ちょいワルオヤジ ファッションブランドにも使いこなしたい大人な車3選

pic_styling_gallery_01

今日本で人気の高いクルマは軽自動車やSUV、コンパクトカーが中心となっていますね。各メーカーのラインナップの中には、渋い大人が乗るセダンもまだまだ健在です。高出力なパワートレインを搭載し、走行性能に拘ったセダンは、今なお新車市場においては魅力的な存在感を放っています。とくによく似合うユーザーは「ちょいワルオヤジ」と呼ばれるような、渋めな大人の方々ではないでしょうか?そんな渋めな大人の方々にお勧めしたいモデルを3種ご紹介します。

スポンサーリンク

こちらの記事に書かれている内容は・・・

◆レクサスGS F

img_gallery_16

レクサスには、通常のラインナップとは別に、モデルにFがつく特別なモデル群が用意されています。Fは静岡県にあるサーキット「富士スピードウェイ」が由来とされており、一般的なスポーティドライビングからサーキット走行までこなす、ハイパフォーマンスカーとなっています。

レクサスのFモデルには、現在2ドアクーペのRC Fと、4ドアセダンのGS Fがラインナップされていますが、「羊の皮を被ったオオカミ」に近い独特の魅力をはなっているのはGS Fと言えるでしょう。

エンジンは、5リッターV型8気筒で最高出力は477馬力を発揮。シャシーのチューニングやサスペンション、ブレーキの強化も行われています。トランスミッションは8速ATを採用していますが、最短0.1秒で変速できるなど、並みのATとは桁違いのスペックを発揮します。見た目も中身も余裕のある大人にピッタリなセダンです。

スポンサーリンク

◆トヨタ マークX

2

2019年時点でトヨタの国内向けミドルクラスセダンとしてはFFのカムリとFRを基本とするマークXがラインナップされています。今回は走行性能で有利と言われるFRを採用したマークXをご紹介します。

マークXに搭載されるエンジンは、3.5リッターV型6気筒と2.5リッターV型6気筒の2種類です。3.5リッターエンジンは最高出力318psを発揮するハイスペックなエンジンです。

カムリが2.5リッター直列4気筒エンジン+ハイブリッドという、環境に配慮した今どきの仕様になっているのと比べると、マークXはかなり男らしい仕様をしているといえそうです。また、マークXには、よりスポーティな仕様として「GS SPORTS」が存在します。これは外装と内装に手が加えられており、ボディ各所に補強やチューニングが施されていて、走りのクオリティが大きく向上しています。2019年12月で生産終了することがアナウンスされているマークXは、まさに”今”手に入れておきたいスポーティセダンと言えるでしょう。

スポンサーリンク

◆ホンダ レジェンド

pic_styling_gallery_03

近年は軽自動車メーカーというイメージも強まってきたホンダですが、2019年現在の国内向けラインナップの中でも、大人に似合う高級セダンが用意されています。それがホンダのレジェンドです。レジェンドには、他社のフラッグシップセダンにはない特徴があります。それは搭載されているメカニズムにホンダのスーパースポーツカーのNSXと同等のものが取り入れられているということです。

エンジンは3.5リッターV型6気筒で、トランスミッションには7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を採用しています。その上で、フロントに1基、リアに左右それぞれ2基のモーターが搭載されており、駆動方式は四輪駆動、前輪駆動、後輪駆動と自在なのです。

この「SH-AWD」駆動方式という、ハイブリッドシステムが、NSXの機構を前後逆にしたもの、ということになります。システム最高出力は382psを発揮。「力で曲げる」とホンダが謳う、独特の走行感覚を味わうことができます。エレガントな外装とは裏腹に、最先端のシステムが取り入れられているレジェンドは、メカへの拘りを持ち続けるオトナにピッタリの1台ではないでしょうか?

今回ご紹介したセダンは、外装のルックスで周囲を圧倒するようなクルマではないものの、その秘められた性能は、数々のクルマを乗り継いできた経験値豊かなオトナにも満足のいくモデルと言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク