャリパーの位置にある。いずれも車体中央よりに置かれているのはマスの集中化を考慮したメカニズムを象徴するものであるが、とくにフロントのブレーキキャリパーが後ろ側に置かれているのは注目だろう。

というのも、通常のFFではブレーキキャリパーは前方となっていることが多い。それはパワートレインの位置関係から操舵系を後方に配置するしかなく、その影響でブレーキキャリパーは前方になりがちなのだ。

しかし、このコンセプトカーではフロントのブレーキキャリパーが後ろにあるのだ。しかも4ポッドという大きなキャリパーがここに配置されているということは、ステアリングギアボックスは前側に置いているのでは?と考えらえれる。通常、エンジンを横置きにしたFFレイアウトでは前引きのステアリング配置にするのは考えづらい。実際に、ホンダ車でもフロントのブレーキキャリパーが後方にあるのは、NSXとS660、そして電動車両のホンダeくらいだろう。

つまりこのブレーキデザインは、アキュラが将来的にリア駆動車をラインナップに加えることを、このコンパクトカーが示しているのではないだろうか?もっとも、ホンダの過去モデルを振り返ると、FFながらエンジンを縦置きに積んでいたレジェンドなどでは前輪のブレーキキャリパーは後方に置かれていたこともある。後輪駆動ではなく、エンジン縦置きのFFプラットフォームを新設するという可能性も含めて、考える必要があるかもしれない。

いずれにしても、ブレーキキャリパーの位置だけで、アキュラの将来的なラインナップ展開に夢を感じさせるコンセプトカーであることは間違いないだろう。仮にエンジンが縦置きに対応できるプラットフォームだとすれば、NSXの3.5L V6ツインターボ+9速DCTを収めることさえ期待できるのだ。

スポンサーリンク

◆タイプSコンセプト

2

このコンセプトモデルは、アキュラのラインナップに高性能シリーズのタイプSが再び導入されることを示唆するモデルだ。今後追加される第二世代のTLXタイプSに大きな影響を与えるものと説明があるのである。

デザインは「プレシジョン・クラフテッド・パフォーマンス」をテーマにスタンス、プロポーションを描き、豊かな表情と力強さを感じさせながら、クリーンでまとまりのあるシルエットを作り出している。

2016年のデトロイトショーで発表された「アキュラ・プレシジョン・コンセプト」の美しさとスタイリングをベースに、ワイドなトレッドと低く構えたスタンス、広々としたエンジンフードによってパワフルな造形を作り出している。また、次世代型となる片側4灯式の「ジュエルアイ」LEDヘッドライト、ダイヤモンド・ペンタゴン・グリル、シケインデイタイム・ライニング・ライト/テールライトも、アキュラの新しいデザイン・エレメントを示すものとなっているのだ。

スポンサーリンク

◆登場するのは2タイプのタイプS

1

アキュラ・タイプSコンセプトの大きなエアインテークは、高性能エンジンとブレーキシステムに必要なエアフローを取り入れるための機能性を確保しながら、NSXのディテールを進化させたデザインを採用しているのが特徴だ。専用の外装色である「ダブル・アペックス・ブルー・パール」は、タイプSの伝統であるブルーをオマージュしたカラーリングとされているのも、アキュラがこのコンセプトへ込めた想いを感じさせるのだ。

アキュラ・タイプSコンセプトは、北米時間の8月18日のペブルビーチ・コンクールデレガンスに展示される予定。それとともに、アキュラは今後2年間に2車種のタイプSを登場させることを明言している。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク