新型アコード 日本発売 で価格は400万円以上の設定に。リニアな走りに期待

20190805-10434495-carview-000-1-view

2017年7月、アメリカで10代目となるアコードが発表された。オハイオ州メアリズビルで生産される北米仕様のアコードは、2種類のターボエンジンと、アコード伝統の「スポーツハイブリッドi-MMD」という3種類のパワートレインを準備している。ワイド&ローでロングノーズに変身したスタイリングは、一目でスポーティと感じるものとなっているが、ホイールベースの延長によって広々としたキャビンを実現しているというのも、アコードという名前に相応しいパッケージのミドル級セダンといったところだろう。

20190805-10434495-carview-005-1-view

実際に北米では2018年の北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど高く評価されているモデルであり、2019年上半期の販売台数は約13万台と好調で、北米市場における柱の一つとなっているのだ。グローバルモデルであるアコードは、中国でも販売されている。中国ではベスト・ハイブリッドカー・オブ・ザ・イヤーや中国ベスト・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど各地域で高い評価を得ているのだ。

このような高い評価は、スタイリングやパワートレインに対してだけではない。アコードとして初採用されたアダプティブダンパーシステムや、可変ギアレシオ付デュアルピニオン電動パワーステアリングといったシャシー面での進化もクルマとしての魅力を高めている。こうしたシャシーを磨き上げることで、235/40R19というタイヤを履きながら、ハンドリングと乗り心地を両立しているということもアコードのキャラクターを示しているだろう。ラグジュアリーな部分もありながら、本質的にはスポーツセダンであることが、アコードのアイデンティティというわけだ。

その10代目アコードだが、日本市場に登場する予定となっている。発売は2020年の初頭、日本仕様は10月の東京モーターショー2019で公開される予定となっている。海外モデルでは2.0Lターボ+10速ATというパワートレインも設定されているが、日本仕様は従来同様の2.0リットル i-VTECエンジンに2つのモーターを組み合わせた「スポーツハイブリッドi-MMD」のみとなるということ。1.5リットルエンジンのスポーツハイブリッドi-MMDを搭載した3代目インサイトはドライバーと一体化したようなリニアな走りを見せてくれたことは印象に残るが、新型アコードにおいては、それ以上の走りを味わえることが期待できるだろう。

20190805-10434495-carview-000-1-view 20190805-10434495-carview-002-1-view

北米でのアコードハイブリッドは先進安全技術の「ホンダセンシング」が標準装備で、価格帯は2万5320~3万4990ドル。日本では装備を充実した仕様を設定すると予想されるため、北米での価格を単純に円に換算した値段とはならないだろうが、手の届く価格帯を期待したいところだ。ホンダのインサイトの最上級グレードの価格を比べてみると北米仕様は2万8340ドルで、日本では362万8800円。今のレートで計算をすると、400万円を超えてくることは確実だろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク