ジューク 新型 2019 東京モーターショーに日本仕様を先行出展の可能性

05_o

欧州で正式に発表となった新型ジューク。価格は2020万3500円~261万6800円とかなりリーズナブルで戦略的な設定となっている。現時点では1.0リッター3気筒ターボ仕様のみのラインナップとなっている。2019年9月3日より、事前告知があったように、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの欧州各国にて発売します。

スポンサーリンク

こちらの記事に書かれている内容は・・・

◆新型ジュークは1ユニットのみ

37_o

搭載されるユニットは、1.0リッターの3気筒ターボガソリンエンジン(117ps/200NM)に6速MTと7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)の組み合わせのみで、つまり欧州発表時点ではe-POWER搭載のユニットはなしということに。

ロングドライブの機会が多い欧州では、もともと街乗りに有利なe-POWERは展開されていないため、ノートやセレナももちろん未販売。そのため新型ジュークにe-POWERが搭載されるかどうかは注目されていたが、発表時には未登載、ということになった。

日産の発表によると従来型のジュークよりも全長、全幅、全高を拡大し、室内空間をより広く快適なものとしながら車両重量を23kgも軽量化しており、走行性能により磨きがかかったということ。先進安全技術のプロパイロットも搭載されており、衝突軽減ブレーキや車線逸脱防止支援システムも装備しています。

基本デザインは先代から踏襲したもので、サイズも一回り大きくなったものの、コンパクトSUVクラスであることには変わりはなし。日本で発売すれば相当ヒットすることは間違いないだろう。

新型ジュークは新たにNデザイングレードパッケージを設定し、ボディやルーフカラーの組み合わせやインテリアカラーを楽しむことができる。またバンパーやサイドシル、さらには19インチアルミホイールの組み合わせも可能としており、カスタマイズをよい楽しめる仕様になっている。

欧州の各国では新型の受注が始まっており、生産はイギリスのサンダーランドの工場で生産され、2019年11月からデリバリーが開始される予定だ。現時点では従来型のジュークも並行して販売される。

スポンサーリンク

◆できそうでやらない、日産

53_o

もともとジュークは、2010年2月に初代が発売されたのはフランスで、2010年6月に日本、9月にイギリスと北米市場にて発表というスケジュールで世界展開されている。欧州市場では累計100万台以上販売しており、世界販売戦略を考えると欧州での先行販売やプロモーション展開は当然と言える。

日本市場はどうなっているかというと、ここ数年で一気にSUVは活況を見せておりトヨタのC-HR、ホンダヴェゼルが大ヒット、コンパクトSUVの需要な大きいのには変わりなく、2010年の6月登場から9年間もフルモデルチェンジしていないジュークを誰が買うのだろうかというくらい古めかしくなってしまった。ユーザーからはどうにかしてほしいという思いがあっただろう。

ノートやセレナにe-POWERを追加して大ヒットしている経験から、新型ジュークへの搭載もやれば売れるのにやぜやらないのだろうか?と思われるし、日本市場を無視していると感じてしまうのは当然だろう。

海外市場に目を向けると、日産は魅力的なSUVを数多くラインナップしている。一足先に欧州でデビューしたジュークだけではなく、キャシュカイやキックス、ムラーノなど、日本で販売してくれればなぁというモデルがたくさんあるのだ。

開発費をかけて日本仕様を仕立てて、日本市場へ投入し、費用対効果に足して回収は難しいと考えているのかもしれない。新型ジュークについては、日本市場への投入予定は今のところはコメントできないということだが、2019年9月上旬時点ではディーラーにも情報が入っていない。

ひょっとすると2019年の東京モーターショーで日本仕様が先行出展される可能性が高いと言われており、期待をせずにはいられない。

インテリアには、大型の一体ディスプレイが目を引く、最近はやりのスマホ接続も可能で、専用アプリで車外からドアロック操作やタイヤの空気圧、エンジンオイルレベルの確認もできるという。

スポンサーリンク
スポンサーリンク