ジューク 新型 発売日いつ?9月3日に決定。プロパイロット搭載も

20190822-10438815-carview-000-1-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

日産は8月19日、2020年3月にデビューする新型ジュークについて、プロトタイプのボディ全体をとらえた新たな画像を公開しました。ジュークは2010年のデビュー以来、100万台以上のセールスを記録しているコンパクトクロスオーバーモデルの金字塔。2019年には9年ぶりのモデルチェンジを受けて、2代目となる新型が公開されることになっていのですが、今回最終ロードテストの模様が明らかにされたのです。

20190822-10438815-carview-000-1-view

次期ジュークのデザインは、全面に擬装された施された1台のプロトタイプが、テストフィールドを走り込み様子で、ディテールこそまだ不明なところがあるものの、現行型のイメージを受け継ぐ薄型ヘッドライトやキックアップしたリアウインドなどが一目瞭然となっています。7月からはサイドビューと特徴的なヘッドライト周辺のティザーイメージが公開されていますが、時期的にもプロダクションモデルのデザインは今回のプロトタイプのままとなる可能性が高いといわれています。そのため、インパクトの強い初代のスタイリングは、基本的にキープコンセプトで新型にも受け継がれることが確定的となりました。

日産によれば、新型のデザイン拠点は欧州となるものの、その革新的なルックスは世界中から集められた社内デザイナーが協力して生み出したものといいます。現時点でエクステリアに関してアナウンスされている点は、クーペSUVタイプのスタイリングとなること、最大19インチのアロイホイールを履くこと、そして運動性能を前面に押し出したルックスになるということのみですが、ここは初代を上回る完成度を期待できそうです。

20190822-10438815-carview-001-1-view

また、先進の運転支援システムのプロパイロットテクノロジーを日産車として3番目に採用し、居住性向上のためボディサイズを拡大するなど、顧客ニーズへの対応も万全に。さらに、ハンドリングもファン・トゥ・ドライブになることで、死角はなさそうです。

20190822-10438815-carview-002-1-view

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク