cx-30はマツダ3をベースに圧倒的な安心感を備えたクラストップクラスSUV。

20190305-20104921-carview-000-1-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

マツダのCX-30は期待の新型SUVと言われています。そしてスカイアクティブーXを搭載するエンジンとして注目されていますが、その完成度はいかほどなのでしょうか?

スポンサーリンク

◆アウトバーンも余裕でこなす

20190305-20104921-carview-002-1-view

CX-3はデミオをベースにしたSUVですが、新型CX-30はこのほどデビューしたばかりのマツダ3をベースにしています。マツダ3はアクセラの後継車なので、CX-30はCX-3よりも一クラス上のクロスオーバーということになります。

ではCX-30はマツダ3の車高を上げただけのモデルなのでしょうか?というとそうではなく、ホイールベースは70mm短い2655mm。道路や駐車場を選ばない小回りが利くボディサイズがもたらす運転のしやすさを追求した、ということもあり、なるほどと思わせるものがあります。ちなみに全長も65mm短い4395mmで4400mmを切っています。全幅は1795mmで、全高は175mmの地上高を確保しながら1540mmと立体駐車場に入る目安となる1550mmを切っています。

このサイズに収めたから見た目でなんとなくCX-3と比較してしまいますね。そのデザインは素晴らしく、フロントドアからリアドアへのシェイプを変更し、リアクォーターガラスの高さを維持するなど、マツダ3に対してSUVらしい変更を行い差別化を図っています。

SUVらしいリアフェンダーに繋がる伸び感は、CX-30のほうがかっこいいです。リアゲートはかなり幅広で、開口幅は1020mmと余裕があり、容量も430Lと大きめと取っています。CX-3とは比較にならず、確かにスッキリと広いです。外国製の車輪が大きなベビーカーもすんなり入るということです。開口部下端高も731mmと低めで、女性や高齢者にも優しい設計となっています。

スポンサーリンク

◆CX-30はコンパクトな車体

20190305-20104921-carview-004-1-view

ドアを明けて乗り込むと、ヒップポイントは600mmに設定されているのですが、それはアジア人と欧米人のどちらもがそれほど力を使わずに乗り込みやすい高さだということです。確かにSUVにして何の苦もなくシートに落ち着けます。

インテリアデザインはマツダ3に準じるもので、ヘッドアップディスプレイ、7インチ液晶メーター、遠目にセットされた8.8インチワイドセンターディスプレイと、視認性とドライバーの疲れを抑える設計思想に共感ができます。

前席のカップルディスタンスは740mmでCX-5と同じサイズです。CX-5の車幅は1840mmなので、CX-30ではより両端に寄せたことになります。側突に対する安全性は大丈夫か?と心配もしますが、マツダの衝突安全性能を信じるしかありません。とにかく助手席とのスペースがしっかりとあり、後席もシート座面長をしっかりととりながら足元にも余裕があります。ホイールベース、全長がマツダ3よりも短いのみこのゆとりはかなりのものです。

スポンサーリンク

◆CX-30は圧倒的安心感がある

20190305-20104921-carview-015-1-view

2Lガソリンエンジンにマイルドハイブリッドシステムが組み合わされた6速AT、それから1.8リッターターボディーゼル+6速MTについては、トランスミッションの多段化が進む中6速はどうなのだろうかと思ってしまいますが、24Vのマイルドハイブリッドながらストップ&ゴー、低中速加速でしっかりとヘルプがでており、10%以上の急坂が続く道も難なくこなし、トルク不足も感じることはありません。

逆に1.8リッターディーゼルのほうは、極低回転域のアクセル反応にファジーな部分があるのが少し気に掛かります。しかし、中速域のトルク感はディーゼルらしい太さで心地よいのです。ベースはマツダ3なのでサスペンションのシステムは同じ。車高が高くなったぶん、フロントサスペンションのロアアーム取り付け位置をホイール側で変更してロールセンターの位置調整を施しています。リアはトーションビームなので車高には関係ありません。

まず感心するのは乗り心地で、マツダ3と比較すると若干ハーシュが強めに感じられるのですが、コンパクトクラスのSUVとしてはトップクラスの乗り心地です。フロアの振動もないということはありませんが、室内が静かなのでほとんど気になりません。シートのクッション性もかなりよいことが貢献しているのでしょう。剛性感もしっかりとあります。

デザイン優先で見切りは大丈夫なのかと思いますが、リア側方など窓面積が縦に拡大されているし、前方&側方視界はドアマウントの舵ミラーのおかげでかなりいいです。また、チルト&テレスコもストロークがありドラポジも納得です。

マツダ3より車高が高くなったぶん、ハンドリングを心配ですが、10%ほどロールは大きくなりストローク感もあります。ステアリングを切り始めた時の応答も速すぎず、遅すぎずというところで、ドライバーの癖を車がいなしてくれる感じです。なにも考えなくて済む、万人受けする特性でしょう。

◆スカイアクティブーXは新たな金字塔

20190305-20104921-carview-009-1-view

スカイアクティブーXエンジンは、ガソリンをディーゼルエンジンのように圧縮着火させるところが凄いのです。何のためにそんなことをするのかというと、環境性能と燃費のため。理論空燃比ということばを使うのですが、ガソリン1に対して空気を14.7にした状態が最も燃焼効率がいいのだとか。その空気をスカイアクティブーXでは30.0にまで増やして完全燃焼させるのです。

ここまでガソリンが薄いとこれまでのプラグ点火では混合気が燃えなくなります。そこでディーゼルエンジンのように16.3という高圧縮比化して圧縮着火しているのです。

この技術は世界中のどのメーカーもテストはしているものの実用化には至っていません。マツダは過去にロータリーエンジンを実用化させましたが、スカイアクティブーXで再びパワートレインにおける金字塔を打ち立てたのです。

◆ストレスを感じないスカイアクティブーX

20190305-20104921-carview-019-1-view

CX-30のライバルにはフォルクスワーゲンのゴルフなど世界の強豪が立ちはだかっているカテゴリーですが、走りの楽さ、快適性、乗り心地、安全性すべてにおいてひけを取らないくらいの出来であり、トップクラスといってもイイくらいのものです。マツダ3にはスカイアクティブーXが搭載されますが、その価値はどれくらいのものでしょうか?

圧縮着火を行うためにルーツ式のスーパーチャージャーが採用されています。理由は簡単で、ガソリンに対して空気をたくさん導入するためです。さらに排ガスを導入するEGRも採用されています。走り出すとあまりにスムーズで驚くでしょう。

24Vのマイルドハイブリッドシステムも装備されているので、低速時や発進加速でのヘルプが入り、6速MTモデルでは1000rpmレベルのクラッチミートでもスムーズに発進します。

アウトバーンでは160km/hまでストレスなく加速します。180ps/22.8kgmの出力は2リッタークラスではたいしてパワフルではないのですが、超希薄燃焼で1:30:0というこのパワーが驚異なのであります。

◆切り替えを感じないほどスムース

20190305-20104921-carview-007-1-view

実はスカイアクティブーXは点火プラグを備えています。膨張火炎球といい、圧縮着火に誘導するいわば火種のようなものをプラグ点火によって造り、その膨張率とともに圧縮着火に導いています。これによって全体が均質に燃焼する安定した圧縮着火を実現しているのです。この方式をSPCCI(火花点火制御圧縮着火)といい、マツダ独自の技術となります。

実際の走行中では90%はこのSPCCIを行っており、その様子はセンターディスプレイにSPCCIのロゴが点灯することで確認ができます。

点火プラグがあるため、アクセル全開時などは普通のプラグ着火燃焼も行います。しかし、いつSPCCIからプラグ着火燃焼に移行したのかは確認ができません。それほどSPCCI燃焼が、普通にパワーがありスムーズなのです。

低回転から高回転までとてもフラットなトルク特性でエンジンそのものの質感も上質。マツダ3との組み合わせは贅沢過ぎるのではと思うほどです。そのぶん価格は高いと思われますが、ハリウッドスターがプリウスに乗ったように、ある種の環境シンパシーに身を委ねるのもいいかもしれません。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク