ルーミー タンク 違い 価格は中古車市場で分かる人気度。今が買い時か!?

7

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

ダイハツタントやスズキのスペーシア、そしてホンダのN-BOXといった軽自動車のスーパーハイトワゴンのヒットを受けて小型車で挑戦したのがスズキのソリオです。現在新車で販売されているソリオは2015年に登場し、リアにスライドドアを採用したモデルとしては2代目になります。一般社団法人日本自動車販売協会連合会が発表する新車販売台数において、最新の2019年7月でも3000台を超える台数を販売し、常にベスト20位圏内に入っている人気モデルなのです。

実はニッチな市場といわれていたコンパクトハイトワゴンですが、安定した販売ダウ数が見込める市場であることがわかりました。その市場へ満を持して登場したのが2016年11月に登場したトヨタのルーミー/タンクです。ルーミー、タンクはダイハツが開発したトールのOEM供給車であり、スバルのジャスティの兄弟車となります。しかし、トヨタの圧倒的な販売網によって、2019年7月の新車販売台数ではルーミーが9477台で9位、タンクが7521台で13位と販売台数上位の常連となっています。

ダイハツから供給を受けているモデルにも関わらず、本家以上の販売台数をたたき出している手堅いヒット車である、ルーミーとタンクの現在を調べてみましょう。

スポンサーリンク

◆ルーミー/タンクというクルマ

1

2016年11月に登場したルーミー/タンクはそれぞれ標準車とカスタムを設定し、ベース車であるトールより多い合計4車種のモデルバリエーションを用意するのが特徴です。搭載するエンジンは最高出力69ps/最大トルク92NMを発生する1リットル直列3気筒DOHCと最高出力98ps、最大トルク140NMを発生する1リットル直列3気筒DOHCターボの2種類です。

組み合わされるトランスミッションは全車CVTで、JC08モード燃費は21.8km/Lから24.8km/Lを実現しています。駆動方式は2WDを中心に自然吸気エンジンのみ4WDを用意します。2016年11月の発売以降、一部改良は2018年11月に一度行われました。搭載されている運転支援システムが従来のスマートアシストⅡからステレオカメラ方式を採用し、衝突回避支援ブレーキシステムに歩行者検知機能の追加がされました。

また、オートハイビーム機能が加わった「スマートアシストⅢ」にアップデートが行われています。それと同時にボディカラーの変更やグレードの統廃合が行われました。

・中古市場はどうなっているのか?

ルーミー/タンクの中古車事情についてですが、現在ルーミーの中古車の流通台数は約540台、タンクは480台と新車の販売台数の通り、ルーミーが多くなっているのは予想通りです。しかし、想像と大きく違っていたのが平均価格の推移で、ルーミーの平均価格は5月ではが約158万円、8月度が約157万円と横ばいの動きを見せています。

一方のタンクは、5月では約159万円とルーミーとほぼ同じ水準でしたが、8月は約151万円までおちこんでいます。流通台数は両車ともに増加傾向と同じながら、中古車の平均走行距離はルーミーの約8000kmに対して、タンクが約1.1万kmと3000kmほど多いことから、価格差の要因になって出ています。

グレード別については、ルーミーでは最上級グレードのカスタムG-Tが最も多く、続いてカスタムG”S”、カスタムGとベスト3はカスタム系が占めています。一方、タンクは標準車のGSが多く、僅差でカスタムG-T、カスタムGSが続いています。ルーミー/タンクの中古車の平均価格の違いは走行距離とともに、流通しているグレード分布にも影響されていることがわかります。この結果から、ルーミーは流通台数が多いカスタムが狙い目で、タンクは標準系が狙い目ということになります。

ルーミーで流通ダイスが最も多い1.0G-Tの中古車の価格帯は修復歴ありを除くと約135万~約237万円ほど。そしてタンクで最も流通台数が多い1.0GSの価格帯は修復歴ありの中古車を除くと約114.2万円~188万円程度になっており、予算で150万円ほどあれば、ほとんどのグレードに手が届く感じですね。

さすがの人気車だけに100万円以下の修復歴なしモデルはそれほど多くないのが現状です。できれば運転支援システムがスマートアシストⅢにアップデートされているモデルが欲しいところですが、そのようなモデルは新車価格と変わらない価格になりますので、スマートアシストⅡ狙いというのがいいでしょう。

スポンサーリンク

◆ライバル車の中古車価格

7 10

ルーミー/タンクのベース車でもあるダイハツのトール、そして兄弟車であるスバルのジャスティ、ライバルであるスズキのソリオの中古車価格はどうなっているのでしょうか?

トールの中古車の流通台数は約760台で、中古車の平均価格は約157万円で5月~7月はほぼ横ばいで推移しています。兄弟車のジャスティの流通台数はわずか46台で、平均価格は小幅な上がり下がりを繰り返しながら約147万円をキープしています。

ルーミー/タンクのライバルとなるスズキのソリオはルーミー/タンクより1年古い2015年登場ですので、中古車の流通台数は約960台と最も多く、平均価格は約157万円で全くの横ばいで直近3ヶ月は推移しています。同じカテゴリーに属してる車種がだいたい横ばいで来ているのに対して、タンクの値落ちは注目してもいいでしょう。

しかし、登場から3年が経過してそろそろマイナーチェンジを行う可能性も高いです。マイナーチェンジを行えば、現在まだ高値で安定しているスマートアシストⅢの搭載車の値下がりが狙い目となるでしょう。安定した人気を誇るカテゴリーにあって、タンクの値落ちについては買いのタイミングなのかもしれません。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク