スズキ新型車情報2019 日本発売にも期待!新型3列MPVのXL6

3

スズキのインド部門である、マルチスズキは8月21日に新型車の「XL6」を発表しました。XL6は、プレミアムな3列シートMPVとして、マルチスズキが開発した新型車となっています。マルチスズキのMPVには、エルティガが用意されていますが、XL6はエルティガの上級モデルに位置付けられています。乗車定員は6名ということです。

スポンサーリンク

◆上級MPVとしての内外装が素晴らしい

3

外観は、フロントにシグネチャークアッドのLEDヘッドランプを装備しています。フロントグリルは大胆なクロスバーを配置し、メッキを強調したデザインとしています。隆起したボンネットフードが力強さを表現しています。LEDのデイタイムランニングライトが装備されており、ブラックのアルミホイール、ルーフレール、サイドクラッディングパネルも採用されています。XL6のボディサイズは、全長4445mm、全幅1775mm、全高1700mm、ホイールベースは2740mmという設定になっています。

インテリアはブラック基調で、プレミアムストーンフィニッシュとキャビン全体に広がるシルバーアクセントが特徴です。スリム&ワイドなインストルメントパネルを採用しています。革巻きのフラットボトムステアリングホイールには、簡単にアクセスできるコントロールスイッチと、クルーズコントロールスイッチがついています。カップホルダー、オーバーヘッドコンソール、各シートのアクセサリーソケット、後席用エアコンなども装備しています。

スポンサーリンク

◆自慢のコネクテッドシステム

2

シートはレザー製で2列目にキャプテンシートを採用しています。3列目シートの乗員は、2列目シートのワンタッチリクライニングシート&スライド機構によって、乗降性を高めています。荷室容量は209リットル、2列目シートと3列目シートを折りたたむと最大で692リットルに拡大します。

クラウドに接続するコネクテッドインフォテイメントシステムを導入し、カスタマイズ可能な17.8cmのスマートプレイスタジオタッチスクリーンには、燃費などの重要な車両情報を表示します。シームレスなスマートフォン接続も可能にしています。

スポンサーリンク

◆新排ガス基準にも適合

1

パワートレインには、リチウムイオンバッテリー搭載の「プログレッシブ・スマートハイブリッド」テクノロジーを備えたK15型、1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載します。最大出力は105hp/6000rpm、最大トルクは14kgm/4400rpmを引き出します。トランスミッションは、5速MTと4速ATを設定。インドでは2020年4月から、新たな排出ガス基準のBS6が実施されます。BS6は、欧州のユーロ5に相当する新基準で、排ガス中の窒素酸化物をおよそ25%削減することが求められます。XL6はこのBS6に適合しています。

XL6は、第5世代のハーテクトプラットフォームを採用しています。先進運転技術として、速度警告アラート、リバースパーキングセンサーを装備します。AT車にはヒルホールドアシストが搭載されました。

XL6にはマルチスズキのインド国内高級販売チャンネルである「NEXA」が取り扱います。NEXAは従来マルチスズキになかった高級ショールームとして、2015年7月に立ち上げられました。現在ではNEXAのディーラーネットワークは、インド206都市363店舗にまで拡大しています。

NEXAでは「Sクロス」、「バレーノ」、「イグニス」、「シアズ」を販売しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク